« 2008年6月8日 - 2008年6月14日 | トップページ | 2008年6月22日 - 2008年6月28日 »

2008/06/20

「特別支援教育の今」

朝の五時に起きてしまった。寝たのは真夜中なのであるからして、眠い。眠いが、まあ起きてしまおう。そして、あれこれ仕事を進める。熊本に行っていたので仕事がちょっとたまっているのだ。

            ◆

このところ娘は、お母さんのそばだけでなく、私のそばでも一人遊びをやっている。つかまり立ちをする。ただ、パパではなくマンマ、マンマである。ま、なんでも大事なものはマンマなのだろう。

抱っこしては娘の機嫌を取り、朝の時間を過ごす。
まったくもってお姫様である。

            ◆

基礎演習ゼミの後、研究室にお客さんが次から次へとやってくる。この時間はオフィスアワーにしてあるので、自分の仕事は後回しにして対応する。ふう。

            ◆

さらに、熊本の取材関連のあれこれ、明日の教室の準備、そして、本日5限のキャリア開発講座3の準備をする。今日は、青山信吾先生が来てくださる。「特別支援教育の今」というテーマで学生に授業をしてくださる。

学生たちは、青山先生の三冊の中から一冊を読み、感想を疑問をもって授業に臨むことになる。贅沢である。

本が読めて、その本の著者に直接授業を受けることができると言うのであるから。私の学生時代には一つもそういう授業はなかったなあ(と思う)。児童教育コースの学生は、場合によっては授業を受けているだけで、中村健一先生、竹内常一先生、青山信吾先生から授業を受けることができる。さらに、明日の教室にも参加していれば・・・。うーん、贅沢だ。

            ◆

授業後、希望者を募り青山先生と一緒に食事。時間の関係で授業中に話していただく事の出来なかった事を、あれこれ話していただく。懇親会には参加する。これがとても大事というのが分かったかと思う。

特別支援教育と言う名前から、学生たちは「特別」なことをするのだというイメージが強いと思う。しかし、今日の青山先生の話を伺えば、それは特別な事をするのではなく、一人一人の子どもが成長するための条件を整えて行くと言うことの話だと言う事に気がついたのではないかと思う。

            ◆

ただ、注意しなければならない事も。子どもを見て「ああ、これは自閉症だな」などと理解できるようになると、そうやって子どもにラベルを貼っておしまいにしがちになるということだ。

私が教師になった時代には、LDぐらいは分かっていたがあとはよくわからないで指導していた。そう、分からないけど指導しなければならないのだ。もちろん良いのは分かっていて指導する事であるが、分かって指導しないとの、分からないけど指導するのではどちらの方が大事なのだろうか。

「ああ、これは胃の病ですね」
であったのが、
「ああ、これは胃潰瘍ですね」
となったとして、医者は見立てるだけが仕事ではない。治す事が仕事である。教師も同じであるはずだ。

その子どもがどんな子どもか分かったら、その子どもに合った指導方法で成長を促す。これが仕事でなければならないと思う。

そんなことを学生たちが学ぶ機会を、青山先生に頂けたと思う。
ありがとうございました。

2008/06/19

熊本収録の良い余韻

熊本収録の良い余韻を持ちながら大学の授業に向かう。現場の熱を持ったまま大学の授業に向かうことができるのは、非常にうれしい。

放映前だからブログには書けないことであっても、授業ではある程度話せる。たまたまゼミでは、大学祭への取り組みについての話し合いをすることになっていて、私は話し合いの極意に絡めて、そもそも話し合いとは何だろうかということを問う。

今、兵庫教育大学にいる吉水さんとちょっと前に学生時代にしておく事は何かということを話したことがある。そのときに、一致したのは「哲学」議論をしておくことだというこである。

