« 棺を蓋いて事定まる | トップページ | 私たちは、サーブを打つことができます »

2009/01/09

親ばか日記

親ばか日記である。
このところ娘の成長に、改めて親ばかな私は喜んでいる。

1)ネクタイ
今朝のことである。私が大学に行くためにワイシャツを着て、ネクタイを締め、ブレザーを着てコートを着てとしていたら、娘が使わなかったネクタイの山と格闘していた。

何をしているのかと思ってみていたら、その中から一本を取り出して肩からぶら下げているのである。
(ん?)
そのままにしておくと危ないので、取り上げようと思ったら、明らかに私のネクタイと同じことをしようとしていることに気がついた。その様子がなんとも愛でたいものであった。

2)仲裁
帰省中に奥さんとちょっとした口喧嘩のようになったことがあった。娘を車から降ろす時のことである。私が車外にいて、娘と奥さんはまだ車の中。

そしたら、娘は突然車のボディの陰に隠れて、そこから笑顔で
「ば〜〜〜〜〜〜」
と顔を出すのである。これを数回繰り返していた。

娘に仲裁されてしまった。感情の変化を読み取って、娘なりに気を使ってのことなんだろうと思うと、嬉しいやら情けないやらである。娘はこのときまだ一歳三ヶ月である。

さらに言えば、いないないバーである。
私がするだけではなく、自分もできるようになってきた。
このごろでは、「いないいない」と自分で言いながら隠れるようになってきた。

もっと言えば、しまった〜!である。
私が「しまった〜!」と言うと、両手を頭に載せて笑う。

仕事にならないくらいに可愛い。

3)デジカメ
私のR7がお気に入りである。投げ出されたらたまったもんじゃないので、渡さないようにしているのだが、見つけるとすぐに持って行く。

よく見ていると、投げ出すことはせずに自分の顔の前に持ってきて何やらしている。よく見ると、どうやら写真を撮るまねをしているようである。

考えてみれば、娘の様子をこのカメラはずっと撮影している。娘からすれば、ずっとこのカメラに見られている訳だ。ボタンがあって、自分の画像が出てきて、お父さんのまねができて、これは楽しいはずだ。

どこかで中古の安いデジカメでも買ってきて与えてあげようかなと思う。

4)足
そんな娘が愛しているのが私の足である。
朝起きて、すぐに私の足を見つけて触りにくる。朝風呂に入った後なので大丈夫なのだが、恋人を見つめるような視線で足を見ている娘を見ると、父さんはいろいろな面で心配である。

5)拾って
胡椒のミルをおもちゃ代わりに遊んでいた娘。
『こら、ダメだよ』
と言うと、慌てたのであろう床に落としてしまった。
『あ〜。拾ってちょうだい』
と言ったところ、娘は椅子から降りて拾ってテーブルの上に置いた。
びっくりである。一歳四ヶ月になったばかりだというのに。

私は慌てて席を立って娘のところに行き
『いーこ、いーこ』
と頭を撫でた。
満足そうな顔の娘であった。

このところの成長はいままでと質が違うように思える。

« 棺を蓋いて事定まる | トップページ | 私たちは、サーブを打つことができます »

コメント

娘さんの彼氏は大変だな・・・と思ってしまいます。
15、20年後先の話ですが・・・。
「君はぼくに似ているね。」と先方のお父さんに
言われて少しほっているぼくですが・・・・。

>>ながたくさん

大丈夫だって(^^)。
私も奥さんの父親に
「私の父親に似ている」
と言われ喜ばれたものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 棺を蓋いて事定まる | トップページ | 私たちは、サーブを打つことができます »