« ちょっと待て、と思う | トップページ | こんな贅沢で幸せな週末 »

2009/06/13

自分に与えられた「天命」

6/12

オフ。

風呂に入り、アールグレイを入れて、テラスで読書。
良く晴れた琵琶湖。
さすがにキャップを被らなければ、まぶしい。

吹き抜ける風が心地よい。
Macは無線LANに繋がっているので、インターネットラジオをキャッチし、smooth jazzをBGMにすることができる。耳鳴りも気にならなくなる。

あと一ヶ月もしないうちに、一つ年を重ねるのだなあと、ふと思う。あれこれとあるが、私は幸せだと思う。そして、この幸せを私の出来る範囲で、社会に還元しなければならないなあと思う。

私のオフは、子守りであることが多い。
今日は奥さんが出かける準備をしていたら、娘が自分も行くもんだと思ってしまい、奥さんが出かけるところで大泣き。こうなると私では手に負えない。

可哀想、可愛い。
二つの感情が交差する。

娘を見ていると、自分の人生を早送りで見てみたいという気がしてくることがある。自分の人生では間に合わない娘の人生の時の流れ。どんな風に流れて行くのかを見ておきたいという思いに駆られる。

当たり前だが、それは無理。一日一日を受けとめて生きて行くことができたものだけが、少しそこに辿り着くことができるというのは、知っている。が、無い物ねだりをするのも人間である。

子守りをしつつ、読み終えたのが『沈黙の艦隊』である。モーニングで連載していた時は、途中でモーニングそのものを読まなくなってしまったので、一緒に読まなくなっていた。で、ここで読み終えたわけである。

masashi 君の言われる通り、名作である。息をもつかせぬ展開であった。人類の抱える核廃絶の課題をこのような形で書き尽くす話だとは思ってなかった。

自分に与えられた「天命」を感じた者は、その天命の実現のためにがむしゃらに生きるということなんだろうなあ。生きているではなく、生かされているという自覚と言っても良いのだろうか。若い頃の私なら、考えることもなかったろうなあ。

私に天命があるとすれば、あれなんだろうなあと思ったりしながら、満足のうちに読了であった。

その後、娘と二人で買い物に出かける。
本と服を購入。

デパートは、彼女に取っては宝の山である。
一人で買い物をする時の三倍は時間が掛かるなあ。
好奇心の固まりだもんな。

夜は購入した本を読みながら過ごす。
琵琶湖は、夜景も奇麗である。

Imgp8221

« ちょっと待て、と思う | トップページ | こんな贅沢で幸せな週末 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ちょっと待て、と思う | トップページ | こんな贅沢で幸せな週末 »