« 2008年7月27日 - 2008年8月2日 | トップページ | 2008年8月10日 - 2008年8月16日 »

2008/08/09

さあ、東京だ

8/7

涼しい風が一晩中比叡山から吹いてきていたので、気持ちよく寝ることができた。

さあ、東京だ。

新幹線に乗り、ちょっと一息ついたらもう名古屋。早いなあ。そして、ここから仕事を始める。「2008授業づくりネットワークin仙台」の講座のテキストづくりだ。プロットはできているので、そこに肉を付ける仕事である。

気がついたら、熱海。新横浜で下車する予定なので着地地点を決めて励む。思ったよりも早く仕上がりそうだ。

新横浜からは、横浜線快速で八王子まで。行きつけの美容室に向かう。久しぶりに紙を切ってもらう。さっぱり。かれこれ彼には10年近く切ってもらっているんだなあ。

JRで両国に向かおうと思ったら、事故だか故障だかで中央線が動いていないとのこと。慌てて京王八王子に向かう。まったくもって中央線は困る。

で、京王線の車内で新幹線で途中になっていた仕事を仕上げる。8/9の締め切りだったから、まあなんとかその前に仕上がったぞ。

両国の江戸東京博物館では、書道展を見学。
すごかった。

王羲之の「蘭亭序」の神龍半印本が、初めて中国を離れて今回、本邦初公開である。書道をやる人間で、このお手本を模書、または臨書したことのない人はいないだろう。私も学生時代にずいぶん書いた。

さらに、中国を旅したときにこの「蘭亭」に実際に足を運び、流水曲しょうの宴をした場所を見たりもした。

私の義理の祖父、そして母の兄の叔父は書道を嗜んでいた。その二人が見たいと願っても見る事のかなわなかった、本物が目の前にあった。

会場は思ったよりも空いていた。私は「蘭亭序」を見るための列に三回ほど並んだ。時間を空けて、あれこれあれこれ見続けた。「本物」のすごさを改めて思った。

書道では、「目習い」ということばがある。いい作品をじっくりと見る事。そして、その先に「手習い」を行うのである。4世紀に書かれたこの作品は時空を超えて、今私の目の前にあった。これが1300円で見られるなんて、驚きでもある。

もちろん、他にも黄庭堅(を、一発で変換)やらなにやら本物の作品が出品されていた。音声ガイドの解説を聞いていると「〜の時代を表しています」のような説明が割とあった。

うーんと唸ってしまった。時代を表すか。
その時代に生きている事を自覚して、文字を書いているのであろうか。そんな事はない。時代の評価はその人が生きているときには行うことができない。そうだとすれば、その人が必死に生きていることが、やがて後世の者が学ぶときに「〜の時代を表している」と評価される字を書いていたということである。

時代を表す書道作品。いろいろと奥の深い言葉だ。

Daiba

その後、デックス東京ビーチで行われている明日の講座の懇親会に向かう。デックス東京ビーチは、嘗てディベート甲子園が東京ビックサイトで行われていたときに打ち上げ会場としてよく使っていた場所だ。懐かしい。

私の講座は明日だが、大会そのものは今日から始まっている。会場には九州の菊池先生がいらっしゃった。講座を二日間担当されるとのこと。それから何人かの先生や編集者の方と名刺の交換をして軽く食事をして、新橋に向かう。

新橋では、最初の中学校のときの最後の教え子たちが待っていた。卒業して、15年ぐらいか?わざわざ青梅から5人、私の東京行きに併せてやってきてくれた。もう、31歳だと。ひえー。

それぞれいい大人になっている。顔を見るとよくわかる。あのときに私がしていた授業を良く覚えている。ある元生徒が私がこんな話をしていたと証言。

『あ〜、諸君はタモリ倶楽部という番組を知っとるか?』
「知りません」
「あ、知っています!」
『何? そんな時間まで起きていないで早く寝なさい!!』
『ではあるが、空耳アワーってのが面白いんだな(^^)』

という話をしていたとのこと。なんてことを覚えているんだ、この子たちはf(^^;。しかし、まだタモリ倶楽部は続いているし、彼ら彼女らはタモリ倶楽部の面白さが分かると言う。いいともではなく、タモリ倶楽部が面白くなったら大人という定義が世の中にはあるようだが、彼らも大人になったわけだ。

(そういえば、今日、タモリさんは赤塚不二夫さんの弔辞を読んでいるんだよな。どんなだったかな)

