« 2008年5月25日 - 2008年5月31日 | トップページ | 2008年6月8日 - 2008年6月14日 »

2008/06/07

「司会力」をつける

国語科教育法では、学習ゲームと読書指導について講義をする。

私は、学習ゲームのユニークネスは、「司会力」をつけることができるという所にあると考えている。もちろん、すべての学習ゲームにあるとは言えないのだが、「たほいや」などではそれがはっきりする。

            ◆

私は、この「司会力」をつける学習方法はどうしたらいいのかということを、私は中学校の教師の時、ずっと考えていた。
(この力を育てるのは、国語の時間か特別活動の時間であろうなあ)
と思うのだが、その方法を思いつく事がなかなかできなかった。

ここで言う「司会力」というのは、話し合いでの

1)時間の管理
2)順番の管理
3)論点の明確化

であると私は考えている。この三つ、いや、少なくとも1)と2)の二つをなんとかつける事の出来る授業はできないかと思っていた。

            ◆

学校教育現場で司会というと、班長会議、学活、委員会、実行委員会、生徒総会などでの司会が考えられる。これらはそれぞれ、班長、学級委員、各委員会の委員長、実行委員長、議長が務める事になる。これらはある程度の力を持った代表者が行っている。

しかし、私はすべての子どもたちに、この司会の力を育てたいと思っていた。なぜならば、私たちは民主主義の時代を生きている。民主主義は、話し合いを基本とする。子どもたちは、やがて様々な場所で様々な話し合いを行うようになり、そのときに、司会をまかされるようになっていく。

くじ引きで決まったり順番で決まったりしながら、司会をまかされて行く。そのときに、何も出来ない、いや何も習っていないというのは避けたい。

            ◆

そこで、学習ゲームなのである。これを行う時、生徒は順番にゲームの「親」を務める。この「親」こそがまさに「司会」なのである。

国語科教育法の授業では、学習ゲームにおいてユニークに形成される力は何か?という問を立てて、三週間あれこれと実際をやってきたのだが、残念ながら学生諸君はここにたどり着く事は出来なかった。そこで私が解説をしたのだが、彼らは納得したようであった。

            ◆

その後、朝の読書、読書へのアニマシオンなどを解説。読書へのアニマシオンでは、物語バラバラ事件を実際にやる。読みたくない子どもたちへの手だてをあれこれ考える事の重要性を語る。

さ、来週は和綴じ本のつくり方である。

2008/06/06

本物の小学校教員の実力

昨日は山口県から、中村健一先生にわざわざ大学まで来ていただいて、キャリア開発講座3の授業をお願いした。

午前中、プール開きをしてそのあと、午後の5限に授業である。ありがたい。小学校の教員を目指す学生たちは、本物の小学校教員の実力に打ちのめされつつ、大いに学んだ。

学生の感想文の一つである。

引用開始 ーーーーーーーーーー


まず忙しい中、橘まで来ていただいき感謝しています。とても楽しい時間をありがとうございました。小学生のとき中村先生が担任の先生だったら、大好きになっていると思います。

 特に今日学んだことは3つあります。
 1つ目は、拍手の使い方です。今日の中村先生の講義で拍手ってこんなに教室を温める力を持っているんだなぁと感動しました。本を読んだとき、「なるほど。拍手ってこう使うのかぁ。」と分かった気でいました。しかし、実際、先生に講義してもらうと予想以上の「音」の効果があり、驚かされました。「強く!細かく!元気よく!」の声かけや「パン!パパパン!」などのリズムの工夫を加えることで、ただの拍手よりハリのある拍手=教室を盛り上げられる拍手が出来るのだと肌で感じることが出来ました。気付いたら、自然と笑顔になれました。

 2つ目は、フォローの大切さです。今日の授業では先生はどんな発言に対しても、相手が笑顔になれるフォローをされていました。「君はここで僕に会うために生まれてきたんだ」と褒められた(?)ときは、先生は褒めるための言葉の引き出しをたくさん持っておられるのだなぁと思いました。どんな言葉を言っても、先生にたくさんの褒めことばをもらえる生徒は嬉しいだろうし、安心して力を発揮できるのだろうと思いました。出会った子どもの中には、周りの目を気にして力が出せない子もいるので、このようなフォローは大切だと感じました。私も生徒にふったフリを何らかの形でオチを返してくれたら、意識的にフォローしていこうと思います。

