« ボランティア講師としてお招きいただいた | トップページ | 夜風も気持ちいい »

2009/07/22

そんな中で、研究入門ゼミ

7/22

日食である。そんな中で、研究入門ゼミであった。

『あー、窓際の君。そう、君だ。君に今日は特別委員を任命する。日食観察委員である。雲の切れ間から太陽が見えたら、すかさず報告するように』

と伝えて、授業を進める。
何気なく私が外見ると、雲の切れ間に太陽。

『あれ、見えるじゃん』
「え〜」
と我が一回生ゼミ生。

すると、五階の教室に三階から届く叫び声。理科教室のテラスで観察していた学生たちの声である。

そうなったら授業どころではない。みんなで観察。雲が良い感じにフィルターになるので、奇麗に見えた。良かった良かった日頃の行いである。日頃の行いは、ある程度悪い方が良いのかもしれないf(^^;。

『次回の日食の時は、君たちは担任をしていて、子どもたちと一緒にこうして見ているのかねえ』
と話すと、学生たちはまんざらでもないような顔をしていた。その時、今日のことを少し思い出すかもしれないなあ。

研究室に戻ると、父親から電話がかかった形跡があった。
電話すると、良かった、無事予定通りに退院であった。弟が仕事を休んで車で迎えに行ってくれたとのこと。ありがたい。

父も元気になった声だった。
京都にいて東京に見舞いに行けないので、手紙を書いたがこれを喜んでくれていた。多少は親孝行できたかな。

『今度の日食は2035年だね。そこまで頑張ろうか』
「そうだな」
なんてことを会話する。
長生きしてください。

さて、それから会議である。
3つの会議。
合計で6時間以上行っていた。

ふう。疲れたなあ。
だけど、今日は飲まないで寝よう。
夏休み前、結構嬉しいパーティが続く。また、夏休み突入後、一気に講座講座となる。
夏バテが始まっている体をいたわろう。

さ、今日はおしまい。

« ボランティア講師としてお招きいただいた | トップページ | 夜風も気持ちいい »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ボランティア講師としてお招きいただいた | トップページ | 夜風も気持ちいい »