« 反省文の書き方 | トップページ | 一年間での成長を期待する »

2009/04/12

晩春の光を浴びて、琵琶湖はあくまでも美しい

いかんなあ。
切なさが抜けきらない。
明日から本格的な授業が始まるというのに。

寝違えてしまったからかな。
ユーミンなんかを聞いてしまったからか。「Yuming Compositions:FACE」

ユーミンなんて久しぶりだな。
この声や、この編曲の癖を聞いていると、
高校時代や、奥さんと出会った頃のことなどをなんとなく思い出す。

晩春の光を浴びて、琵琶湖はあくまでも美しい。

Rimg1058

昼前の散歩として、ガーデンに出かける。
寝違えた首が痛く、抱っこを求められてしまうと辛いので今日は車で行く。

刈り取った芝生の上に裸足で降り立ち、新緑が作る陰の中で寝転がる。
寝返りを打とうとすると、激痛。
相当まずい。

娘は、
「あっち、あっち」
と自分が行きたいところを指差す。折角寝転がったのにと思いつつも、そちらに向かう。
この繰り返し。

今日はいつも見たことがないくらいの人の多さ。
といっても、見渡す限りに5、6組ぐらいというところか。

昼ご飯の時間になったので帰ろうとしていたら、後ろから
「池田さん!!」
という声。しかも聞き覚えがある。
(誰?)
と振り返ると、なんと糸井先生。

「いやあ、池田さんのお気に入りのガーデンだから、いるかなと思ったら本当にいたね」
と。奥さんと一緒にガーデン横のレストランで食事をした後に散歩ということであった。

縁のある方というのはいるものだと、しみじみ思う。

園内を我が庭のごとく、説明して歩く。
娘は、恥ずかしそうに私に抱っこされたまま。
あああ、首が痛い。

自宅に戻ってお昼ご飯を食べてから、首の痛さに負けて昼寝。
娘は元気にベッドで遊んでいる。
おい、お昼寝しようよ。

3時間ほど寝た。
娘は寝ず。
そこで、仕方なしに遊びに付き合う。
仕方なしでも、嬉しさを感じる私ではあるが。

ボールでお手玉をしてあげたら異様に喜ぶ。
本人もやりたいのだが、結局同時に投げておしまい。そりゃあそうだ。まだ前にもしっかりと投げられないのだから。それでも楽しそうに何回も二つのボールを投げて遊ぶ。

それがあってか、結局その後、娘は爆睡。

夜、もう一度今週から始まる授業のおさらい。
首の痛み、明日にはもう少し良くなっていることを願う。

« 反省文の書き方 | トップページ | 一年間での成長を期待する »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 反省文の書き方 | トップページ | 一年間での成長を期待する »