と思う。

車の話、彼女の話、合コンの話、奥さんの話、仕事の話・・・。
尽きる事なく話は続く。
あの頃のレクリエーション大会の話、あのときの授業の話もでる。

あの授業が忘れられない。もう一度受けたい。中学生の感性ではなく大人の今受け直してみたいなんて言ってくれる。私はこの子たちに授業を提供しつつ、自分が学び、成長して行った事をよく覚えている。

今だから話せる事と言うことで、何のためにあの授業をしていたのかという「授業の種と仕掛け」についても、求めに応じてあれこれ話した。

「そーだったんですか!!」
とあれこれ言われる。
『そーだったんですねえ』
と、にんまり。

「先生、あの頃の先生は何歳ですか?」
『ん、もちろん今の君たちよりも年下だよ』
「ひえ〜」
「もう一度先生の授業を受けたい!」
『京都にくるか(^^)。授業の課題は多いぞ』

楽しい時間はあっという間に過ぎ、11月に本格的にやる同窓会に出席してくれと言われ、スケジュールが合えばねと話したところでお開き。青梅に帰る最終電車が迫っているとのこと。

機関車の前で記念写真を撮って、サヨナラ。
元気で過ごせよ。

ホテルにたどり着く。
うーん。すごい一日だ。さっさと寝よう。明日の講座は2時間だ。

2008/08/07

伝える極意 再放送のお知らせ

伝える極意 再放送のお知らせ

一学期に放映されたNHK教育テレビの「伝える極意」が再放送されます。
今回再放送になるのは、

「1分間で思いを伝える 〜スピーチ〜」
8月8日(金)午前9:45〜10:00

「おどろきのハンドパワー 〜スピーチ〜」
8月11日(月)午前10:15〜10:30

の二本です。
良かったらご覧下さい。

2008/08/06

ふう、これで一段落かな

いかん。娘をお昼寝させようとすると、どうしても一緒に寝てしまう。夏痩せはしていないのに、夏バテしているのであろうか。

            ◆

午後から大学へ。
夏休みに入ったキャンパスには学生の姿はちらほら。それでも集中講義などで頑張っている姿もある。

私は研究室で学期末事務と研究室の片付け。校舎の改修工事があり、研究室に入れなくなりそうなので、その前にある程度片付けておかないとなあと思い、掃除掃除。

ふう、これで一段落かな。

            ◆

帰ろうと思ったら、ものすごい雷鳴と雷雨。
8/8の花火大会は大丈夫だよなあ。
ま、夕立だから上がるだろうけどね。

            ◆

さ、明日は東京へ一泊二日のお仕事だ。
新幹線の指定も、宿の準備も完了した。
分単位の移動になりそうだが、楽しい花火大会に向けて乗り切ろう。

大阪まで出かける

講座の準備をしつつ午前中を過ごす。
今日の朝は琵琶湖から風が吹いてきている。
テラスの植物に水をやりつつ、あれやこれやと考える。

昼過ぎに、心配だった案件が問題ないと分かり、心から安心。

            ◆

その安心の結果を受けて、大阪まで出かける。
新しいプロジェクトのメンバーに入れてもらうことができたので、その打ち合わせということで。

ここの集まりでは私はほぼヤンゲスト。初対面の方がほとんどなのに、なぜかベラベラと話せてしまう雰囲気。で、あれこれ話してしまう。

二、三年かかるであろうプロジェクトのキックオフだったが、とても気持ちのよい方と一緒に仕事ができそうで、うれしく思う。

            ◆

打ち合わせの後、食事。
終電で帰宅。
疲れたが、これからが楽しみだ。

2008/08/05

ちょっと目眩がした

八月前半のスケジュールをもう一度確認した。
ちょっと目眩がした。

東京と京都を二往復しつつ仙台へも行くことになる。一週間の間でだ。あれこれ欲張りすぎたかなあ。しかし、お招きいただいているものを断るのも失礼だし。花火大会の関係でまだ押さえていない宿もあるし。こりゃあ、大変だ。

願わくは、豪雨や雷雨で電車が止まりませんように。

もう一つ、病院で思った事

もう一つ、病院で思った事。

懸命に生きると言う事だ。
何も大それたことをするのではない。
先を見る。その先を見る。そして目の前にある事をやる。
それだけの事だと思う。

先を見る事が出来る幸せのある私をあれこれ、改めて感じた。
もう少ししっかりせんとなあ。

瀬戸物の丼の重さ

ちょっとしたことがあり、本日、ほぼ半日病院にいた。
昼ご飯も病院の食堂で取った。ちょっと高いかなと思うが、まあ、こんなものかと思って注文した。親子丼である。600円である。

出てきた丼を手にして、ちょっと驚いた。瀬戸物の丼でずしっと重たいのである。普通の茶碗にご飯を大盛りで盛りつけたぐらいの重さがあった。

(おい、これは病院の丼としては重たいんじゃないの?)

