« 『心ってこんなに動くんだ』(新日本出版社) | トップページ | 律儀な娘である »

2009/01/16

『世界の終わりと夜明け前』(浅野にいお 小学館)

『世界の終わりと夜明け前』(浅野にいお 小学館)を読んだ。

15歳の時の私が読んだら、
(そうそう)
とか
(なんだか分からないけど、すげー)
っとなったであろう。

その15歳の私が、30歳のときに読み直したら、
大泣きするだろうマンガだと思う。

『河よりも長くゆるやかに』(吉田秋生 小学館文庫)や、『 ぼくは勉強ができない 』(山田詠美 新潮文庫) のファンにはたまらないだろう。

私はこの世界観が好きだ。

« 『心ってこんなに動くんだ』(新日本出版社) | トップページ | 律儀な娘である »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『心ってこんなに動くんだ』(新日本出版社) | トップページ | 律儀な娘である »