« 2008年9月7日 - 2008年9月13日 | トップページ | 2008年9月21日 - 2008年9月27日 »

2008/09/19

「共同研究室」

午後から大学へ。
二回生の基礎演習ゼミの担当者の打ち合わせである。共通シラバスで行うため、何を授業の柱として、どのように進めて行くのかの大枠を決めるのである。

この会議は実に面白い。
経験も専門も違う先生方と、育てて行きたい学生の姿、今の学生の姿、用意する教材などを元にあれこれ語り合う。

「こんな学生に育ってほしい。こんな先生に育ってほしい。だから、これをさせたい」
という話である。もちろん、脱線もし、
「それは実行可能性がないねえ」
なんてことも話すのであるが、そこで語られる思いや願い、担当してきた子どもたちのエピソード等を聞くにつけ、これは一つの立派な研究会になっているなあと思う。私が勉強になる。

            ◆

嘗て中野孝次先生が、国学院大学でドイツ語を教えていた時、外国語の教師の研究室は共同研究室で、一種のサロンのような状態になっていた。それが良かったと書かれていた文章を読んだことがある。一つの本の評価を巡って延々と語り合ったりしていたわけである。

私も、国立学院聖蹟桜ヶ丘校で教えていた時に、これと似た経験をした。当時、私は学部生で教えていた。しかし、私と一緒にクラスを担当していた他の教科の先生方はマスターやドクターばかりであった。

授業が終わり講師室に戻ると、YとかMとかの文字が書かれていた。これは「養老の瀧」か「まんだら屋」のどちらかの店にいるという合図であった。そして、そこに行くとこれがまあ、生徒の話だけではなく、あれこれあれこれ様々なジャンルの最先端の学問の話が飛び交うのである。江戸の黄表紙の話、ドイツ語で語られる世界経済の話、量子力学の国際学会での発表の話題まで出てくるのである。

文学部2年生の私に、分かるわけも無い。
だが、ここで分からないと言ってしまう自分になれないのが、私。割り箸の入っていた袋に、出てきた単語ぐらいを書き写し、図書館で調べる。分からないけど調べる。私の専門でもないし、相手はマスターやドクター。分からなくて当然だけど、それが許せなかった。取りあえず何かをせねばと思い、インターネットの無い時代に、これを繰り返していた。

結果として、私に何が残ったかと言えば、ほとんど残っていない。しかし、あの学問の熱を帯びた話題を4年間浴び続けることができたことは、幸せだったと思う。私にとっては、あそこが「共同研究室」だったんだなあと思う。

            ◆

そして、今。
また、大学に移ってからも中野先生が体験されたのと同じように、仲間たちから学問のシャワーを浴びることができる。嬉しいことだ。
(これをどうやって授業に作り上げて、学生たちに力を付けさせようぞ)
と思うのが、また楽しい。

ありがたいありがたい。

実践をつくり出す源

教えるための教材を作り、教えると言う教師をしている私であるが、一方で大事にしなければなあと思っていることがある。それは、教えないである。

             ◆

私がディベートという指導方法に出会った時、教育書のコーナーにディベートに関する本は一冊も無かった。あれこれ探すと、ビジネス書のコーナーにあった。それを読み、アメリカの高校生が使っているディベートの教科書を買い求めたりしながら、指導方法を考えて身につけて行った。

ディベートそのものも、私がやりたいと思って始めたわけではなく、生徒たちが話し合いをしたところ、面白いのでもっと無いかと言われて
『たしか、デなんとかというのがあったぞ』
と調べたのが最初である。

私は、生徒が話し合いの授業を求める事を面白いなあと思い、ほとんど分からないディベートのあれこれを調べるのを大変だなあと思い授業をつくっていた。

             ◆

ある程度ディベートの指導が出来るようになり、
『ディベートって面白いですよ』
と先生たちに話す事が増えるのだが、すると

「私は大学でディベートを習っていないから」
とか
「そんなに難しい事指導できないわ」
とかいう言葉を良く聞くようになった。

私には、これが本当に分からなかった。

             ◆

自分が大学でディベートを習っていないから指導できない? ちょっと待ってください。私だって習っていませんよ。ワープロだって、パソコンだって習っていませんよ。だから自分で学んだんですよ。

