« 2008年6月15日 - 2008年6月21日 | トップページ | 2008年6月29日 - 2008年7月5日 »

2008/06/28

「書写教育とは」

国語概論の中で書写について3回で講義をする。その集中講義の一回目が今日である。学生数が80人を超えるので、午前中と午後の二回に分けて同じ事を行う。合計4コマである。

一コマ目は 「書写教育とは」

  1. 学習指導要領での扱い
  2. 書道と書写の違い
  3. 脳科学と書写
  4. 文房四宝について
  5. 筆の手入れの仕方(おろし方、洗い方)
  6. 授業の準備の仕方、片付け方
  7. 筆法の基礎
  8. 結構法
  9. 練習の仕方(模書、臨書、集字、九宮格)
  10. 指導の仕方
  11. 作品掲示法
  12. 簡単な篆刻を楽しむ

二コマ目は「実習1 自分で作品を書く」

であった。

           ◆

実際は、一コマ目が結構時間がかかってしまったので、自分で書く時間が少なくなってしまった。本来の書写の授業としては良くない授業である。しかし、この授業はうまくなるための授業ではなく、書写の授業の意義や指導の仕方を学ぶ授業なので、どうしてもあれこれ説明をすることになる。

学生たちに手を挙げさせたら、小学校以来筆で書いた事のないというものもいれば、入試の勉強の時にイライラしたら気持ちを集中させるために書いていたというのもおり、実にバラバラであった。

学習指導要領に従えば、小学校では年間30時間程度の書写の授業を行わなければならない。ざっと週に一時間は行うのである。そして、三年生以上は筆を使って行うのである。

私が現場にいた時、私は書写の中学生に授業をやっていた。しかし、クレームが出たことがあった。
「他の中学校は書写なんかやらないで、作文や文法をやっているのに」
と。

違う。
私は間違っていなかったのだ。他の学校が違反をしていたのだ。中学校だって中学一年は週に一回。中二中三だって書写はやらなければならないと学習指導要領に書いてあるのだ。でも、そんな風に思われるんだろうなあとも思っていた。しかし、書写、書道はとても大事であると思っていたし、今でも思っている。その辺りの理由も学生たちには話した。特に「脳科学と書写」のところで。

          ◆

ぶっ続けて90分×4を授業するのは、久しぶりである。いやあ、疲れた。足首が痛い。だけど、やらなければなあと思ってやった。幸いな事に書道コースの学生諸君が助手として入ってくれた。採用試験前なのにありがたい。Hくん、Iくんありがとう。

ほとんどの学生たちは、書写の授業のしかたをもう度と聞くことはない。これから何年間小学校の教師を続けるか分からないが、大学では私の3時間が最初で最後であろう。そのうちのレクチャーが今日は150分。実習が30分であった。150分で彼らの教員人生に必要な書写の内容を伝えるのは、無理。と思うが、でもやらなければならない。

私はほぼ伝えきったと思うが、書写書道は頭で分かっても実際に筆で動かすことができなければ意味がない。このためには相当書かなければならない。しばらく時間を置いて、もう一コマずつ学生たちには集中講義で書写を指導する。この間に力をつけている事を期待するわけである。

次回は自分たちの書いてきた作品を交換して、朱を入れ合うのである。
私たちはレッスンプロを目指すのである。

作文と料理は似ている

コース分けの面談と、国語科教育法であった。
昨日は12人を一気に面談であった。
いやあ、疲れた。
でも楽しかったねえ。

学生たちが何を考えていて、どうしたいのかを聞きながらあれこれ思った。
私はトーナメントプロではなく、レッスンプロであると思っている。
もちろん、研究の分野ではトーナメントプロであるべきであるが、教育はレッスンプロだ。そのレッスンプロとして何をして行くのが良いのかをあれこれ考えていた。

『昨日の面談では、何か質問ありますか?』
と聞くと、学生諸君からいろいろとインタビューのような質問があった。

「先生、教師になって後悔した事はありませんか?」
「先生、先生は自分の事をだらしがないと仰っていますが、どうやって克服してきたのですか?」
「先生、・・・」
とあれこれ。
ま、こちらから何か質問はありますか?と聞いているので時間の許す限りに丁寧に正直に答えた。これも面白かったなあ。

