« 2009年4月5日 - 2009年4月11日 | トップページ | 2009年4月19日 - 2009年4月25日 »

2009/04/17

何かが伝わったようである

4/17

研究日。さあ、頑張るぞと7時前に起床した。
が、さすがに眠い。昨日の夜はずっとレポートを読んでいた。

先週立命館の衣笠で行った授業の感想文が、大学事務方から送られてきた。400人分である。300字から600字ぐらいの手書きのレポートである。

こういうものは、同じタイミングで読まなければならない。ここまで読んで、あとは明日というのは良くない。評価の基準がずれてしまうからである。

さらにえば、今週末(を、明日だ)には草津のキャンパスでも同じ講演をするので、全体の感想を読み込んでおく必要がある。だから、必死に読み続けたのだ。全体的な感想としては、使っている漢字が、本学よりも難しい漢字であった。本学の諸君、がんばれ(^^)。

ということで、食事後に読み始めたのであるが、気がついたら3時ぐらいになっていたというわけである。

400人のうち、2人の学生は正面から否定してきた。が、あとは良かったと言う意見であった。

否定してきた学生の文章は、根拠が示されていなかったり、代案が示されていなかったりしたので、そこの部分を指摘し、批判をするように促した。

学生の意見を一つ載せる。

引用開始 ーーーーーーーーーー

おもしろかった。

はじめ講演なんて、正直ダルいなあと思って寝てしまうだろうと予測していた。授業がはじまってみて、そんな気持ちを持っていたことを一切忘れてしまった。

テンポ良く展開される授業に眠気など全く起こらず、ぐいぐいと先生の世界へ引き込まれていった。どの話も実践で活かせるものばかりで改めて、教師になるということ、免許を持つ責任について自覚させられた。

先生の講演を聞き終わり、盛大な拍手に包まれたこの教室の空気は、やはり池田先生だったからこそ作り出せたものだと思う。きっと授業の流れ、時間配分などきちんと計算されていたのだろうと思わせる内容だった。

教師になろうとしている私にとって、生徒に寝られるというのは非常に腹が立つことというのは理解できる。でも生徒が眠るのには教師にも責任があるのだなあと思った。おもしろい授業をすれば生徒は喰い付いてくる。周りの友だちで「おもしろくて寝られへんかった」と言っていた。大講義なのに寝ている人はいなかった。先生の力って本当に大事だと感じた。

これから本を読み、勉強もたくさんしようと思った。今日は本当にありがとうございました。

引用開始 ーーーーーーーーーー

何かが伝わったようである。
良かった。

で、今日は頼まれている原稿の整理をするぞ!と気合いを入れて起きたのであるが、さすがに3時間睡眠では眠く、娘の午前中のお昼寝につきあっていたら、お昼過ぎに目覚めると言うことであった。

ま、体調を整えるのも研究には大切なこと。

校正原稿をあれこれ書いているのだが、これがなかなか終わらない。とあるところで連載していた原稿なので、書けてはいる。だが、あれこれ整合性を満たすために時間をかけているのだ。

