« この『キャプテン』の世界を大学生に | トップページ | 三回生ゼミの第一回の合宿 »

2009/08/29

寝屋川市教育フォーラム2009

8/28

寝屋川市教育フォーラム2009の、パネルディスカッションに登壇した。パネラーは、北川達夫さん@日本教育大学院大学と桑山裕明さん@NHKエデュケーショナル。実に豪華である。キャリアの違うみなさんと、一つのテーマについてあれこれ語る。これは実に楽しい。

テーマは、「言語力の育成をめざして ー「わかる」型と伝える技術ー」というもの。私が司会進行も任されての2時間であった。

後で事務方から伺うと、総計で1500人もの方がこのフォーラムに来ていたとのことである。

会場は、寝屋川市立市民会館大ホールであった。まあ、なんと言いましょうか、こう言うところに来ると元文化行事委員長としては、合唱コンクールの血が騒ぎますねえ。思わず音響を調べてしまいました。

(パネルディスカッションではなく、ギター一本で歌いたいなあ)
なんて不謹慎なことも思ったりして。

全体の流れとしては、

0)司会からの紹介 3分
1)池田挨拶 3分
2)各自から提案 15分×3
3)4)会場からの質問の受付/休憩(出演者打ち合わせ) 5分
5)お互いの提案への質疑、応答 30分
6)会場の質問への応答 20分
7)各自のまとめ 3分×3
8)司会の挨拶 3分

という流れを作って行う。

私は、PISAや文化審議会の答申の求めている言語力とはちょっと違う観点から提案。北川さんは、世界の政治や文明、さらに経済界からの視点で提案。桑山さんは番組づくりと授業づくりの相関からの提案であった。

キャリアの違う三人の話がリンクして行きながら、一つのテーマを検証するパネルディスカッションになった。やっていて面白かったなあ。

また、さすがのお二人で、時間をばしっと守ってのパネルディスカッションであった。一人が話しすぎるでもなく、時間を伸ばすでもなく、それでいてクオリティは高く保つ。司会をしていて、とても嬉しかった。

予定時間の1分前に終了することもできた。
ま、良い話でも時間が延びてしまうと奇麗に終われないですからね。

その後、スタッフのみなさん、パネラーのみなさんと食事会。
これまたあれこれを伺えて、非常に面白い。
やっぱり懇親会に参加しない勉強会はつまらないなあ。

次の仕事のアイディアやお願いやらをされながら、一日は終わった。
良い時間であった。

« この『キャプテン』の世界を大学生に | トップページ | 三回生ゼミの第一回の合宿 »

コメント

どうも、お疲れさまでした。
司会、かっこよかったですよ。
評価の仕方が変ですが、キレがあり妙にかっこ良かった、です。

いつも思うのですが、池田さんって
外でみたら「かっこいい」ですよね。
いつも身近にみているので、そんなでもないのですが(-_-;)すんません。

おふざけやちょか(ローカル関西弁)さ加減がないのがいいのかなあ~~?


gahahaさん、わざわざお越し頂きましてありがとうございました。

>>司会、かっこよかったですよ。
評価の仕方が変ですが、キレがあり妙にかっこ良かった、です。

ありがとうございます。「妙に」というのが嬉しいです。

>>いつも思うのですが、池田さんって
外でみたら「かっこいい」ですよね。

f(^^;。
ですが、どこに行っても全く変わらないという評価もあるんですがねえ。インターフェースの部分は変えますが、展開されて行くと、同じようになって行っているのだと思っています。

とまれ、一つのまとまったシンポジュームになったようで、ホッとしております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« この『キャプテン』の世界を大学生に | トップページ | 三回生ゼミの第一回の合宿 »