« 2008年8月24日 - 2008年8月30日 | トップページ | 2008年9月7日 - 2008年9月13日 »

2008/09/06

さあこい、夏休み!!

ふう。集中講義が終わった。主に二回生を対象にした特別活動論である。

学生には関係ない事であるが、去年の今頃を思うとなんとも不思議な感じがする。去年は、娘の誕生(というか、このときは娘かどうか分からなかったが)の期待と不安に包まれて、東京に向かっていたのだ。そして去年の今日命を授かったのだと思うと、あっという間の一年であった。

また、今年の集中講義は、デンマークから帰国した翌日から始まったということで時差ぼけとの戦いでもあった。寝る時間、起きる時間をコントロールして乗り越えることができた。

『この授業は、本気で教師になりたい人に向けて行う授業なので、ライセンスだけ欲しいと言う人には向いていません。大変なので、受講を見合わせた方がいいと思います』

と宣言してから授業に入る。もちろん、ライセンスだけ欲しい学生もいるだろうが、授業をする側の立場としては、本気で教師になりたい諸君に焦点を当てて授業をするのだと言う事を宣言しているのである。

体調が悪くなったり、パソコンがトラブルを起こしたりといろいろな障害を抱える学生もいたが、ほとんどが乗り越えてきたと思う。しっかりした教師になってほしい。

この集中講義では、毎年一流の先生をお招きして授業をお願いしている。昨年は青山新吾先生であった。今年は、村林新吾先生である。偶然であるが、名前が同じ。新吾つながりである。昨日お招きした。

村林先生は、三重県の相可(おうか)高校で食物調理科専門調理師教諭である。私は四月に『高校生レストラン 本日も満席』(伊勢新聞社)を拝読し、すぐに手紙を書いた。

「なんとか、私の学生たちに授業をして頂く事はできないでしょうか?」

と。すると、オッケーの連絡を頂くことができた。本当にびっくりであったが、うれしかった。

高校生の食物調理科の生徒を指導し、クラブ活動でお店を運営し、料理コンテストに優勝し続けというとんでもない実践をされている先生である。お招きできると分かり、とても喜んだ。

学生たちには、本書を購入し読ませて、質問を記入させてから授業に臨ませた。1時間目が講義、2時間目は学生の質問に答えるような形で講義。3時間目は、私の質問から対談へとうつる授業と言う構成である。

この対談形式の授業スタイルは、この特別活動論の外部講師をお招きするときにはずっと、続けている。学生たちに
『何か質問は?』
としても、質問の仕方がわからないような学生が多い。まずは、質問をすると言う事はどういうことなのかを、私が対談形式で行う事を見せることで理解させようと言う狙いもある。

私は料理が趣味なため、個人的にも村林先生伺いたい事がたくさんあり、奥さんは
「あなたが一番喜んでいるんじゃないの?」
と言っていた。図星かもしれない。

授業の内容は、それは予想していた以上のすばらしいものであった。学生たちは満足。私は大満足の大感謝である。

授業後、村林先生には
「あれだけきちんと厳しい授業を受けている学生たちが、教師になって現場に出てきてくれたら、うれしいですねえ」
というありがたい言葉を頂いた。

しかし、いつも思うのだが実力のある方は、腰が低い。そして気さくで懐が広い。学生たちの良いところを見つけて褒めてくださる。そうでない方は、この逆になる事が多い。村林先生はその上、熱く面白く丁寧な先生であった。

実は村林先生は、私が15年ほど前からお世話になっている国語教師のてるりんさんと、仲が良い。私もびっくりだが、この事を対談の冒頭で知らせた時の村林先生の驚きもかなりのものであった。

教育の業界は狭いものである。しかし、こんな風に繋がるのはあまりあることではない。学生たちには
『コネはダメだ。しかし、人脈は大事にしろ』
と言う話をしていたのだが、具体例として話すことができた。

さらに村林先生とは、後で気がついたのであるが、「わくわく授業」つながりでもあった。ご縁である。

とまれ、これでやっと私の夏休みが始まる。学生のレポートの評価や頼まれている仕事などがあるので、とびとびで5日間ぐらいであろうか。
個人的には、もう少し暑さが続いてほしいと思う私であるf(^^;。

さあこい、夏休み!!