そんなに難しい事指導できない? 難しい事無いですよ。仮に難しかったら、それを分かりやすく指導することを考えるのが教師の仕事じゃないのですか。

と言いたかったが、そこは言わなかった。
世の中にある疑問、生徒に教えるための方法、これらがすべて大学で教えてくれるものだと思っている人たちがいるのだと思ってびっくりした。

もちろん、いまではそういう言い方で違う理由を隠していたと言う事も理解できるが、そうだとしてもやっぱり変だなあと思う。

             ◆

今思うのは、「教わらなければ教える事の出来ないという先生になるのは、いかがなものか」ということである。

もちろん、効率的に人類が獲得してきた知識や智慧、技術や倫理を手に入れる為に教わるということは大事な事である。

しかし、それだけで片付けようとしたり、それだけがすべてであると勘違いしてしまうのは、教師としては実に勿体ないというか、指導の面白さに出会えないというか、そんな気がしている。

             ◆

だから、教えないのである。自分が手にした問いについて、自分で答えのようなものにたどり着く経験をしなければ、分からない事だらけの学校教育現場で、生き抜いて行く事は厳しいのではないかと思う。

「え? すみませんそれはわかりません。教えてください」
「え? うーん分からないなあ。よーし、いっちょう調べるか、考えるか」

両方とも使える事が大事だと私は考えている。それが実践をつくり出す源になるのだと考えている。

身体コミュニケーションのためのDVD教材

大学では、DVDの撮影。今日は、砂連尾さんのコンテンポラリーダンスをベースにした、身体コミュニケーションのためのDVD教材である。

私はずっと見ていたかったのではあるが、どうにも仕事が終わらず合間合間に見に行く感じで見ていた。学生たちがいい感じに体を解して行く姿がそれでもよくわかった。

この企画の立案者は糸井先生。糸井先生は本物を見極める目がある。無名のアーティストと一緒に仕事を始めるが、糸井先生の眼鏡にかなった人たちは、売れる。砂連尾さんも文化庁の研究員になり、一年間ドイツに留学となった。その前に収録しようと言う事で、昨日行ったのである。

            ◆

私にとっての圧巻は、収録の最後のワークショップの解説コメントである。9つのワークショップを行ったのだが、その一つ一つに砂連尾さんが端的なコメントを添えた。

順番に説明をして行くのだが、これが一発オッケーであったのだ。こういうのは通常TAKE2、TAKE3・・・、となる事がおおいのだが、一発であった。

自分がやろうとしていることを、きちんと言葉で説明できると言うのは、簡単なようで難しい。今回のワークショップの身体コミュニケーションの目的と方法を、あのように端的にまとめて、失敗もせずに語る。

これは体と言葉がきちんと噛み合っているからこそ出来るのだなあと、思った次第。

            ◆

新しい学習指導要領では、中学校でダンスと武道が必修になる。導入にはいろいろな目的があるのであろうが、今回のDVDはそこに至る前のというか、基礎になる自分の体と相手の体に気づくということが目的となっている。

そして、小学校の教師を目指す学生たちにとって、言葉をうまく使えない小学生たちの、言葉としては現れないが体に表れる「ことば」を受け止めるためには、この「体」の発するメッセージを受け止める事の出来る、自分の体を手に入れる事はきわめて重要だと考えている。

昨日のレッスンを受けることができた10名の学生諸君は、そういう意味でとても大切なレッスンを受けていたことになる。

            ◆

なんとも贅沢なDVDに仕上がりそうだ。

2008/09/18

すぐに使えるミニネタ実践! 楽しい授業づくりDVDシリーズ

私の授業のDVDを出してもらっているジャパンライムさんから、画期的なDVDが販売された。今脂が乗り切っている小学校の先生たちによる、ミニネタの授業である。

講師の先生の名前を見て、驚いて頂きたい。

国語 石井淳先生
社会 佐藤正寿先生
算数 蔵満逸司先生
理科 土作彰先生

である。

「すぐに使えるミニネタ
実践!楽しい授業づくりDVDシリーズ」

である。

リンク先には、サンプル映像もあります。ちょっと見てみると、これは欲しいと思うでしょう。良かったらお求めください。

2008/09/16

小さな家族旅行

噂の大塚国際美術館に行ってきた。
とにかく、スケールが大きい。
西洋の美術を時代順に陳列してある。
すべて模造である。
しかし、実物大である。

聞く所によると、あさ9:30から回っても閉館の17:00には間に合わないことがあるとの事であった。

私たちのスタートは、10:30から。娘も一緒だったので、泣き始めたらどちらかが休憩場所に行ってあやし、交代しながら回った。間に合わないかと思ったが、なんとかぎりぎり最後までたどり着いた。

