« 2008年5月4日 - 2008年5月10日 | トップページ | 2008年5月18日 - 2008年5月24日 »

2008/05/17

大人の字

昼に京都市内に出向く。嘗ての同僚が修学旅行で来ていて、ちょうど昼ご飯の時間に休憩時間が取れるというので、旧交を温めつつ情報交換もかねて、食事。

『いやあ、久しぶり。京都で会うとは。先生もお元気そうで何よりです』

しばし食事をとりながら歓談。いろいろと大変そうだが、でも元気な顔を見ることが出来て良かった。

            ◆

本日の国語科教育法は、漢字の指導方法について。『教師になるということ』に書いたことを柱に、そこには書いていない指導のあれこれのことなども話す。漢字指導は実に奥が深い。

国語の教師を目指す学生諸君は、基本的に漢字で苦労することは少なかったはずである。しかし、教室には多くの生徒が悩んでいる。そして、これからは外国人労働者の子女など、非漢字圏の子どもたちの教育にも教師は関わることになる。

もっともっと指導方法が研究されて良いジャンルである。
「漢字が書けない? 書け。覚えるまで書け」
は、指導ではなく命令である。

            ◆

授業後、研究室をノックする音が。
『どうぞ』
すると、2人の学生が立っていた。
『どうしたの?』
「先生、大人の字が書けるようになるにはどうしたらいいのでしょうか?」
とのこと。

板書指導をするなかで、私が
『もう少し、大人の字が書けるようになるといいですね』
と言っている学生たちである。
『ん、そうか。大人の字が書けるようになりたいかね?』
「はい」
ならば、その学び方を教えて進ぜようということで、あれこれと話す。

まあ、要はきちんと書の古典を学べということなのだが、小一時間かかった。だが、これは楽しい時間であった。まさか、大学に籍を移して書道の話をこんなにするとは思わなかった。

本学にある文学部日本語日本文学科書道コースは、大学日本一を五年連続とっているのだが、その学生たちも国語科教育法を受講している。そして、その学生たちも交えてあれやこれやと話していたのである。

            ◆

国語の教師になるのであれば、校種は関係なく「美しい字」が書けるようになっておくことは、大事である。毎回書く自分の字に嫌気をさしながら授業をしていて、いい授業が出来るわけがない。

かの野口先生は、自分の悪筆を直すために、自分が担任している子どもの親御さんである書道の先生から週一時間特訓を受けたということである。すごい。でも、そうだと思う。美しくないと思うのであれば、美しくなるように努力をするべきなのである。思ったところでするかしないかが、人生の岐路である。

学生たちは、大人の字を書きたいと学生時代に思った。いいぞ。書けば良い。書かなければ始まらないが、書けば始まる。始まればいつかある程度のところに到達する。

大人の字を書きたいと言ってきた学生たちは、書道コースの学生たちに習うことになった。一年後を楽しみにしたい。


2008/05/15

を、そこを指摘するのね

うーん、面白い。基礎演習ゼミは、ますます面白い。

本学の児童教育学科には、ドクターもマスターもいない。三回生も四回生もいない。だから、正統的周辺参加で一期生が学ぶことは出来ない。そのため、私たち教員が先輩になり、先生になり手取り足取り指導する。

この指導は、大変である。だが、これはしなければならない指導であり、実に価値のある指導だと考えている。

            ◆

今日の基礎演習ゼミでは、学生たちが割り振られた担当部分について、事前に問を立て、それをクラスのMLに流して議論がスムースに、かつ活発に行えるように段取りを踏んでいた。

それが功を奏して、90分があっという間に過ぎつつも、ゼミが終わった後は充実感が教室に満ちていた。もちろん、二回生のことである。まだまだ読解が十分だとは言えない。しかし、テキストを読み込み、テキストと対話をし、グループで議論をする過程で学びを作り出すという流れは、体験できてきたのではないかと思う。

中には、
(を、そこを指摘するのね)
とちょっと心地よい発言があったりもした。

来週の発表のグループは大きなプレッシャーを感じていた。
いいプレッシャーである。

            ◆

頼んでいた品が届いたので、明るいうちに帰宅。
久しぶり。

お楽しみは明日からだ。


2008/05/14

いや、いない【反語】

いやあ、久しぶりに忙しかった。ん? 毎週水曜日は忙しいか?

