« 明日の教室 11/3 演劇で教育 いよいよ明日 | トップページ | 11月の明日の教室 »

2009/11/02

「声」が落ち着いた

11/2

良い子の私は、ぐっすり寝たので熱は下がり、声もまあまあ出るようになった。
剣道や歌や謡で鍛えたためか、喉は結構強いようである。

久しぶりのゼミは、なかなか面白かった。

実習中のエピソードをあれこれ語る学生たち。それにうなずく学生たち。コメントする私。またそれにうなずく学生たち。学校は違っても子どもたちと一ヶ月間過ごすということが、学生たちを共通の、またレベルの上がった土台に導いてくれたようだ。

ご指導いただいた先生がた、付き合ってくれた子どもたち。ありがとうございます。

実習を終えた学生たちを見て、顔つきが締まったという思いもあるが、今回新たに思ったのが、「声」が落ち着いたということである。単に疲れているということではない。声が、学生のものから少し変わっているのである。

恐らく、話をするときに吸い込む息の量が増えているのだと思う。しっかりと吸ってしっかりと言葉を音に載せることが、少し出来てきたのだと思う。自分の声がどう響いているのかを、すこし感じることが出来てきたかなと思った。

息をきちんと吸っていない発声は、聞いている側が疲れる。花須川はどうでもいい。本人の問題なのだから。授業は、聞いている側が疲れてはダメである。ここが大事だ。それが出来始めている学生が多く見られたのは、
(をを、進歩だなあ)
と思うのである。

その後、三回生の模擬授業の事前指導。さらに、再来週の校内研修会で授業を行う新人の先生が研究室に。事前の指導をお願いしますということで指導。さらに、来週の小学校の校内研修会の資料づくりに、・・・。

あれこれやって、明日の「明日の教室」の資料のチェックに流れの確認。勢いがついてしまったので11月に出る本の校正まで頑張る。なんのことはない、21:00まで研究室であった。

さ、明日は楽しみ楽しみ。

« 明日の教室 11/3 演劇で教育 いよいよ明日 | トップページ | 11月の明日の教室 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 明日の教室 11/3 演劇で教育 いよいよ明日 | トップページ | 11月の明日の教室 »