« 『世界の終わりと夜明け前』(浅野にいお 小学館) | トップページ | 今日は評定についての授業 »

2009/01/16

律儀な娘である

「しまった!」
という芸を娘に覚えさせた。

しまった!と私が言いながら、両手で頭を抱える仕草を見せて覚えさせたのである。
「しまった!」というと、娘は両手で頭を抱えるのである。
これが実に可愛い。

ところが、こちらがしまったであった。

奥さんが、料理を作っている最中に
「しまった! あれ買い忘れちゃった」
と言ったその時である。
両手で食事をしていた娘は、その両手を頭に載せて、お得意のポーズを笑顔で取っていた。
あーあ、髪の毛が料理で大変。

娘が積み木の入った袋から、積み木を出しては閉まっている。
「あ〜ら、出したり閉まったりしているの?」
と奥さんが声をかけた。
すると、娘は両手で頭を抱える仕草をする。
一瞬なんだか分からない私たち二人。
「あ〜、出したり【しまった】りなのね」
ちゃんと聞けていることに喜ぶやら、驚くやら。

律儀な娘である。
(次の芸を教えなければ)
と思う父であった。

« 『世界の終わりと夜明け前』(浅野にいお 小学館) | トップページ | 今日は評定についての授業 »

コメント

二度目の北川先生と語る会は12人の参加で盛況でした。
そういえば、北川先生もよく、頭に手を持っていきますね(^^;)

いやあ良く懇親会を開いていますね。
今年一年、現場を離れたことで幅がさらに広がりましたね。もうすぐ現場ですが、残りの時間が有意義になりますように。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『世界の終わりと夜明け前』(浅野にいお 小学館) | トップページ | 今日は評定についての授業 »