2008/09/04

デンマークの事をすこし

デンマークのことを、奥さんに話す時間がない。
写真も見せていない。
お土産だけ並べて、説明したと言うところだ。
いやあ、忙しいこった。

           ◆

ブログで書く事を考えていたけど、どうも詳しく書けそうにもない。「明日の教室」とか、どこかの講座の中やその後で話すということになりそうだなあ。

一言だけ、デンマークの街の印象をと言えば、「ルパン三世 カリオストロの城」と「魔女の宅急便」のような町並みということか。九州ぐらいの面積に500万人ぐらいが住んでいる。しかも、ほとんど平。一番高い山が170mぐらいときたもんだ。とてもゆったりだ。

           ◆

考えていた事は、その土地や風土で育まれる農産物やら何やらの土台に、教育、文化があるということ。子どもや教師は変わらないと言う事。

移民の問題、低所得者の問題等を抱えながら、しかし、それをどうするか方針を持って解決しようとしている姿がありありと分かった事などが印象的であった。

あ、それから肉製品と野菜がとても美味しかったf(^^;。

           ◆

ヨーロッパは初めての経験であったが、一週間一つのホテルに滞在してあれこれやれたおかげで、朝から晩まで充実した研究、視察が出来たと思う。

うーん。
言語化するには、もう少し時間がかかりそうだ。

           ◆

写真は、スエーデンから見た夕焼け。
スエーデンは、デンマークからフェリーで15分程度で行けるのであった。感覚としては明石海峡フェリーのようなものでした。

本当に夏の北欧の夕焼けは奇麗でした。


Swd


Swd2

2008/09/03

9/13(土) 9月の明日の教室 琵琶湖でカヌー

9月の明日の教室のご案内を正式にしておりませんでした。
受付は、こちらからです。

申し込み

参加費は、カヌー代、弁当、飲み物代もすべて含めて、

一般:2000円
学生:2000円

で行います。
非常にリーズナブルなお値段で体験できると思います。
湖面スレスレからの琵琶湖を是非体験してみてください。

先生の「豊かな経験」が、教育実践を充実させる事に繋がると考えています。
以前の書き込みから紹介します。

引用開始 ーーーーーーーーーー


9月は、9月13日(土)に実施します。
内容は、雄琴にあるオーパルでカヌー体験です。琵琶湖で多いに自然を満喫しましょう。
オーパルは、京都橘大学が新入生対象に使われいることもあり・・・今回、このような体験活動を実施できる運びとなりました。

10:30 オーパル集合 開会挨拶 諸注意 着替え

11:00 カヌー体験

12:00 昼休憩

13:00 カヌーツーリング

15:30 カヌー終了 着替え

16:00 オーパルの学校活用事例紹介

16:20 閉会挨拶 解散

持ち物
・濡れても良い服(Tシャツ+短パンなど)
・濡れても良い靴(ビーチサンダルなど)
・日焼け対策(帽子・日焼け止めクリームなど)
・メガネの方はメガネバンド
・乗り物酔いする人は酔い止め薬

終了後、京都駅あたりで、懇親会を・・・と考えています。

引用終了 ーーーーーーーーーー

申し込み

お待ちしております。

9/2 なんて親孝行なんだ

デンマークから帰ってきて、娘を抱っこ。
うん。幸せだ。

奥さんは娘を連れて駅まで迎えにきてくれた。
遠くに私を見つけた娘は、手を振っていた。
すぐ近くに行くと、照れているのかきょろきょろしている。
成長したなあ。

            ◆

家に帰って荷物の整理。
こればかりは娘にはお昼寝をしてもらわないと。
次から次へと投げ出されてしまうから。

            ◆

ではあるが、なにやら両手に抱えて一緒にお仕事に参加の娘。
するとどうであろう。
両手に物を持ちながら歩くではないか!

ちょうど、ビデオをまわしていたときに歩き始めた。
娘の最初の歩きをビデオに収めることができた。

私が帰ってくる日に、そして、ちょうどビデオをまわしているときにである。
信じられない。
なんて親孝行なんだ。

            ◆

ドラえもんの誕生日の前日、娘が歩き始めた日である。

2008/09/02

無事帰国しました

無事帰国しました。

帰りは明日から始まる集中講義のため、一人でコペンハーゲンから戻ってきました。一週間もいれば、自然と英語が出るようになっていたため、特に問題もなくでした。一ヶ月もいたらずいぶん違うんだろうなあと思う私でした。

あれこれと思った事、考えた事はあるのですが、いまは荷物とメールの整理と明日からの集中講義の最終チェックがありますので、また、折りをみてお伝えできればと。

いまは、授業をしたいモードになっている自分を確認できて、いい研究、視察の旅行になったなあと思っています。

まずは、報告まで。

写真は、なかなか日の落ちないスエーデンの港町のレストランで。
夕闇の空の青が奇麗でした。

Rimg1071

« 2008年8月24日 - 2008年8月30日 | トップページ | 2008年9月7日 - 2008年9月13日 »