« センター試験初日 | トップページ | 琵琶湖も春に備えている »

2009/01/18

あれこれ考える日曜日

昨日の疲れが出たのか、一週間の疲れなのか、寝ていました。

朝はいつも通りに起きたものの、朝風呂の後の午前中の娘の昼寝に付き合って撃沈でした。

部屋の片付けをして、iPhotoのデータのバックアップをして、年賀状にたどり着く前で一日が終わろうとしています。

一つ片付けると、それを新しいおもちゃと思って娘は、お店を広げる訳です。そして、その相手をしつつ他のことを片付けてとしていると、それもお店に加えようとして、の繰り返し。

興味の赴くままに突進している娘に付き合って、一日が過ぎて行くのはなんともいえない。

センター試験の再試験が日本中で700人を超えるというニュースが流れている。このことの意味はなんなのだろうか。

1)700人も発生するなんて酷い。
2)そもそも、日本中で一斉に同じ試験ができること自体が凄い。

私は、多少のミスがあったとしても実施できていると言うことを凄いと思う。つまり、2)だ。

世界の大学入試システムや高校卒業認定試験のシステムを詳しく見た訳ではないが、同じ時間帯に同じシステムで動くことができるというのは、やっぱり凄いことだと思う。

仕事に就いて仕事をリタイヤするまで、せいぜい40年。
何か形になることができれば、よし。
しかし、やってもできなければ、それもよしなのだろう。

人類の持っている時間を考えれば、そのような答えが出るのではないかと思うこともある。

あれこれ考える日曜日であった。

« センター試験初日 | トップページ | 琵琶湖も春に備えている »

コメント

受験生はいよいよですね。
センター入試を少しやってみたのですが、
力が落ちている気がしてきました。
少し勉強しないといけません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« センター試験初日 | トップページ | 琵琶湖も春に備えている »