« 90分の授業時間の1/3が消えてしまう | トップページ | 大学祭のお知らせ「たちばなちびっ子ランド」10/26 »

2008/10/15

これを日本語では試行錯誤と言う

夕方になって鼻水が出てきた。授業の後始末と明日の準備が終わったので、草々に帰ろうとした。ところがそこに、

「トントン」
ノックの音である。
『はい、どうぞ』

ドアの向こうには他学科の三回生の学生である。授業の欠席届けを持ってきたのである。ちょっと顔を見ると気のせいか追いつめられているような表情。なんとなく話をしていたら、進路についてあれこれ相談を受けてしまった。

『人生には一般解がない。だから、一歩を踏み出すときはとても不安である。この選択は失敗かもしれないと思う。しかし、それは仕方のないこと。それが生きていると言うことの証である。親御さんがあたたかく大事に失敗のないようにと見守ってくれた今までの人生から、自分の足で踏み出そうとしている時期なのだろう。

いま悩んでいるようだが、悩んでも仕方がない。考えて答えを出して行動するべきである。そうすれば、何らかの結果が出る。その結果に基づいてまた考えて、行動する。これを日本語では試行錯誤と言う。三ヶ月もやれば一つの何らかの結果出るだろう』

などと話す。あれこれ1時間弱相談に乗ったかなあ。何かの役に立てば幸いである。鼻をかみ直して帰る。

             ◆

家に帰ると、東京で仕入れておいた日本酒が届いていた。クール宅急便でどーんと送ってもらった。だが、今日はぐっと堪えて飲まない。せっかくのいいお酒である。体調を整えて味わわないと、お酒にも体にも申し訳ない。治ったら楽しむことにする。

甘鯛の塩焼きに漬け物とみそ汁。そして白いご飯。
ああ、体がシンプルな食事を求めている。

             ◆

それにつけても、娘が可愛い。

歩いていると後をついてくる。気がつくとくるくる回っている。手を叩いてジョーズジョーズとやる。自分の食べたい物を指差して、それが理解されると思い切り笑顔になる。その上、スプーンで自分でご飯を食べる。、持ち方はいつの間にか第二段階になっている。

歩き始めてまだ一ヶ月と二週間ぐらいなのになあ。

             ◆

お酒の代わりに、デザートのゼリーを食す。
ああ、喉に気持ちがいい。

« 90分の授業時間の1/3が消えてしまう | トップページ | 大学祭のお知らせ「たちばなちびっ子ランド」10/26 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 90分の授業時間の1/3が消えてしまう | トップページ | 大学祭のお知らせ「たちばなちびっ子ランド」10/26 »