« 最終回の再放送 伝える極意3/10 10:00~ NHK教育テレビ | トップページ | 肌までぴりぴりしている »

2009/03/10

瞬間的に流れる「ノリ」の集団

鼻の中に塗る薬が効いているのか、朝起きてもそんなに問題はない。うれしい。

酷いときには、鼻が詰まってしまって口で呼吸する一晩のため、舌と喉が乾燥しまくって、授業中に口の中から出血するということも、嘗てはあったが、今年はそこまではいっていない。

年度末になると、カラオケによく行った。
忙しいのにも関わらず、よく行った。忙しさをまぎれさせようと言うのではない。そんなことしたってかえって忙しくなるだけだ。

そうではない。この学年の仲間と、この学校の仲間と別れるのが惜しくて、少しでも一緒の時間を過ごしていたいとカラオケに行った。そんな学年、学校にいたときは、本当にこの3月の頭は切なかった。

人間の集団は、民主主義と封建主義のどちらでもうまくいかないのではないかと、鴻上尚史さんは言っていたと思う。その間に瞬間的に流れる「ノリ」の集団が、一番良い。

ただし、この「ノリ」の集団は、瞬間的にしか現れない。長くたって3ヶ月ぐらいだろう。だから、その瞬間を感じるとき、仕事と仲間の心地よさを感じたいがために、カラオケ等に遊びに行った。

だが、この時期は花粉症である。さらに、この学年の最後だとおもうから、授業にも熱が入る。喉を使う。だから、声が出ない。歌にならない。それでも歌っていたなあ。

ブルーハーツ。
年度末になると,ブルーハーツだったなあ。「終わらない歌」だったなあ。

今日は、いろいろな書類を書き、学科の仕事を黙々とこなしの一日だった。

« 最終回の再放送 伝える極意3/10 10:00~ NHK教育テレビ | トップページ | 肌までぴりぴりしている »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 最終回の再放送 伝える極意3/10 10:00~ NHK教育テレビ | トップページ | 肌までぴりぴりしている »