« おこしやす | トップページ | かといって、ぱぱでもない »

2009/04/04

「担任の仕事がたまっているのが怖い」

奥さんがこんな記事を見つけてくれた。

http://mainichi.jp/select/opinion/hito/news/20090403ddm008070022000c.htmlから引用開始 ーーーーーーーーーー

ひと:吉田洸二さん=センバツ優勝の清峰監督
 ◇吉田洸二(よしだ・こうじ)さん(39)

 マウンドで歓喜の輪を作る選手たちをうれしそうに見つめる目に涙はなかった。「本音を言えば、ほっとしました」。重圧から解放された、柔らかな笑顔だった。

 忘れようもない苦い思い出がある。06年のセンバツ。初出場の清峰を率いて長崎県勢初の決勝まで駆け上がったが、「監督の私も浮かれていた。天罰が下った」。横浜(神奈川)に0-21の記録的大敗。ダッグアウトに立ちながら、「惨めだった。初めて、穴があったら入りたいと思っていた」。あれから3年。巡ってきた雪辱のチャンスだった。「あの経験がなければ、緊迫したゲームでミスが出たかもしれない。これであの時、苦しい思いをした選手たちに少しは恩返しできたかな」。胸をなでおろした。

 丁寧な物腰で、長所をほめて伸ばす指導が特徴。だが、監督になりたてのころは「恥ずかしいくらい、生徒の気持ちも分からず空回りしていた」。野球だけでなく、教師として多くの子供と接し、自身も成長したという。たどり着いた指導のポイントを「水は与えすぎてもいけないし、少なければ枯れてしまう」と表現する。

 長崎に帰ったら、「担任の仕事がたまっているのが怖い」と笑った。そして、選手には「ご苦労さんというのが半分。残り半分は、変にのぼせず、支えてくれた多くの人たちへ感謝してほしい」。監督から教師の顔になった。<文・大島祥平/写真・大西岳彦>

==============

 ■人物略歴

 長崎県佐世保市出身。佐世保商高、山梨学院大卒業後、母校監督などを経て01年から現職。社会科教諭。

毎日新聞 2009年4月3日 東京朝刊

引用終了 ーーーーーーーーーー

>>長崎に帰ったら、「担任の仕事がたまっているのが怖い」と笑った。

クラブ活動をやっている先生で、この文言に苦笑いをしない先生はいないだろう。

授業があり、担任があり、校務分掌があり、生活指導があり、事務仕事があり・・・・、そしてその先にクラブの指導があるのである。

優勝監督のインタビューで、ひさしぶりに心に残ったf(^^;。

« おこしやす | トップページ | かといって、ぱぱでもない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おこしやす | トップページ | かといって、ぱぱでもない »