哲学議論っていうとちょっと堅苦しいが、簡単に言えば
「そもそも、◎◎っていうのはどういうことであろうか」
ということである。

改めて、問い直す事である。

            ◆

教育実習を終えて大学に学生が戻り始めている。研究室に報告にやってくる。あれこれ武勇伝を話す学生たちの顔を見ていると、一回り大きくなった感じがしないでもない。

実習先の学生や指導教官に恵まれたのである。そんな簡単にうまくいくのは、自分の力量であると誤解はしてほしくはないが、ま、それでも実習前とは明らかに違う懐の深さを持ち始めたなあと思う。

なかには、実習先からヘルプのメールを送ってくる学生もいる。朝一番で返信する。夜になって問題が少し解決したとのメールが返ってくる。そんなこんなで実習期間の私もカタパルトに自分をセットして、いつでも飛び出せるようにはしている。

ひるむ事なく、取り組め。

            ◆

会議を三つほどして、帰宅。
ふう。

夜、調べものをしていてyou tubeにまた少しはまる。「柴田まゆみ 白いページの中に」「パバロッティ 椿姫 乾杯の歌」「小椋桂 ただお前が良い」「天空の城ラピュタ 君を乗せて」などを見ながら、聞きながら仕事。

しかし、まさにインターネットのすごさだ。時間と場所を一瞬にして超える。あのときが、今に重なって新しい感情の層を作って行くのを感じる。

ただただすごいと思う。

2008/06/18

ちょっとだけルパン三世

6/17

収録を終えて、伊丹に向かう飛行機の中である。

なんともスリリングでそしていて、充実した収録だった事よ。
眼下に広がる四国の愛媛の街の明かりを見ながら、ほっと一息だ。

            ◆

授業を受けた11人の子どもたちの良さ。スタッフの気持ちよさ。受け入れてくださった学校の気持ちのよい対応。そういうのに恵まれて、ぎりぎりまで完成度を高めるレッスンをすることができたと思う。

子どもたちは、真剣に私のレッスンを受けてくれた。
飛び込みでレッスンをする場合、常に考えていることがある。いつも授業を受けている先生の指導の文脈を壊す事なく、その文脈に乗りつつ私の新しい技や価値観を提示する。そんな授業をしなければならないということである。

たかだか二泊三日ぐらいで、今まで子どもたちが受けてきた指導の流れを変えることができるわけがないし、また変えてしまっては、私がいなくなってから担任の先生の授業がやりにくくなる。

私の授業が終わったときに、子どもたちに授業の目的に応じた力が育ち、さらに去って行くときに、子どもたちや学校関係者に気持ちのよい風が吹いて、その風に乗ってどっかに行ってしまったというような感じを残して去りたいと思うのが、私の理想なのだ。それを目指して飛び込みの授業をしている。

ルパン三世「カリオストロの城」のエンディングのシーンの、おじいさんの、あのつぶやきがでるような去り方が理想なんだなあ。分かる人にしか分からないがf(^^;。

            ◆

今回は、「話し合い」の極意の収録であった。
これからディレクターさんが、編集作業に入るのだが、私も仕上がりは楽しみである。

おそらく、というかほぼ確実にばっさり切り取るシーンは分かっているし、使うシーンも分かる。今回はそれがクリアに出ると思う。

通常話し合いの指導は、国語科で行う事が多いと思うのだが、今回はそこではないところで行ったということぐらいはブログに書いても良いかな。私としては、なぜ話し合い活動をするのかの哲学の部分から問うて授業を作るということに挑戦できたのではないかと思っている。

            ◆

ロケバスにカメラ等を積み込み、小学校を去ろうとしたら三階で音楽の授業をしていた子どもたちが手を振ってくれた。そして、

「先生!いまからみんなで演奏するので、聞いて!」

と一曲合奏をしてくれた。
子どもたちの姿は見えないが、校舎の三階の窓から美しい音楽が流れてきた。
なんてうれしい見送り方をしてくれるんだろう。ちょっとだけルパン三世になれた気がした。

