« 仁和寺にある法師、年よるまで | トップページ | 娘と一緒に展覧会に行く »

2009/02/21

これは理解できないね

午後から研究室にこもる。依頼されいている10pの原稿に取り組む。締め切りを延ばしてもらっているので、必死に取り組む。

が、どうも執筆依頼が頭に入らない。執筆フォーマットと私が書くべき内容を見比べるのだが、何を書いていいのかが分からない。というか、もやもやが残る。仕方がない。出版社に電話をかけて直接聞いてみよう。

電話をして確認をすると、私の頭の方が正しいことが分かった。執筆依頼の方がいくつかの点でずれていたのだ。アーよかった。

中学生の時である。何回読んでも分からない文章に出会ったことがあった。高校入試問題の過去問題にあったやつだ。落ち着いて何回も読むのだが、頭に入ってこない。多少国語に自信のあった私はショックを受けたものだ。

(ああ、世の中には難しい文章があるものだ。ちくしょう、理解できないなんて)

と思って、授業で解説を受けると

「まー、変な文章だね。これは理解できないね」

と講師の先生が言うではないか。びっくりであった。

世の中の入試問題に使われるような文章で、理解できないくらいの悪文が使われているということに驚いたのだ。理解できないのは、私が悪いのではなく、理解できない文章を書いている方が悪いということが存在することに驚いたのだ。

別に権威志向ということではないが、入試問題に使われるような文章が悪文であるということ自体を考えること等、中学生の私には出来なかった。が、このときにそういう経験をしているので、

(分からないなあ。ひょっとしたら、これ文章がわるいんじゃない?)

と思える回路を一つ手に入れることができるようになったのは、大きな経験であったと言える。

ああ、そんなことを思い出している暇があったら、早く原稿に取りかからなければならないのに。

でもって、ゴールのイメージが見えてきた私は、4時間続けてひたすら原稿を書いた。アウトラインは見えて、あと10時間以内には仕上がるだろうという目処も立った。ああ良かった。

それに気を良くして、もう一つの本の原稿のチェックも。「明日の教室本」だ。ぶれのない原稿ばかりなので、確認する私も非常に気持ちがよい。間違いなく良い本になる。凄い原稿ばかりだ。

BGMでつけたラジオからは、ミナミさんが妊娠したことを告げていた。

(を〜、そうですか、離婚もしないでご懐妊ですか。いや〜、娘と二つ違いになりますねえ)

なんてことを思い、にやにやする私でありました。

明日も原稿書きだあ。

写真は、私の家からは対岸の守山から見た、菜の花畑、琵琶湖、比良山です。いよいよ春ですねえ。

Rimg0124

« 仁和寺にある法師、年よるまで | トップページ | 娘と一緒に展覧会に行く »

コメント

スキーに行っていて聞けなかったのですが、ミナミさん、妊娠確定ですか。ちょっと前からそんなことはほのめかしていたのですが。

って、このラジオ番組、いろんなところでコアなファンに出くわします。一昨年末は離婚するかどうかでみんなやきもきしていましたよね。

全く別の話ですが、たまたま子ども(小2)が見ていたNHK教育に池田さんが登場してカミさんとビックリしました。「この人、お父さんのお友だちだよ。」と息子に自慢しました。

(大学の先生は暇そうで良いなあ。毎週土曜日に5時から店に行けるんだかなあ)
と思いながら聞き続けてはや何年になるのでしょうねえf(^^;。あんなに暇な大学ってどこにあるのでしょうかねえ。

ミナミさんの旦那のあの馬鹿笑いが出来るように、研究を重ねたりしています。腹筋が必要な笑いです。
私の弟の説では、教授はルパン三世の次元の声ではないかとのことですが、いかがでしょうか。

番組ご覧いただけましたかf(^^;。
次回は3/3で、これで最終回です。
ま、来年度も再放送が決定したようですが。

片桐です。
ミスターは団しんやらしいです。(Wikipediaによるのですが。)
気になるのは取出さん(Wikipediaには声優の名前が出ていない)ですが、ミスターと取出さんは同じ声優がやっているという噂があったのですが、団しんやだったら、取出さんが麻布十番祭に実物として現れたときにばれちゃいますよね。

>>ミスターは団しんやらしいです

ひぇ〜。そうですか。違うんじゃないかなあ。違っていてほしい。あのコメディアンのイメージとクラッシュしてしまうf(^^;。

でも、団しん也さんであるのは、うなずけるなあ。あのお笑いで有名でありますが、一方でものすごいセンスと実力のあるジャズシンガーですからねえ。一度番組でその喉を披露したことがありましたが、相当良かったです。

取出さんは、宮川賢さんです。サタデー大人天国! 宮川賢のパカパカ行進曲!!(TBSラジオ 土曜15:00-16:55)を聞いていただければ分かります。誰がなんといっても本人です。

ホイチョイプロダクションは、なかなかやりますよねえ。

コメントのやりとりをしているうちに、「そうだ、BRUTUSでアバンティーの特集記事があったんだ!」と思い出して、書店に向かったのですが、すでに次の号が出ていました。残念。手に入れられませんでした。3月1日号ということは、2月1日にでたということですよね。それとの本当の3月1日に発売するのでしょうか?うーん、読みたい。

HPをみるとバックナンバーはあるようですね。

昨日聞きましたが、ミスターはミスターとして私の中で崩れませんでした。ああ、良かった。

私も京都にアヴァンティのような店を見つけて、毎週土曜日は・・ってな生活はないでしょうねえ。基本的に研究室とリビングの往復の生活ですから。私は琵琶湖を見ながら飲むのが今のところいいですねえ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 仁和寺にある法師、年よるまで | トップページ | 娘と一緒に展覧会に行く »