 3つ目は、フォローと甘やかすのを一緒にしないことです。どんなことも優しくフォローしてあげることが大切なのだと思っていました。しかし、5分前集合に遅れてきた子を先生は思い切り叱っておられました。このとき、意外な展開で驚きました。だけど、確かに、教師は子どもを伸ばすことが仕事で、成長を褒めることが大切なのだと気付かされました。しっかり叱ってその後フォローする大切さを知れて、勉強になりました。

 今日は本当に楽しい講座で時間が過ぎるのが早かったです。本当にありがとうございました。また、この場を用意してくださった池田先生にも感謝します。今日学んだことを、ボランティ先などで活かしていきます!

引用終了 ーーーーーーーーーー

全員のを載せるととんでもないことになるので、載せないが、50人弱の学生たちはみなこのような感想を持った。

            ◆

その後、学生たちと一緒に食事である。
学生たちは、あと一ヶ月で二十歳とかいう年齢である。
法律はきちんと守らなければならない。
アルコールは、ダメである。

「大学は、浪人して入ってくるのが良いなあ」
なんて訳の分からない事を言いながら、楽しく食事である。

食事の場でも、あれこれと先生から指導を受ける学生たち。
ありがたいこってす。

私もたくさん学びました。
またお願いします、中村先生。


Rimg0020

2008/06/05

喜びの共有

娘に、
「ばぁ〜〜〜」
とやる。
「キャッキャ」
と喜ぶ。
私の顔を見て喜ぶ。これが今までの娘であった。

だが、今朝は違った。
娘に、
「ばぁ〜〜〜」
とやる。
「キャッキャ」
と喜ぶ。
そのあと、奥さんの方を見るのだ。
笑顔で見るのだ。

            ◆

いやあ、これは感動である。
自分の喜びを、喜びを与えてくれた人に返すのではなくて、第三者のお母さんに返しているのである。

喜びの共有をしようとしているのである。
コミュニケーションの発達を目の当たりにした父であった。

うひゃあ。

合同研究入門ゼミ

本学の児童教育学科は、入学後半年を経て、児童教育コースと幼児教育コースに分かれる。半年間学生生活を送り、あれこれ実際に授業を受けてから、コースに分かれる。

そのための、ガイダンスのための合同研究入門ゼミ第一回目を行った。私は教員を目指す学生のために40分程度話す。教育の世界を、受ける側からではなく、行う側から見ると言うのは、高校までは基本的にはあり得ない。大学に入って、やっと少し見ることができる。

教員免許の種類、グレード。免許更新制度。教師に必要な力、教師の魅力。採用試験の状況。夢を目的に、目的を現実にするためにすべきことなどについて話す。

大学に少し慣れてきた学生たちに、ここが始まりであり、やるべきことはたくさんある事を理解させる事が私の狙いであった。まずは達成できたのではないかと思う。

            ◆

その後、会議の水曜日。午後は、昼休み昼ご飯を食べながら始めた会議をスタートに、五つの会議。その間に教育実習に関する指導や、通りすがりでの打ち合わせ等、8時近くまで。

疲れたあ。

2008/06/04

そして朝読書とするか

しかし、こんなに長引くとは思わなかった。あと少しで抜けると思うが、長い風邪である。体が睡眠を欲するのだから、正直である。

ではあるが、早く寝てしまうと早く起きてしまう。今朝も四時半である。早く寝る事を欲していて、早く起きられるようになったと言うのは体が戻ってきている証拠であろう。

            ◆

昨日は、最終校正を一つ終えた。これでやっと本当に、終わりだ。次の仕事に取りかかれる。

授業のまとめや、準備も一つ、二つと終えた。新しく担当する授業の構成案や指導案を頭の中から、文字に起こしてあれこれと考える。授業を作るのはこの段階が重要で面白い。

            ◆

満足して寝たのだが、うっかりリビングの電気をつけたまま寝てしまった。これが失敗。今の時期に琵琶湖には小さな虫が発生する。四時半にリビングに行くと、窓ガラスにたくさんの虫がくっついていた。ひえ〜。

