« 「メモ」と「質問」の仕方を講じる | トップページ | 駆け足に変わったんだなあ »

2009/05/01

池田ゼミ第一回懇親会

ちょっと用事が出来て1限はないのに、大学に早めに向かう。
初夏の日差しを浴びて、大学は美しい。

学内をうろうろしていたら、スコップを持った集団に遭遇した。何かと思えば、筍掘りグループである。幼児教育コースの授業の一環で、筍を掘って料理して食べるというのである。自然豊かな本学ならではのカリキュラムである。

たまたま通りかかったご年配の先生が、筍掘りのレクチャーをされていた。私はなぜか、

(今は昔。竹取りの翁という者ありけり。野山にまじりて竹を取りつつ・・・)

というフレーズを呟いていた。

国語科教育法1の授業では、三回に一回はスーツで来るようにと指示を出してある。

スーツに着慣れて行くことが三回生は大事だからである。半年後にはこれで企業を回りはじめる学生もいるわけである。きちんとした服装が自然に着こなせるように、いまから練習である。

ちなみに、池田ゼミは毎週スーツで来るようにと指示を出している。彼ら彼女らは5ヶ月後には教育実習なのである。タイトスカートでも走り回れるようになっていなければならない。ま、実際はパンツスタイルかジャージであったとしてもだ。

授業の課題をチェックし、ゴールデンウイーク開けの授業の準備をする。さらに児童教育学科で購入した備品のチェックや原稿のチェックを進める。

外は晴れていて気持ちが良い。
今日は池田ゼミの第一回懇親会だ。
一度家に帰って車を置いて、それから出かけた。

一次会では、なんと句会のようなものをした。
桜をテーマにして俳句か短歌かを作ってくるという指示が係から出ていた。それを元に、俳句と短歌の混じった句会を行ったのだ。

私が正式な句会のルールを示しそれに基づいて実施であった。
句会は初めての学生だらけだったが、一発で魅力にハマったようだ。確かに、句会の方式は面白いのである。

二次会は久しぶりにカラオケに。
私は馬鹿は嫌いであるが、馬鹿になれない者はもっと嫌いである。
そう言う意味で言えば、池田ゼミはなかなか良い奴が多いと思った。

これで勉強をもっとするといいぞ(^^)。

« 「メモ」と「質問」の仕方を講じる | トップページ | 駆け足に変わったんだなあ »

コメント

句会、とても楽しかったです。
お家でもやろうかと思いました。

今度は、俳句だけできちんとやりましょう。
それから私の作品を逆選句で選ばないように(^^)。

昨日は本当に楽しかったです!二次会に行けなかったのが残念ですが、また是非歌声ををご披露していただきたいです。
句会もまた皆さんとやりたいと思いました。
第二回も色々企画したいと思います。

無事に帰れたようで良かった良かった。
遠い人が楽しめるようなやり方も考えましょうね。
って、君が考える係だったね。
よろしく。

で、句会やりましょう。
この言葉遊びは、言葉のセンスを磨きます。

参考図書として『俳句という遊び—句会の空間 (岩波新書)』
http://www.amazon.co.jp/%E4%BF%B3%E5%8F%A5%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E9%81%8A%E3%81%B3%E2%80%95%E5%8F%A5%E4%BC%9A%E3%81%AE%E7%A9%BA%E9%96%93-%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%B0%8F%E6%9E%97-%E6%81%AD%E4%BA%8C/dp/4004301696

をあげておきます。
句会のライブの記録と解説の本です。
凄く面白いですよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「メモ」と「質問」の仕方を講じる | トップページ | 駆け足に変わったんだなあ »