周りを見渡すと、結構年配の方がこの食器で食べている。中には、お見舞いの方と一緒に食事をしている入院患者の人もいる。なんでもない男の私が重たいと感じるぐらいだから、相当重いと思う。人ごとながら心配してしまった。

           ◆

が、一方でふと思った。

(あ、この重さが日常生活ということなのかもしれない)

と。
入院患者が病院で取る食事の食器は、基本的にプラスティックの食器である。割れないようにしているのであろう。大量の食器を洗い、盛りつけをするにはこの方がいい。

だから、食器が瀬戸物というのは、病院でありながら病院の環境ではないと言う事を象徴的に表しているのかもしれないと思ったのである。

           ◆

病院は、居心地が良くなければならないし、居心地が良すぎてもいけない。それはちょうど学校と同じようなものであろう。

治すには、居心地が良くなければならない。しかし、治ったら出て行く気持ちにならなければならない。学ぶには居心地が良くなければならない。しかし、卒業したら、次の場所で頑張ろうと思わせる環境でなければならない。

           ◆

瀬戸物の丼の重さは、その際を示しているのかなあと思った。

2008/08/04

森の空気を体に入れる

夕方から上賀茂神社へ。娘の桜にご対面するのを楽しみに出かける。さらに、上賀茂神社では、「禊ぞ夏のしるしなりける」のならの小川で足を水に浸すのも楽しみにした。

上賀茂神社は、月遅れの七夕まつりがあり、園児が合唱と合奏をしていた。なかなかうまいのに感心。桜と禊も確認し、上賀茂神社を後にする。

            ◆

その後、貴船神社まで足を伸ばす。貴船は川床が有名である。ここで寛いでしまうと娘のミルクに間に合わないので、見て神社にお参りをしておしまいにする。市内が35度近くあったのに、ここは27度。涼しい。

神社には、相生の杉などものすごい存在感の樹木がたっくさん。この神社は恋願成就の神社でもあるとの事で、それらしい人が多いような多くないような。

久しぶりに、森の空気を体に入れる。
いいもんだ。

            ◆

帰りは、鞍馬を抜けて帰る。
(これ、本当に続いているの?)
と思うような山の中の道を走る。

湖西バイパスに繋がっていたから良かったものの、なかなかスリリングなドライブであった。

            ◆

帰宅後、どうも頭がくらくらするので、まさかと思いながら熱を測ると熱がある。なんだ、この時期に。二三日で治さないととんでもないことになるぞ。

対岸の花火を見てから、早く寝る。


Rimg0103

2008/08/03

夜、ミルクを与える

昼から大学へ。オープンキャンパス二日目。今日は娘を連れて。

保育実習室が見学者に開放されているのだが、そこに娘をモデルとして連れて行く。いや、せっかくだから一人ぐらい赤ちゃんがいてもいいだろうと思い、連れて行く。

見学者の高校生や保護者の方に愛想を振りまく娘。なかなかであった。

            ◆

実習室にはいろいろなおもちゃがある。木の箱に入っている小さなぬいぐるみ。娘はこれをめざとく見つけて、一つずつ取り出す。そして、一つずつ見せては元にしまう。これはなんだ?

さらに、段差を利用して少しずつ降りてくる車のおもちゃで遊んであげたら、仕組みが分かったようで自分でおもちゃを上において、遊ぼうとする。おい、そんな学習能力があったのかい!と本当にびっくりする。

この一ヶ月ぐらいは、外見はそれほど大きな変化はないと感じていたが、確かにハイハイは力強くなったし、どうぞは出来るようになったし、ずいぶんと成長しているんだなあと思った。

            ◆

夜、ミルクを与える。
こうしてミルクを与えるのも、あと少しだなあと思うと、しみじみ。自分で飲めるのに、わざわざ私が持って与える。

成長とは愛しく、切ないものだなあと改めて思う。

« 2008年7月27日 - 2008年8月2日 | トップページ | 2008年8月10日 - 2008年8月16日 »