午前中二時間の授業、午後の会議三発が入っているのが通常の水曜日。ではあるが、今日は健康診断があって、さらに臨時の会議が二発入った。

いやあ、忙しかった。研究室が書類の山になってしまった。

            ◆

へとへとになって家に帰る。
家の中が静かである。
(ん? 寝ているのかな?)
と思ったら何かに熱中して遊んでいる娘。

そこに私が帰ったのを認めたとたん、お座りした状態からジャンプ、ジャンプ、ジャンプである。両腕を上下にばたばたさせながら、ジャンプ、ジャンプ、ジャンプである。

こんな娘の歓迎の姿を見て、抱っこしないでいられる父親が、この世の中のどこにいるだろうか。(いや、いない【反語】)

            ◆

ハイハイが出来るようになってきた娘は、その状態からお座りに戻ることもできるようになってきた。

そして、笑顔である。
ありがたいありがたい。

ビールで乾杯である。

ジェスチャーには要約の力も必要

NHK教育テレビの「伝える極意」を見た。というか出た。二回目である。第一回、第二回と世田谷区の赤堤小学校での収録であったが、いい子どもたちであったなあ。学ぼうとする気持ちが前面に出ていて、私も気合いが入った。

第二回目はジェスチャーである。
私はどこかで誰かにジェスチャーをきちんと教わったことはない。私がジェスチャーを学んだのは、「落語」「ディベート」「日本舞踊」「お能」「パントマイム」などからである。

これらをぼーっと見ているときに
(あ、この動きでこうなるのね)
なんて思っていたものを整理して授業に使ってきていた。

ジェスチャーは、手話とは違うので逐語訳をするわけではない。だから、ジェスチャーには要約の力も必要になる。自分の話を自分で要約して、その要約にぴったりあったジェスチャーを添えるのである。そうすることで、話の大まかな流れがわかり、理解が増すのである。

小学校四年生の全員に、
『自分の話のポイントを要約して、そこにジェスチャーをいれましょう』
という指示はかなり高度である。

そこで、今回は

1)ジェスチャーを入れやすいワークシートを用意。
2)ジェスチャーが入る部分を確認。
3)すべての場所に入れてみる。
4)重要なところを絞る
5)重要なところをやってみる。

というスモールステップの流れで指導した。段階を踏むと子どもたちは、楽しそうにやっていた。

成長するもののそばにいられる幸せ。
教師の醍醐味を味わうことができた。
ありがとうございました。

2008/05/13

6/21「明日の教室」のご案内

みなさん、野口先生の余韻も冷めないまま、来月の「明日の教室」のご案内を差し上げます。
よろしくお願いいたします。

            ◆

【読み」「書き」教育のいま】 
2008/6/21 (sat)

誤:13:30~17:00
正:13:00~17:00

今回は、ワークショップの時間確保のために、通常より30分開始が早くなります。

            ◆

読むこと、書くことの指導は、大事だということは分かっています。しかし、この指導を体系的に学校教育の中で行い、子どもたちが楽しく確実に力をつけるように行うことはなかなか難しいものです。

6/21の明日の教室では、若手実践家の中でこの指導に熱心に取り組み、確実な成果を出していらっしゃる岩瀬先生を埼玉県からお招きします。国語教育のみならず、学級担任として作文の指導にあたる先生にとっても大きな意味を持つレッスンとなるはずです。みなさんのご参加をお待ちしております。

岩瀬直樹先生:

1970年生まれ。北海道出身。東京学芸大学卒業。現在、埼玉県狭山市立堀兼小学校教諭。全国の小学校を参観する中で、組織論、クラスづくり、授業の改革の必要性を感じ、実践・研究を始める。現在、「読み」「書き」を中心に、子ども主体のワークショップを核とした授業づくりに取り組んでいる。

教師が楽しく学び続ける場「学びの寺子屋 楽学(らくがく)」主宰。著書に「効果10倍の〈学び〉の技法〜シンプルな方法で学校が変わる!〜」「作家の時間〜「書く」ことが好きになる教え方・学び方(実践編)〜」(新評論)がある。

ブログは、ここです。

            ◆

お申し込み:
下記の内容をメッセージ欄にお書きの上、下記アドレスにお申し込みください。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P2213754

1)お名前
2)所属 
3)連絡先電話
4)懇親会参加の有無(3000円前後)

参加費:一般 2000円 学生 1500円 (受付13:00~ 当日お支払いください)
主催:教育研究会「明日の教室」 
会場:京都橘大学児優館

            ◆

お待ちしております。

もう夏なのか

まだ土曜日の「明日の教室」の余韻が残っている。
参加者の方からのお礼のメールも届いているのだが、なんというか、体の芯が火照っている感じなのだ。

(やらねば)