           ◆

国語科教育法では、体験作文その2である。「作文と料理は似ている」というアナロジーを使いながら、作文を書く時の順序性についてレクチャーする。そして、園後に、実際にその理論で実践したNHK「わくわく授業」のDVDを見せる。

楢原中学校に勤務している時に収録、放映されたものだ。もう彼らも大学一年生の年齢だなあと懐かしく見る。

この作文指導の収録は、非常に忙しい時に行ったので結果的に5キロやせたのだが、今となっては非常に良い思い出である。そして、ディレクターのバッサリ切った編集のおかげで、指導のポイントがクリアに描き出されている番組となっている。25分の作品だが、授業でも使いやすい。

そして、何よりも自分が作り出してきた理論と実践が一つになったということを示すことができるので、ありがたい番組になっている。

           ◆

授業後、京都市内に出向いて翌日の書写の授業の用品を購入する。
もう閉まっているお店を開けていただいて、7時過ぎから9時ごろまであれこれと品選びをする。さあ、これでなんとか書写の授業の用意が完了である。

2008/06/26

乗り切った顔

基礎演習ゼミでは、引き続き文献購読を進めている。しかし、その一方でタイムリーな話題についても議論を重ねている。なもんで、授業の時間が足りないのだが、タイムリーな事柄はその時に議論を重ねなければならないので、やる。

今回は、青木幹勇氏の「第三の書く」の話と、「給食費未納」問題である。第三の書くについては、竹内常一先生の文章指導に絡めつつ解説を加える程度に。給食費未納問題は議論を重ねた。

発端は学生の授業掲示板の書き込みから。

引用開始 ーーーーーーーーーー

前から思っていることなんですが経済的には払えるのに学校の給食費を払わない児童には一度「お母さんとお父さんが給食費払ってくれないからみんなと楽しい給食が食べれないよ」と、その子が一人の時にこっそりと事実を言ってみるのは絶対に駄目でしょうか。
私は無しではないなぁと思うのですが・・・

引用終了 ーーーーーーーーーー

というものである。本人曰く小学校三年生以上であればオッケーだろうと。この問題について、賛成の諸君と反対の諸君で議論を重ねた。賛成が1/3、反対が2/3ぐらいの比率である。          

           ◆

議論の中で私はいくつかの疑問を提示したり、解説をしたりした。

・ 給食はいつ始まったのか。
・ 給食費はなんで払わなければならないのか。
・ 人類はどの方向に向かう事を望んでいるのか。
・ 学校教育現場での給食費の徴収方法の移り変わり。
・ 弁当の学校で弁当を持ってこない子どもがいたらどうするか。

なんてことをあれこれ。

「んな、勝手に給食を出しておいて、給食費を払えってどういうことだ。俺は作ってくれなんて言ってないぞ」

と言う親が出てきている現実を受けて、どのように取り組んだら良いのかあれこれ。私はなんで学校が給食をやっているのか、その法的な根拠は何なのかを考えさせておく必要があると考えていた。そして、教員の「善意」が裏目に入った時に、危険なことになることも話しておきたいと思っていた。

          ◆

支払い義務の法的根拠を示せば、それは「学校給食法」である。

引用開始 ーーーーーーーーーー

(経費の負担)
第六条  学校給食の実施に必要な施設及び設備に要する経費並びに学校給食の運営に要する経費のうち政令で定めるものは、義務教育諸学校の設置者の負担とする。
2  前項に規定する経費以外の学校給食に要する経費(以下「学校給食費」という。)は、学校給食を受ける児童又は生徒の学校教育法第十六条 に規定する保護者の負担とする。

引用終了 ーーーーーーーーーー

まさか、スピード違反で掴まって
「なんで、掴まえんだよ。勝手に走りやすい高速道路を作っておいて。俺は掴まえてくれなんて言ってないぞ」
とは言わないだろう。原理は同じなのに。

