« 普通の言葉に注意せよ | トップページ | 同じ目的でありながら違う価値観を持っている仲間 »

2008/10/18

スピーチの評価

授業の準備をしながら過ごす午前中である。
今日の京都は26度まで気温が上がるとか。
今年の紅葉はいつ頃ピークになるのであろうか。

休憩がてら、久しぶりにガーデンに散歩。娘を抱っこして見たがちょっと重たくなったなあ。

ガーデンの中は当たり前だが車はいない。だから、歩かせても大丈夫。農薬も使っていないので転がっても大丈夫。なんか最近娘はよく寝転がって遊ぶのだ。

コスモスが咲き、秋のバラが咲いているガーデンは、人もいなくて貸し切り状態であった。思ったより強い日差しに帽子をかぶらせようとすると嫌がる。そこで、木陰のベンチを選び、のんびり。

時々歩かせると、私が思っている方向とは全く別のところに行ってしまう。自分の興味のあるところに向かってどんどん歩いて行ってしまう。親が見えなくなると泣き出すってことはないのかね、君は。

Rimg0214

 

昼過ぎから大学へ。授業の準備を進める。
今日の国語科教育法は、スピーチである。正確に言うと、スピーチを評価する練習である。

スピーチそのものは生徒の時代にもやってきているであろうが、教師になればそのスピーチを評価しなければならない。音声言語の指導の中で難しいのはこの評価の部分である。

今日のスピーチは、『うめ版』を模した作品を作って、その紹介のスピーチとする。
評価をする諸君は、評価規準を設定し、3段階の評価基準で評価する。大体からして評価規準の設定が難しくて分からない。これは予測済み。でも、いままでに受けてきた授業を元に、取りあえずそれを行う。

スピーチに関しては、私も一緒に聞いて評価を下す。というか、悪いところの指摘をする。自分の話している声を録音して聞くと言う経験をしている大学生はどのぐらいいるのであろうか。私は歌を歌っていて、音痴を直したので高校時代にかなり自分の声を自分で聞いたが、それは稀なケースであろう。自分でも気づかない癖、気づいていても直せていない癖などを指摘する。

私が気になるのは、歩くときの音である。踵を引きずって歩く音が教室に響くのである。教室を歩くときの音があんなんでは、子どもたちの思考の邪魔となる。

歩き方にはその人の、日頃の生活が出るということを昔聞いたことがあるが、本当である。京都にはなんちゃって舞妓になれるところがたくさんある。舞妓さんの化粧をして着物を着て京都の待ちを歩けるのである。一見本物のように見えるが、もう、歩き方で偽物がバレバレなのである。あんながに股で踵を引きずって歩かないって。

その他にも、口癖や話し方の癖などを指摘する。20年間かけて身につけてきた話し方である。そう簡単に治るものではない。しかし、教師、社会人になっていこうとする三回生の諸君は、これを直さないとねえ。パブリックなところでの話し方が出来るようにならないとねえ。

来週は、「京都のお薦めのお店」というテーマでスピーチとスピーチの評価の本番のテストとなる。評価規準は、学習指導要領の資料等を渡して各自考えておくことになる。

さ、今日は関西青年塾である。

« 普通の言葉に注意せよ | トップページ | 同じ目的でありながら違う価値観を持っている仲間 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 普通の言葉に注意せよ | トップページ | 同じ目的でありながら違う価値観を持っている仲間 »