« 茜さす紫野ゆき標野ゆき野守は見ずや君が袖ふる | トップページ | 野口芳宏先生が、千葉県教育委員に »

2009/06/21

本は、すでにテキストが入っているノートなんですよ

6/20

昼前に研究室に向かう。あれこれの事務仕事等を行う。
そこに、携帯電話が鳴る。
(ん、あ?)
中学校の時の卒業生からの電話である。
出てみると、切れている。
こちらから掛け直すと、
「すみませ〜〜〜〜〜〜〜ん」
と本人。

ははっは。
お子さんの悪戯ね。
『いやあ、良くあるんだよ。うちは。ほら、あいうえお順だと最初の方だろ。だから、赤ちゃんが掛けやすいんだよね。で、どう、元気?』
彼はいま東京で小学校の先生をやっている。幸いなことに、仕事も家庭も順調のようだ。

こういう悪戯からのコミュニケーションは、いいなあ。

今週読み終えた本を、ざっと再読する。『多読術』(松岡正剛 ちくまプリマー新書)が一番良かったかな。

私がどーんと持ってかれたフレーズは、これである。

p.86から引用開始 ーーーーーーーーーー

本は、すでにテキストが入っているノートなんですよ。

引用終了 ーーーーーーーーーー

そう。だから、いつも筆記用具を持って読むのである。だから、図書館ではなく、本は買うのである。本ではないのだ。テキストの書いてあるノートなのだ。分かりやすいなあ。

夕方から、人と会う。
あれこれ、あれこれ。

いろいろとあるよなあ。
ご迷惑をおかけします。

ありがとうございます。
これからもよろしくです。

« 茜さす紫野ゆき標野ゆき野守は見ずや君が袖ふる | トップページ | 野口芳宏先生が、千葉県教育委員に »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 茜さす紫野ゆき標野ゆき野守は見ずや君が袖ふる | トップページ | 野口芳宏先生が、千葉県教育委員に »