« 「子ども守り隊 守るんジャー」京都橘大生 | トップページ | 連絡 »

2009/07/10

和蠟燭を一本立てて、桃ビールを

7/10-2

朝から明日の講座の準備をしようとあれこれしているのだが、どうも進まない。こう言う時は、資料を揃えることが大事である。クリエイティブな方がうまくいかない時は、やれば出来ることを進めて、クリエイティブな部分に灯がともるのを待つのである。

待つのであるが、どうも午前中から眠気が襲う。熊に襲われたわけではないので、安心して襲われて寝ることにする。部屋の風が通り抜けるところに体にフィットするソファを置いて、足を琵琶湖に向けて寝る。

ああ、午前中が過ぎてしまった。

で、午後は塩加減を失敗したパスタを食べた後、営々と準備に勤しむ。
勤しんだのだが、研究室にいくつか忘れ物をしてきてしまったことに気がつく。これがないと明日の講座が出来ない。

ううう。
夕方になって研究室に向かう。
折角来たのに、また明日の朝
(あ、あれもない!)
とならないように、一つずつ確認する。

よし。
大丈夫だろう。

夜は、静かに和蠟燭を一本立てて、桃ビールを味わう。こないだの日曜日の誕生日会(って、もう一週間ね。早いなあ)でやった桃ビールが、桃の不出来により残念な結果になってしまったので、やり直しである。糖度11.5度でお値打ち品の桃である。これでダメなら、もう今シーズンは諦める。

Imgp9101

あは、うまひ。
やはり桃ビールはうまひ。

そして、本当に静かだ。
対岸の噴水の音までも聞こえてきそうなくらい、静かな夜だ。
サマーキャンドルと桃ビール。
相性がいいかもしれない。

« 「子ども守り隊 守るんジャー」京都橘大生 | トップページ | 連絡 »

コメント

うーむ。いいですねえ。
最近、お酒の話題にしかコメント差し上げていない気がして、反省しきりですが、しかしやっぱり素敵な空気が漂ってきます。

私は今日は、ワインにオレンジを浮かべてサングリアを作りました。夏は果汁を使ったお酒、なんだか合います。

>>夏は果汁を使ったお酒、なんだか合います。

そうなんですね。合うんです。ジントニックにライムなんて定番から、あれこれ楽しめるのがいいですよね。サングリアはあまりやりませんが、機会があったらやってみましょう。

男一人で家で何をしているんだという突っ込みもありますが、こうして静かな時間を持つということも大事だと思ってます。ま、大体そのまま寝てしまうのですがw

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「子ども守り隊 守るんジャー」京都橘大生 | トップページ | 連絡 »