うーむ。この週末では終わらないなあ。
かといって、ちゃちゃっと終わらせる原稿でもないしなあ。

いくつかのメールを書いて、臭いウイスキーを楽しみ、懐かしい曲を何曲か聴いて、一週間が終わるのだ。

写真は、大学の紅しだれ桜。
包まれて吸い込まれそうである。

Benisidare









さ、明日は草津の立命館だ。

明日の教室本 執筆者一覧

明日の教室本 執筆者一覧

出版社のHPにも載りましたので、私のブログでも載せることができます。
豪華だと言い続けてきた理由の一端がお分かりいただけるかと思います。

このメンバーで学校を作ったら、相当凄いだろうなあなんてことを思ったりもします。

っていったい誰が校長をするのだろうかf(^^;。

 代表編著者紹介(肩書は発刊当時、敬称略)
  池田修…いけだ・おさむ/京都橘大学准教授
  糸井登…いとい・すすむ/京都府宇治市立菟道第二小学校教諭

 シリーズ執筆者一覧

  青山新吾(岡山県教育庁指導主事)
  赤坂真二(上越教育大学准教授)
  阿部隆幸(福島県本宮市立糠沢小学校教諭)
  石川晋(北海道上士幌町立上士幌中学校教諭)
  岩瀬直樹(埼玉県狭山市立堀兼小学校教諭)
  梅本裕(京都橘大学教授)
  北川達夫(日本教育大学院大学客員教授)
  佐藤正寿(岩手県軽米町立笹渡小学校教頭)
  澤田清人(京都市教育委員会指導主事)
  杉浦元一(東京都杉並区立和田中学校教諭)
  仲里靖雄(京都・立命館小学校教諭)
  筑田周一(女子聖学院中学校教諭)
  土作彰(奈良県広陵町立広陵西小学校教諭)
  土居裕士(岡山県岡山市立芳泉小学校教諭)
  中村健一(山口県岩国市立通津小学校教諭)
  西川純(上越教育大学教授)
  野口芳宏(植草学園大学教授)
  野中信行(横浜市立中沢小学校教諭)
  平田オリザ(劇作家・演出家)
  藤田恵子(埼玉県所沢市立北小学校教諭)
  堀裕嗣(札幌市立北白石中学校教諭)
  松原弘(岡山県岡山市立高島小学校教諭)
  山川晃史(三重県教育委員会指導主事)
  山口裕也(東京都杉並区済美教育センター主任分析官/経営支援スーパーバイザー)
  山田雅彦(東京学芸大学准教授)
  横藤雅人(札幌市立北郷小学校教頭)

お楽しみにお待ちください。

見てくださる方は見てくださる

4/16

国語科教育法1も一回目を終えた。これで今年度前期の授業はすべて一通り行ったことになる。名簿の名前だけでなく学生の顔もみることができた。いよいよである。

昼ご飯を食べて研究室に戻ってきたら、研究室前の教室が騒がしい。何のことかと思いきや、学生たちが板書課題の練習をしていた。今週の課題は、自分の名前を大きく書くである。

教育実習にいったとき、最初に黒板に自分の名前を大きく書く。その名前の練習である。板書にはさまざまな技術が必要である。書道をやっていたとしても、板書となるとまた別の技術が必要になる。なかなか書けない。私も学部の二年生のときに、半年ぐらい練習した。

書道をやっていても半年掛かる。教育実習が半年後に迫ってきた学生たちである。いまからやってぎりぎり間に合うかどうかであろう。

私は後ろから見ていたのだが、
(こりゃあ、ちょっと指導してやった方が良いな)
と思いあれこれ指導する。

文字の結構法が分かることと、チョークの使い方が分かること。大きく言うとこの二つが分からないと、読みやすい字を黒板に書くことは出来ない。もちろん、その先に板書の構成なども学ぶことになるのだが、まずはこれ。

私がちょこっとお手本を示して、結構法の勘所を示す。すると、グンと良くなることが分かる学生たち。
「すごい!」
と言うわけである。そして私。
『そう、良くなったね。そして、これからは君たちがこの感動を子どもたちにあげるわけだ。先生に習ったら字がうまくなったと言われるような力をつけるのだよ』
と。

学生たちは私の書いた字をデジカメで撮影して、お手本にするようだ。良い時代である。

Bansho

 

研究室で他の学生の面談を何名か。
履修方法についての相談だ。
どうぞ、あなたのやりたいようにしてください。

その後、稲田塾の前田先生の訪問を受ける。
あれこれ2時間ぐらい話す。
私に何が出来るかわからないが、引き出していただけるのであればご活用いただければと思う。

研究室を出て、車で駅までお送りしようと駐車場に向かう。
児優館の二階には三回生があれこれしていた。メディアセンターからは一回生が出てきた。

そのどちらもが席から起立して挨拶をしたり、歩みを止めて挨拶をしていた。それを見た前田先生が、
「いやあ、すばらしいですね」
との言葉を下さる。
「ご指導ですか?」
『はい』

見てくださる方は見てくださる。
さっと出来た諸君、成長しているな。

その後、折角なので琵琶湖にご案内。
琵琶湖は今日も広かった。

研究入門ゼミも開始だ

4/15

研究入門ゼミも開始だ。
一回生のゼミで、大学での学び方を学ぶゼミである。

今日やった内容は、以下のもの。

    1)    事務連絡 配布物
    2)    この授業のルール
    3)    児童教育学科での学び
    4)    大学の所属委員会の確認
    5)    ネットの活用について
    6)    課題提示

これら盛りだくさんのことを90分でやるのだから、結構大変。
『メモを取れ』
と言われている学生たちはさらに大変だ。
が、ここを頑張れなければ力はつかない。

意欲のあるものが学べるのが大学。
意欲があっても、簡単には良くなれないのが人間である。
そこをなんとかするのが、教育と言う営みであろう。

時間があまったら満開の八重桜を背景に写真を撮ろうと思ったが、今回は時間切れ。
八重桜は結構咲いているから、来週もう一度挑戦だ。

昼休みに会議。
その後、食事だ。
ふう。

さらに本日は、教職保育職支援室主催の、第一回教員採用試験対策ガイダンスが行われた。想定していた参加者数を遥かに超えて、満員の教室であった。

おーし。
本気で頑張ろうとする諸君は、きちんと指導支援するぞ。そして、それを可能にする先生方をお迎えすることができたと思っている。

夜は学科の歓送迎会。
立ち上げから二、三年間を学科の要職を務められた先生方が、その役を降り新しい先生方にバトンタッチ。さらには、新しい先生方をお迎えしての、歓送迎会であった。

