« 今年の近畿はちょっと強くなるかも(^^)。 | トップページ | 「点いた、点いた!」 »

2009/04/27

首夏  佐藤春夫

4/27

専門ゼミ。
今週までは私がチューター。
チューターと司会とまとめ役の三役をしながら、ゼミの進め方を具体的に示すことを試みる。

来週からは、チューターが学生に変わる。
私のお役目は、最後の15分で意見を述べることが中心になる。

ゼミでは、季節係というものを置いている。毎週1人5分程度で今の季節に関するものごとを説明する。

今日は大学に隣接している敷地に育っている果物の写真から、あれこれ話があった。ネットに食い込んで成長している柑橘系の果物の写真だった。なかなかおもしろい。来週も楽しみだ。

季節係の学生が
「春感覚から夏感覚に変わった感じがしました」
と発表していたのであるが、それはその通りなのである。

今年の4/25は、旧暦の4/1である。つまり、旧暦ではここから夏になるのである。初夏なのである。

引用開始 ーーーーーーーーーー

首夏

               佐藤春夫

行く春の名残の空を
ほととぎす過ぎり(よぎり)とよもし
背戸の山吹ふぢつつじ
落ち散る水に蛍とび交ふ

引用終了 ーーーーーーーーーー

旧暦と一緒に一年を過ごすと、体の感覚はこちらに近いと感じることが多い。件の学生も図らずもそうであったということになる。

四月一日さん、小鳥遊さんなどの話や、カタカナと漢字の書き順の話もして、先週の授業への質問に答え、『街場の教育論』へとゼミは続くのであった。

ああ、前フリの長いこと。

授業後はいつものように、授業の片付け、準備、事務仕事。
また今週も始まりました。


« 今年の近畿はちょっと強くなるかも(^^)。 | トップページ | 「点いた、点いた!」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年の近畿はちょっと強くなるかも(^^)。 | トップページ | 「点いた、点いた!」 »