という声が体の中に響いていると言ったらいいのだろうか。

その声に押されて、本屋に向かう。
気がついたら両手で持てないぐらいの本を選んでいて、籠に入れて歩いていた。

            ◆

『できる教師のすごい習慣』(山中伸之 学陽書房)を一気に読む。
うーん、仕事のできる先生というのは憧れる。

私は授業を作ることは苦しくても大丈夫だが、事務仕事はつらい。だからなんとか「楽に、簡単に、確実に」事務仕事ができないかとあれこれ考えてきた。マックを使っているのも、その一環である。

で、読んでみたのだが
(を、俺もやっているぞ)
というのが割とあって、うれしかった。

ただ、小学校の教諭ならではの仕事術も多くあり、これから小学校の教師を目指す学生を指導する際には、いいことを教わったなあと。1700円は安い。

            ◆

夜、豚バラとタマネギの串焼きを食べる。塩をふって焼くだけ。ビールに合う。うまい。ついこないだはメジマグロを食す。本マグロの稚魚である。夏に向かっておいしくなるのだが、もう既においしくなってきている。そういえば、店頭には鱧も並び始めている。いいのか、もう夏なのか。

そういえば、今週の木曜日は葵祭だ。
夏なのかもしれない。

2008/05/11

おい、50年だぞ、50年。

朝5時台に起きて野口先生のご著書の続きを読み始める。うむうむ。
風呂に入りながらも読み進める。
(あ! そうだ!!)
とんでもないアイディアが浮かんできた。

早起きは三文の徳ではあるが、今回は「得」である。
なんで気がつかなかったのであろうかと、気がついた後には思うものである。

今まで自分が取り組んで開発してきたいくつかのものの延長上というか、アウフヘーベンしたところというか、そういうところにふわっと浮かんできたアイディアである。

思うに、人間はあまり変わらない。そして、目の前のことをやって、小さくてもいいから形を残していくと、それが次のものの土台となって形となる。そういうことなんだろうなあ。

            ◆

明日の教室スペシャル第二弾として、野口芳宏先生にお越し頂いた。
「うとてとこ」と「俳句」で模擬授業を二つ。そして質疑であった。

私は、尊敬の念を込めて「私たちが超えなければならない先生」だと思っている。何を無謀な、何を不遜なと思われるかもしれない。私も思っている。しかし、野口先生超える国語の授業をすることが、野口先生から学んだものの責任であると私は思っている。

            ◆

「うとてとこ」では、まさに「君子豹変す」であった。

「うとうとうとう」の読み方の指導で、野口先生は、「う」を平板アクセントで読むことを指導されていた。私はこの読み方は違うのではないかと以前授業を受けたときに思った。その時は、懇親会で先生にお伝えしたのだがアクセントの辞書を持っていなかったので、確認することができないでいた。

で、家で確認したらやはり「う」は頭高アクセントであった。つまり、野口先生が指導された読み方は違っていたのだ。このことを手紙に書かねばと思いながら、書けないでいた。

昨日の授業でも同じく、「う」を平板アクセントで読むことを指導されていた。私は図書館に走り、『NHK日本語アクセント辞典』と『大辞林』で確認した。するとやはり頭高であった。

このことを休憩時間に
『恐れながら・・・』
と野口先生にお伝えしたら、野口先生は、
「いやあ、間違って教えてしまっていたんだねえ。ありがとう」
と言われた。そして、私が事務の仕事で会場にいなかった時間に、皆さんの前でお詫びと訂正をされたというのだ。まさに、「君子豹変す」である。

            ◆

七十三歳で全国を駆け巡り、最新の教材で最高の授業をされる。
(うしゃあ、俺もやるぞ)
と思う。
なんと不遜な私。
でも、それが本当のお礼ではないかと思っている。

            ◆

懇親会にも先生は参加してくださった。横浜から駆けつけてくださった野中先生、東京からの佐瀬先生、奈良からの土作先生、さらに長野などからも来てくださった先生たちも一緒に。懇親会は50人ぐらいになった。

野口先生のご著書を購入した学生たちは、先生にサインをしてもらっていた。私はその姿を見ていて、ちょっと涙が出そうになっていた。

(おい、50年だぞ、50年。君が教えを受けることの出来た野口先生との間には50年があるんだぞ。分かっているか。50年間教育の最前線で戦い抜いて、さらにまだ恐ろしい努力を重ねられているんだぞ)
その50年をなんでもないように優しく丁寧に、また、価値のある厳しさで指導してくださった野口先生。

(ああ、野口先生を若者に繋げることができたんだなあ。そのきっかけを「明日の教室」で作ることができたんだなあ。研究会やっていて良かったなあ)
と思っていた。

とても幸せな一日でした。

« 2008年5月4日 - 2008年5月10日 | トップページ | 2008年5月18日 - 2008年5月24日 »