            ◆

オープニングは、地下鉄大江戸線を彷彿させるエスカレーター。下から上に向かう。そして、最初からがつんとやられる。ミケランジェロの制作したシスティーナ礼拝堂である。

Sistina

この調子で1000点以上の美術品がその建物ごとであったり、作品であったりしながら陳列されているのである。美術の教科書に載っているものは、ほとんどあると言っていい。

入場料は3150円だが、これは高くない。もし、ヨーロッパに行くのであれば、ここで予習をしてから行くのがいいだろう。

            ◆

美術品もすばらしかったのであるが、そこは親ばかの私である。
娘の歩く姿に感動してしまった。

9/2に歩き始めて、そろそろ二週間というところであろうか。右足が出ると同時に右手が出てくると言うヨチヨチ歩きだ。その歩き方で、歩き続けるのである。

大塚国際美術館の長い廊下を、ただただ歩けるのが嬉しいだけで、50mも歩くのである。それを二回やったから100mである。

娘が前を歩き、私はその後ろを見守りながら、時々声をかけながら歩いた。
やがて、私のことなど気にもせずに遠くに旅立つであろう娘の姿を思い浮かべるのは、まだ早いと思いながらも思ったりしながら、歩いた。

http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND29730/index.html

伊勢正三さんの名曲、「そんな暮らしの中で」と、季節は違うが
いま、この瞬間なのだろうなあと思う。

            ◆

他にも、奥さんが通っていた幼稚園や小学校。昔住んでいた家とその前にある和洋菓子屋さんにご挨拶に行ったりと、なかなか充実していた。

この夏、小さな家族旅行を無事に終えることができた。

さ、後期の準備、締め切りを間違えてしまった仕事。
やるぞ。

2008/09/14

琵琶湖の青空を飲み干した

『柿本人麻呂はこの景色は見られなかったろうなあ』

と湖上で私は明日の教室の仲間たちに、話しかけた。もちろん人麻呂の

    淡海の海 夕波千鳥 汝が鳴けば 情もしのに 古思ほゆ

を思い出しながらである。

昨日の明日の教室は、雄琴にあるオーパルで行った。カヌーの体験だ。午前中は簡単なレッスンで、午後は浮御堂までの片道4キロのツーリング。往復では休憩を入れて2時間30分かかった。

その帰りに見た空の広さが、どーんと心に迫ってきた。電線のない、ひろーい青空。それを琵琶湖の湖上から見たのである。思わず、

『柿本人麻呂はこの景色は見られなかったろうなあ』

と言ってしまったのである。

特別活動では、遠足や宿泊行事がある。この行事を通して子どもたちに、さまざまな力を育てて行く。

嘗て英語の外人講師が言っていた。

「日本には遠足とか修学旅行があっていいですね。私のアメリカでは不可能です」

と。とても面倒見切れないというのである。日本もそうなりつつある。教師の指導に従わない子どもたちを連れて宿泊を伴う行事を行うと言うのは、かなり厳しいものとなってきている。

ではあるが、それでもやるのであれば、いろいろな工夫をしてなんとか安全に、楽しく、力をつけさせたい。私もそうしていろいろとやってきた*1。

三連休の初日、運動会の取り組み、新学期の疲れ、集中講義などなどさまざまなことがあってか、この日の参加者は11人と少数であった。

が、参加したみなさんは大満足だったと思われる。(今回、アンケートをとれなかったので、文章がないので、思われるである)

(この満足を子どもたちに経験させてあげたいなあ)

ということが、新しい教材づくり、授業づくり、行事づくりになっていくのだと私は思っている。

懇親会は京都駅近辺のお店で。
私はメニューにあった「蒼空」という日本酒をためらう事無く頼んだ。
この日に一番の日本酒だと思ったからだ。

そして、それは大正解であった。
あの琵琶湖の青空を飲み干したかのようであった。

次回の明日の教室は、10/4 
いつもの児優館で、ダンスです。

*1 『授業づくりネットワーク』NO.219    2003/10    池田修    「移動教室の改革−分宿の試みとインターネット無料掲示板を活用した事前学習−」参照

« 2008年9月7日 - 2008年9月13日 | トップページ | 2008年9月21日 - 2008年9月27日 »