教師の行う指導が、どのような法的根拠に依拠しているのかを考えさせる事は、若い教師が安定した実践を行い、かつ実践の幅を広げるためにも必要だと考えている。

          ◆

授業後、土曜日の書写の授業の指導案づくりと、資料づくりに勤しむ。勤しむ予定であったが、学生たちがどんどん研究室にやってくる。
『今日は忙しいから勘弁』
と言おうと思ったが、教育実習の報告とあればお茶でも出してあげよう。京都一保堂の銘茶を入れてあげて、報告を聞く。

実習中のあれこれを聞きながら、ちょっとからかう。
『それは、こういえば良かったんじゃないの?』
「先生、もう一度実習してきていいですか?」
なんて会話が出てくる。

本当に実習を乗り越えると、良い顔になる。
つらかった事大変だった事もあったと思うが、乗り越えてきている顔だ。あの国語科教育法を乗り切った彼女たちだ。大丈夫だとは思いながら、乗り切った顔を見たことで安心であった。

そこに後輩がやってきた。
「大丈夫。あの池田先生の授業を乗り切れば実習は大丈夫だから」
と、脅しなのか励ましなのか分からない言葉をかけている。
私は学生に愛を持って(厳しく)指導しているのに(^^)。

           ◆

そして、結局夜まで研究室で授業の準備。
本学にいらっしゃる書道の専門家の先生から、昨日受けた書写の授業の方法のご指導を元に指導案がほぼ完成。そして、その資料もあとは印刷にまわすだけ。

しかし、大学に来てまで書写の授業をするとは思わなかった。
だが、久しぶりの書写の授業だ。
ちょっと喜んでいる私がいるなあ。

2008/06/25

七夕の準備が始まる

児童教育学科のテラスには、裏山から切り出した竹に短冊が飾られ、七夕の準備が始まる。幼児教育コースでも児童教育コースでもこうした日本の文化を学校でやるってのは大事な事だと思う。

大学でこのようにするというのはなかなかないかもしれないが、1000年も前から伝わってきているこの行事を大学で学ぶ事は意味がある事だし、まずはやってみるということも意味があるはずだ。

            ◆

研究入門ゼミでは、その七夕のことから話す。

・ 何で日本のお祝いは、奇数が重なる日にあるの?1/1、3/3、・・7/7
・ では、9/9は何のお祝いか知っているか?
・ 数字の陽数と陰数の違いは分かるか?
・ 織姫星は、正式にはなんという星? 彦星は?
・ なんで短冊に願いを書くの?
・ 短冊に墨で書く時、その水はどこから持ってくるの?

なんてことを話しながら入る。学生諸君はほとんど知らない。もちろん、これらの事を知らないでいて七夕の行事をやってもいいだろう。しかし、きちんと調べておいて子どもたちにいくつかのエピソードを話してあげながら遊ぶというのは、大切な事だと思う。

            ◆

その後、本日の課題に取り組む。
本日は、「全国こども電話相談室のHPにある子どもの疑問に答える」という課題にである。

教師の仕事で中心となる事は、説明をする事である。子どもの抱くありとあらゆる疑問に答えなければならない。義務教育段階で子どもの持つ疑問に対して、
「分からない」
と答えるのは正直であり、ある意味誠実かもしれないが、一方で勉強不足であると言わざるを得ない。

調べて答えるのも大事だが、その場で
「それはね、・・・」
と答えていく力量が欲しい。子どもたちは、何でも知っている先生が大好きである。そして、信頼を寄せる。

            ◆

この後、学生たちはHPから自分が答える質問を二つ選ぶのである。そして、A4の紙に二種類の答えを書くことになる。一つは、科学的な答えである。なぜ、植物は緑なのかという問があったとする。この時、葉緑素があるからという答えをしようとするかもしれない。学生は、自らが設定する答える子どもの学年に応じた答え方をする。それも科学的に正しいものを。