ありがとう11人のみんな。
良い時間をありがとう。

九州は熊本に向かう

6/15

九州は熊本に向かう。

あれこれ準備をして家を出たのが、14時過ぎ。京都駅まで電車に乗り、そこからタクシーで伊丹空港に向かう。バスがちょっと心配だったので、MKの小型を使った。高速代も入れて8000円は掛からなかった。50km以上の分は50%引きになるってのはすごい。

            ◆

伊丹空港で少し時間が出来たので空港内をしばし散策。規模の割には人の数は少ないかなと思う。ま、関西国際空港や神戸空港ができたのだから、単純に言えば1/3になってもよい。しかし、私としては伊丹が便利だなあ。羽田と同じ。

予定の時間を10分遅れて離陸。三人がけの真ん中になってしまうところが、ひょんな事で窓際になる。空模様は芳しくない。曇り空だ。しかし、まあ窓際だ。

熊本に向かう飛行機。午後は右側の窓際は西日が入る。ちょっとつらいが、時折見せる青空はやはり高度8000メートルの世界である。良いものだ。

            ◆

熊本空港は、少し雨。タクシーを探そうと思ったら、待ち人がいた。羽田からの飛行機が遅れたため、私の伊丹からの飛行機とあまり変わらない時間に熊本に着いたとの事で、合流するために待っていてくれたのだ。

            ◆

天気はあいにくの雨。
ではあるが、阿蘇の外輪山の緑の中を宿に向かって疾走するのはなかなか気持ちがよかった。

一時間ほど走って宿に到着。
宿は天然温泉なので、とにかく風呂。なんとも言えない雰囲気。暗めの照明でぬるめの温泉。外は緑一色。そして、お風呂にスロージャズが流れていた。家から3時間でここにいるのは、なんとも不思議な感覚である。

            ◆

宿では、明日からお世話になる小学校の先生とディレクターさんと打ち合わせ。熊本と言えば、ラーメンが私の感覚であるが、ここはちょっと景気をつけるために炭火の牛肉で。ビールは、地ビールを頼んだのだが、結局二杯目から飲んだモルツ@熊本工場の方がおいしかったなあ。

さ、明日は収録だ。

2008/06/16

事務連絡

池田はいまメール環境が不安定なところにいます。
メールは読めるのですが、返信が出来ない状態です。
すみませんが、火曜日の夜まで返信をお待ちください。
よろしくお願いいたします。

2008/06/15

関西の初夏は食べ物が

昼前から娘を連れて大学へ。児童教育学科の学生がメインになって立ち上げたサークルの発表会があるのだ。子どもを相手に劇や人形劇等をするサークルだ。ま、娘は何にも分からないが、学生の活躍を見つつ子守りも出来るので出かけて行く。

先輩がいないってのは、いいなあとちょっと思う。あれこれ自分で考えざるを得ないからだ。

今日の出し物の完成度は、私は高いとは思わない。だが、期待値は非常に高い。つまり、これから伸びるだろうなあと言う感じである。だって、やりたことをあれこれと仲間とやっているのだから。

            ◆

山科駅近辺で用事があったので、近くのスーパーに立ち寄る。ここの店は新鮮な魚が安い。今日はワカシとシイラを手に入れる。夏の魚の刺身は、酸味があるのが特徴。

思うのだが、関西の初夏は食べ物がおいしい。
ワカシ、シイラ、鱧、夏ガキとどんどん店に出てくる。そして思うのだが、これらの魚が普通の地元のスーパーに並ぶのがすごい。しかも安い。岩ガキなんて東京で買う値段の1/3であろう。

さらに、スイカもトウモロコシもうまいし、あと少しで桃も出てくる。

さあ、頑張って運動せねば。

            ◆

午後は、娘をあやしつつお昼ね。琵琶湖から吹いてくる風が心地よい。
アイスティーもおいしい季節になりました。

« 2008年6月8日 - 2008年6月14日 | トップページ | 2008年6月22日 - 2008年6月28日 »