(これを見たら奥さん卒倒するだろうなあ)
と思い、慌てて掃除。音を立てないようにノズルをシャワー状態にして、ホースから水をかける。これはもう洗い流すしかない。

とりあえずの掃除はできた。ああ、良かった。
が、密かにもう一度寝ようと思っていたのに、体が完全に起きてしまった。

ちょっと濡れたし、朝風呂、そして朝読書とするか。

2008/06/02

ああ、突発の仕事

月曜日は研究日。大学に行かないであれこれするようにしている日なのだが、どうしても今日中にしなければならない事務仕事があったので出かけて行く。

すると、家を出る前にチェックしたメールボックスに別のメールが。ああ、突発の仕事。対応である。

本当は、30分で大学を出るつもりが、結局4時間以上いた。ふう。結局今日の研究業務はなかったことになる。

ま、大学に行かないで違うところで仕事をしていても、今日の場合は大学に来てくれと呼び出されていたであろうから、結果的には行って良かったのだが。

でもまあ、その中をやりくりしながら成果を出すと言うのが、今の大学の教員であろう。求められている事について、これは私の仕事であると言うものについては、きちんとやって行こうと思う。

            ◆

そして、今日から教育実習が本格的にスタート。
あちらこちらの学校で本学の学生がご指導を受けることになります。
先生方、厳しくご指導いただけますように。

学生諸君。
しっかりと学ぶように。
実習後、成長した諸君の姿を楽しみにしている。

2008/06/01

体が治るのを待つ週末

結局、体を休めつつ読書の週末であった。

            ◆

午前中はいつものガーデンに娘を連れて散歩。ウエストバックを枕にして、柳の木陰に広がる芝生に寝転ぶ。娘はお座りして落ち葉を拾っては投げ、拾っては千切りしている。それを見ながら、芝生の上でゴロゴロ。

それに飽きると娘は私の上によじ上る。つかまり立ちをしながら上ってはお座り、上ってはお座りを繰り返す。そのうち、電池が切れて私のお腹の上に突っ伏すようにして寝てしまった。そのまま私も寝てしまった。

心地よい風である。

Rimg0231

            ◆

まだ娘は寝ている。
私は本を取り出して、読み続ける。

時々ガーデンにやってきたお客さんが声をかけてくれる。

「べっぴんさんやなあ」
「女の子は可愛いねえ」
「お父さんに上っているの?」
「写真を撮ってあげましょうか?」
「僕も女の子が欲しかったなあ」

その度に、本を読むのをやめてあれこれ話す。
娘は眠たい顔をこすりながら、お話を静かに聞いていた。

            ◆

家に帰って食事の後、出かけようと思ったが、どうも体が重い。
薬を飲んで、体を横にする。

ベッドの上で娘に絵本を読んであげていたら、しばらく娘はシンクロナイズドスイミングのようにベッドの上を泳ぎまくる。なんだか分からないがキャッキャ言いながら動きまくっている。ミーアキャットのようでもある。

ひとしきり動きまくったら、娘は寝てしまった。
じゃあ、こちらも自分の本に持ち替えて読もうかと言うところで、寝てしまった。

            ◆

体が治るのを待つ週末である。

何を考えているのやら

子守りをした午後、どうも熱があるのを感じて寝直した。
風邪が完全に抜けきらない。結構残っている。これをこのまま来週に持ち越したくないなあと思い、寝た。
五時頃には起きようと思って寝たが、六時頃までて寝ていた。四時間も寝るか。やはり体は休みを欲していたんだなあ。

            ◆

鮮明に残っている夢だから、起きる間際に見たのだろう。
久しぶりにミステリー系の夢を見た。
目が覚めてから何回か頭の中でストーリーを反芻し、ある程度固定化してからMacintoshに向かう。
あらすじとディティールを記録する。

テレビでも映画でも本でもないのに、ドキドキできるなんて、夢はお得だなあと思う。
しかし、あのストーリーは誰が考えているんだ?
当然私なのだろうが、私の何があのストーリーを作るんだ?

自分で夢を見ながら、
(を、そうくるか)
と思っているんだからねえ。

            ◆

娘を抱っこして、夕方の買い物に。
好奇心の固まりの娘は、抱っこしている私の腕から落ちそうになるぐらいに、きょろきょろする。
何を考えているのやら。

« 2008年5月25日 - 2008年5月31日 | トップページ | 2008年6月8日 - 2008年6月14日 »