今ひとつは、物語仕立てで悪意のない嘘もありの答え方である。私は保育園でバスに乗って遠足に行くとき、園長先生の言った言葉を今でも覚えている。
「園長先生は、自分が保育園にいっていた時に、遠足でバスから頭を出して、電信柱にぶつかってしまってそれから頭が禿げたのです」
という言葉である。私は絶対バスの窓から頭や手を出すのをやめようと思った。

しかし、これは長じてみれば分かる通り、保育園児がいくら頭をバスから出したところで電柱には届かないし、そもそも園長先生の時代に保育園がバスで遠足に行っていたとは思えないのである。これが悪意のない嘘である。

子どもたちは、物語で覚えて行く。この物語を作らせるレッスンである。

            ◆

授業の最中にパソコンルームをちょっと出て七夕飾りのところに来た。そしたら、一枚の短冊が落ちていた。
「少しで良いから友達がほしい」
ギャグとしてはなかなかブラックで良いが、それが落ちているのは悲しい。近くにいた学生に、
『かわいそうだからもう一度つけてやってくれ』
と依頼したらきちんとつけてくれた。うれしいものだ。

            ◆

帰り際にもう一度短冊を見たら、

「冷やし中華始めました」

という短冊を発見。
一人爆笑。

私は、そういう学生たちも大好きである。

2008/06/24

娘のお迎えである

午後からは、学生たちとの面談である。私が担当しているクラスの学生たちとである。本学の児童教育学科の特徴の一つである、入学してからコース分け。そのための面談である。

後期から児童教育コースと幼児教育コースに分かれるため、面談で相談に乗ると言うものである。入学して三ヶ月。ひょっとしたら問題も抱えているかもしれない彼ら彼女らの相談に乗ると言う側面もある。

今日は七人の面談であった。
それぞれが自分の未来に付いてあれこれ語るのを聞きながら、アドヴァイスした。

            ◆

帰りの車でふと思った。
(をを、先週の今頃は熊本空港に向かうタクシーの中だったなあ)
まだ、あの授業の余韻が残っている。授業ってすごいなあと思う。

もちろん、中村先生、竹内先生、青山先生、岩瀬先生とすばらしい授業を連続で受けた事も相俟っての事であるが、こうして授業と言うひとくくりにしてみて、さらにここに同時期に読んだ数冊の本が影響を与える事で、私の体の中で、また新しい何かが生まれるのだろうなあと楽しみにしている。

いやあ、長い一文だ。

            ◆

大学から帰ると、何やらリビングの方で動く音がする。
靴を脱いで部屋に上がると、娘がハイハイしながら廊下に出てきた。
ひえ〜、娘のお迎えである。手も洗わずに抱っこである。

奥さんに確認すると、自分で玄関の音を聞き取り廊下にハイハイし始めたとのことだ。この時間に玄関で音がすると言う事は、私が帰ってくるということだと理解しているのだろう。

ミルクの温度を下げるために、哺乳瓶ごと水の入った容器に入れて3分間冷やす。その時、キッチンタイマーを使う。この音が「ピピピピ・・・・」と鳴ると娘は反応する。ミルクだ!と思うわけである。

ところが、ミルクの時間ではなさそうなときに同じようにキッチンタイマーが鳴っても特に反応はない。時間(というか腹時計か?)で、反応が変わるのは面白い。

            ◆

娘の成長に追いついて行きたいものである。

winを簡単にmacに

これ本当ならすごいな。
世界中どこに行ってもすぐにMacintosh環境で仕事ができるわけだ。
実物を見てみたい。

http://japanese.engadget.com/tag/EFiX/

2008/06/23

書写の授業

週末のできごとは、ありがたい事に深刻な問題にはならなかったが、それなりに大変な問題なのでその対応に追われる。今週いっぱいぐらいはなんだかんだ、心配な状態が続くので、スタンバイでいこう。

合間を見て授業の準備をする。今週末に行う書写の授業である。国語概論で書写があるのだが、私は書写の部分を担当して教えるのである。

            ◆

書写は、もっと小学生に行われていい分野であると思う。ワープロ時代になんで書写なのだ、しかも筆なのだと思われる方もいるだろうが、私はワープロ時代だからこそ、書写であり筆であると思っている。

