« 一番大切なスケジュールの確認 | トップページ | さ、後期が始まった »

2009/09/24

世話焼き女房型

9/22-4

私が大学に行っている間の、娘と奥さんの会話。

「お父さんはね、お仕事。△△ちゃんもお仕事」
と奥さんが娘に言う。
すると、娘が
「いいなぁ、○○も、お仕事したいなぁ」
とのこと。

そういう娘はよく働く。
洗濯物を干す、畳む。さらに料理の手伝いは結構なもの。

お箸、箸置き、ご飯茶碗のみならず、お味噌汁の入ったお椀をテーブルまで運ぶ。

今晩はお風呂に入るときに、自分でお茶とタオルを持って準備をしていた。長風呂の娘は、入浴中に外にいるお母さんにお茶を所望する。顔を拭くタオルも。

ところが、今日は自分でお茶とタオルを持参して、風呂場にセットしてから服を脱ぎ始めた。ちなみに、私のタオルもセットしてくれた。

お風呂の中では、自分の飲んだお茶を、私にも飲めと勧める。風呂から出ると、ビールを注ぎ枝豆を食べさせてくれる。世話焼き女房型である。うれしい。

でれでれの父である。

写真は、娘がお気に入りのパンダ。本人が撮影。

Pnd

« 一番大切なスケジュールの確認 | トップページ | さ、後期が始まった »

コメント

自分の飲んだお茶を、私にも飲めと勧める。風呂から出ると、ビールを注ぎ枝豆を食べさせてくれる。世話焼き女房型である。うれしい。

ご指導の賜物ですね。

相方と僕だと
どうも僕の方が世話焼き女房型のようです。
よそから見ると全く逆に見えますが。

これも相方のご指導の賜物でしょうか。

>>ご指導の賜物ですね。

それがねえ、指導していないのですよ。
子どもの中に備わっている、自立という種が芽を出したという感じでしょうか。ご飯を食べさせてあげたり、水遊びをさせていたりする中で、
(今度は自分がやる!)
というようになっていったという感じです。

十分にしてあげると、してくれるという感じですね。

>>これも相方のご指導の賜物でしょうか。

やがてしていただけるのでは(^^)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 一番大切なスケジュールの確認 | トップページ | さ、後期が始まった »