« 比較検討である | トップページ | 「まんざい!」 »

2009/09/23

ありがとう、R53

9/22

Mini1_2

いろいろなことがあって、R53、MINICOOPER-Sとお別れすることになった。魔性の車で本当に楽しかった。娘が大きくなったら助手席に乗せて琵琶湖沿いをクルージングするのが一つの夢だったけど、お別れすることになった。とても悲しい。

車には移動するための車と、運転するための車があるということに気がつかせてくれたのも、この車だった。

2000回転からきちんとスーパーチャージャーが利いて、フラットなトルクで加速。センターマフラーからは独特な排気音とともに、きちんと6500回転まで回っていたエンジン。二速で引っ張るとき羽根を付ければ飛ぶと確信できた。固めのサスペンションは、思った通りの道をトレースしてくれた。

可愛いデザインと見えるフロントマスクも、時に凛々しくも見え、インテリアはアルミの削りだしでびしっと締めて、精悍さを出していた。シートは腰に負担がなく、東京までの450kmを走り終えた後、すぐに京都に戻れと言われても問題ないぐらいの作りであった。

5万キロを越え、ますます調子が良くなって来たのではあったが、お別れすることになった。

新しい相棒も、これから楽しい時間を用意してくれるだろう。
ありがとう、R53。Mini2_2
よろしく、新しい相棒。

p.s. このブログを書いているときにitunesから「横顔のタクシードライバー」が流れてきた。うーん、さらに泣かせてくれる。

« 比較検討である | トップページ | 「まんざい!」 »

コメント

出会いと別れは,ちょうどのタイミングでやってくるといいますからね。

私は'92年モデルで17年乗ってます(^^♪
別れられないのでしょうね。

三年に一回乗り換えると言う乗り方もありますが、私はそうではくてできれば10万キロ以上という思いでいました。でも、ま、色々あるわけで。

新しい相棒と楽しんで行きます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 比較検討である | トップページ | 「まんざい!」 »