養老孟司先生は、日本人は右脳で画像処理をして左脳で言語処理をするという脳の特殊な使い方をしているとおっしゃっている。だから左脳だけで言語をコントロールする言語環境の人たちよりも、日本人は言語の障害が出にくいということだそうだ。

右脳と左脳の話は怪しいと言う突っ込みもあるが、ここではそうだと仮定して話を進める。そうだとすると、書道、書写というのは実に面白い活動であると言う事が出来る。

なんとなれば、右脳で画像処理をして左脳で言語処理をするというのが、書道・書写であるからだ。言ってみれば、その両方を同時に鍛える活動だと言うことができる。右脳で文字の美しさを考え、左脳で文字の正確さを考えるわけである。これを子どものうちからトレーニングでさせると言う事は、かなり意味があるはずである。

ちなみに、そろばんをやっている時のその人の脳波を見たことがあるが、右脳が活発に動いていた。通常、計算は左脳だがそろばんを通して画像処理としてやっている可能性が高い。日本人恐るべしである。

            ◆

筆の字は、押せば太くなり弱めれば細くなる。通常の筆記用具にはあり得ない動きを必要とする。だから、難しい。さらに毛先の繊細な動きを感じてそれを我が意を伝える動きに変えなければならない。そのためには、時間をかけたトレーニングが必要になる。

うちの一歳にならない娘であっても、自分が欲しいものを手に入れようと手を動かして、その必要な場所に脳は手を動かすことができる。人間の脳はそのような力を持っている。

意図した場所にきちんと手を動かすことができなければ、醤油を撮ろうとしてソースをとってしまい、口に運ぼうと思って鼻の穴に運んでしまうと言う、食事が食事にならなくなってしまう。二人羽織になってしまう。であるが、通常はそのようにはならない。これは脳がコントロールしているからである。

だが、書道書写は、さらに高度なコントロールを要求する。脳を鍛えるのである。日本のこどもの基礎的な学力を支える、脳の力を高めるのではないかと思う。だから、書写教育をきちんとすべきである。

            ◆

さ、もう少し準備だ。

2008/06/22

近畿支部の地区大会

夜から午前中にかけて、心配事が発生。不安なまま過ごす。
深刻なことにならなくて良かった。
ご心配いただきましたみなさん、ありがとうございます。

            ◆

なんとか大丈夫だと思えたので、午後から全国教室ディベート連盟近畿支部の地区大会に出かける。ディベート甲子園の地区大会である。会場は膳所高校だ。

最終の順位決定戦だけ参観した。ジャッジをと言われたのだが、睡眠不足なのでこんなんでジャッジしては申し訳ないと思い、辞退した。で、高校の決勝戦を見学した。

高校の論題は、

「日本は労働者派遣を禁止すべきである。是か非か」
* 労働者派遣の定義は現行の労働者派遣法に従う。

である。

            ◆

議論は、プラン導入後の労働者に関するメリットとデメリットを巡って進められた。これはこれである議論だと思うが、今ひとつ分からなかったことがある。このプランを導入したら、日本はどうなるのかである。

労働者にメリットが発生しても、日本全体にとってデメリットが生じれば意味がない。逆に労働者にデメリットが発生しても、日本全体にメリットがあればこれはこれで意味がある。そのような、プラン導入後の日本についての議論がなかったのが残念である。

また、日本は多くの移民を受け入れる政策を模索し始めている。この政策が実行された場合、この論題に関するインパクトは結構あると思う。この辺りのリサーチはしているのかなと思った。

