« 「教職・保育職支援室」 | トップページ | まるで20代のような飲み方 »

2009/03/14

こわい先生も ただのおじさん

3/13

卒業式は、雨となった。
着物姿の卒業生には可哀想であったが、別れの雨というのも悪いものではないと思えた。

児童教育学科は、まだ二回生までなので卒業生はいない。しかし、この二回生が新入生のときに面倒を見てくれたオリターたちが卒業である。

二回生は、卒業生のために自分たちで小さな卒業式を企画し、実行していた。私も関わりのある学生たちなので招かれて、来賓のような形でいた。

こういうことができるような人間関係や育ち方というのは、いいなあと思う。

他にもあちこちで一緒に写真を撮り、彼ら彼女らを送り出した。
良い人生を作り出してほしい。母校はいつまでも応援している。

卒業式の後は,卒業パーティ。私は謝恩会で良いと思っているのだが。卒業のときに謝恩されるぐらいの実践でなければならないと思っているのだが。

全学部とも同じホテルだが,会場は学部ごとに違う。私はあたり前だが卒業生はゼミ単位では持っていない。しかし、こういうのは参加するものだと思い、参加。ま、教職課程を受けている学生たちは、結構いるのでその学生たちを見送るということでは、大事だ。

頭の中では,この曲が流れていた。

引用開始 ーーーーーーーーーー

作詩:荒井由実 作曲:荒井由実

なれないネクタイ カガミみてむすんだ
ちょっとめかしこんで Farewell party
あこがれのあの娘と
せめて最後 写真にでもおさまりたい
結婚話が出たならおしえて
カードでもおくるから
仕事におわれるようになっても
時々あいたい人さ

こわい先生も ただのおじさん
ビールついでくれる Farewell party
かれのニックネームも もうこれからは
おもいでの中で呼ぶだけ
授業などみんな忘れたけど
あなたのひとみは好きでした
青春にちりばめられた愛を
いつまでもだきしめて

授業などみんな忘れたけど
あなたのひとみは好きでした
青春にちりばめられた愛を
いつまでもだきしめて
いつまでもだきしめて

引用終了 ーーーーーーーーーー

ハイファイセットの「Farewell party」である。
私は自分の大学の卒業のパーティには出なかった。五年生になっていたし、まあ、いいかと。

でもあのときは、この曲を口ずさみながらいた。
それが、まさか「こわい先生も ただのおじさん ビールついでくれる Farewell party」の「ただのおじさん」がわに回るとは。人生は面白い。

この夜もこの「こわい先生も ただのおじさん ビールついでくれる Farewell party」の部分を心の中で歌いながら、挨拶に来る学生たちにビールを注いであげた。

そして、

『在校生に厳しく愛情、卒業生に優しく愛情というのが、京都橘大学だ。困ったことがあったら、連絡をしなさい』

『人生の不条理は、若いうちに味わっていた方が良い。これからそういうことがあっても、(ま、そんなこともある)と軽やかに乗り越えて行けるようになるから。その経験をしたと思えば良い』

『仕様がないだろ。君は実力がないのだから不合格だったのだ。しかし君が教師になることを待っている生徒たちはいる。簡単だ。実力をつけよ。それから、タバコは止めろよ』

と結局、最後まで説教をしている私だ。

そして、
「あー、先生のところに来る時は、やっぱりメモ帳を持ってこなければダメだ」
と言っている学生たちに、改めて卒業おめでとうの祝福をしたいと思ったのであった。

ご卒業おめでとうございます。君たちのこれからの人生がさらに豊かでありますように。

« 「教職・保育職支援室」 | トップページ | まるで20代のような飲み方 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「教職・保育職支援室」 | トップページ | まるで20代のような飲み方 »