全国大会を楽しみにしよう。

            ◆

大会後、メンバーで軽く食事。
あれこれ話す。

軽く食べたので、家でもう少し食べる。
マグロ、スイカ、山形のおじさんに頂いたサクランボ。
うーむ、みんな赤い色だ。

赤からエネルギーを貰おうと、体が欲しているのかもしれない。

疲れた。
おやすみなさい。

書くは、快楽である

午前中から大学に行き明日の教室の準備をあれこれと。
今日は、埼玉県から岩瀬先生に来ていただき、作文のワークショップだ。

参加者も埼玉県からいらっしゃった方や、他大学に大学院生なども多く、初めて参加される方も多くいた。

            ◆

ワークショップは、4時間。
あっという間である。

「書くは、快楽である」

と私は思う。
もちろん、書きたい事が書けなくて呻吟することもあるが、これも含めて快楽である。ま、呻吟しているときは思わないがf(^^;。

            ◆

ただ、快楽にたどり着く事のない子どもたちが、実に多いと思う。もちろん、そういう子ども時代を過ごしたため、大人に成っても文章を書くのは苦手という人も多い。

私は書く事の指導をする時、以下の文言を大事にして行っていた。


引用開始 ーーーーーーーーーー

学習権宣言 (The Right to Learn)
1985年3月29日 第4回ユネスコ国際成人教育会議採択
 
  学習権とは、
  読み、書く権利であり、
  質問し、分析する権利であり、
  想像し、創造する権利であり、
  自分自身の世界を読みとり、歴史をつづる権利であり、
  教育の手だて(resources)を得る権利であり、
  個人および集団の力量を発展させる権利である。


引用終了 ーーーーーーーーーー

学習権は、「読み、書く権利」「歴史をつづる権利」であるというのだ。この文言の意味は大きい。

白川静先生によれば、中国では絶対王が漢字を発明させ、自らの偉業を記録させたという。絶対的な力を持つ王様が、自らの歴史を綴らせる必要性から文字が発明されたという。

私たちは、民主主義の時代に生きている。民主主義が最高のものとは思わないが、これに変わる良い制度がないから使っているというようなことを言ったのは、チャーチルだったか。私も確かにいろいろと不備はあると思うが、民主主義の今の時代は、この文脈の中で生き生きと生きるを考えたい。

その民主主義を生きる時、書くことにはとても意味があるのだと思う。

            ◆

私はそんなことを思いながら、楽しそうにレッスンを受けている参加者の皆さん、その向こうにいる子どもたちの顔を思い浮かべながら、
(いやあ、岩瀬先生をお招きして良かった)
と思っていました。

岩瀬先生、ありがとうございました。

琵琶湖は大雨

6/20

昨日の講座の余韻を引きづりながら、午前中を過ごす。
琵琶湖は大雨。
空と湖とが銀色に光り輝く。
これはこれで幻想的だ。

最近私の足下にやってきては、つかまり立ちをする娘。
抱っこを求めているのかと思って抱っこをしていたのだが、抱っこをしなくてもただたんにそばでじゃれているだけでも良いと言う事が分かってきたので、そのままにしてあれこれと仕事を進める。

動きまくる娘はすぐに汗をかく。汗腺は三歳まででその人の一生の数が作られると言うような話を聞いたことがある。暑いときには汗をかいて体温の調節が出来る事が、健康には大事。たっぷりと汗をかいて、水分補給させて汗腺を育ててあげたい。

            ◆

午後からその雨の中を大学に。
うーん、すごい湿度だ。

国語科教育法は、いよいよ文章の書き方指導に入った。国語の教員を目指すぐらいだから、文章は自分で書けるであろう。しかし、指導となると別である。この文章の書き方指導ができる国語の先生は、指導力があると言って良いだろう。今週と来週の二回で文章の書き方指導の指導法について講義をする。

            ◆

授業を終えて研究室であれこれしていたら、電話。キャリアガイダンスの記事を読んで、校内研修の講師をお願いできないかとのないようであった。もちろん、私でよければということであったのだが、日程が合わずに実現せず。

でも、そんなオファーがあるのはうれしいなあ。

            ◆

さて、明日は「明日の教室」だ。
まだ、あと5人ぐらいは大丈夫だと思います。
良かったらどうぞ。

« 2008年6月15日 - 2008年6月21日 | トップページ | 2008年6月29日 - 2008年7月5日 »