これが実に楽しい会であった。
あちらこちらから、更なるビジョンが出され、くだらない話や実りある話をしながら、おいしい食事を頂く。

このメンバーの一人でいられることを、本当に嬉しく思う。

さ、明日は国語科教育法1の授業である。
どんな学生たちが集まっているのか。楽しみである。

2009/04/15

円周の上を歩く

(こいつとは絶対気が合わないな)
と思う奴がいる。
その通りのこともある。

だが、気がつくと、
(あれ、なんだか凄く近い物を感じるな)
ということがある。

これはなんなんだろうかと思ったことがある。

最近思うのは、円周のある二点に背中を向けて座っていただけではないかということだ。

円周の一番遠いところにいる。
背中を向けているのだから。

だが、歩みを進めるに従って、円周に従って歩むに従って、
一番近いところに来る。円周の上を歩いていたいだけということに気がつくことがあるのだ。

だから、時には、一番近い人が一番遠い人であり、一番遠い人が一番近かったりもすることもあるのだろう。

馬齢を重ねることだって、面白い。

2009/04/14

書籍 『明日の教室』 完成!!

いよいよ書籍『明日の教室』が刊行されます。
編集者さんからメールが届きました。

(1)4月20日・第1巻完成予定です!
・とうとう第1巻から刊行が始まります。4月20日の予定です。
・以後,毎月20日前後に刊行するように進めていく予定です。
・20日までに本ができあがれば,その月のうちに書店に並ぶとのことです。第1巻はなんとかゴールデンウィーク直前には書店に並ぶことになります。
・値段は税込み1890円に押さえました。

(2)宣伝
・すでに小社のホームページに「予約受付中」として紹介しています。
http://www.gyosei.co.jp/home/books/book_detail.html?gc=3100501-01-000
・現在は刊行前なのでセット予約のかたちとなっていますが,発刊順に1冊ずつでも買えるようになります。
・このシリーズは,小社の販売重点図書になりました。「公立共済メンバーズカード」をお持ちの教師の方は,小社のWebサイトから申し込めばポイントが20倍アップするという特典付です。

自分たちで企画しておきながら、なんか凄いことになっているなあと思っております。
そして、実際、凄い本になっています。
楽しみにお待ちください。

「毎度ありがとうございます。お会計は別々でしょうか」

琵琶湖。
久しぶりの雨。

新学期が始まって体が高揚しているのか、目が覚めるのが早い。今日も五時台に起きてしまった。体は眠たいのだが、気持ちの方が寝るモードにならないので結局起きてしまった。

メールをチェックし、届いた雑誌を読み、本を読み、原稿と講演の予定を確認し、少し原稿を書く。二時間なんてあっという間だ。
今思えば、朝にもっと寝ておけば良かった。それほど、今日はヘビーだった。

授業の前に、斎王桜がどうしても見たかったので、雨の中、上賀茂神社に向かう。
ここまで来る観光客は少ない。
が、修学旅行のタクシー移動の生徒たちが来ていた。

タクシーだと、ここまで来るのは簡単だし、運転手さんに言えば、今見頃の場所に連れて行ってくれるはずだ。今日は長野県の中学校が多かったな。
中学生で、上賀茂神社の斎王桜を愛でるか。すごいねえ。

堪能。

Saiou

大学に行く前に、お気に入りのラーメン屋でラーメンを食す。
ここで大盛りにしておいたのが、正解。
夜までお腹をすかすことがなく仕事ができた。

カウンターで食べていたら、何気なく聞こえてきた会計の声に閃く。

二人の男のお客さんが、食事を終えて会計に向かって行った。
レジの人が次のように話した。
「毎度ありがとうございます。お会計は別々でしょうか」
と。

私はボールペンを取り出した。が、メモ帳を車に残してきたのを思い出し、
カウンターにあった紙ナフキンにメモした。
「毎度ありがとうございます。お会計は別々でしょうか」
と。

これ、おかしくありませんか?

大学に着いてメールボックスを確認したら、NHKからの手紙。
なんだろうと思ったら、「伝える極意」の最終回でお世話になった小学校の先生と児童のみなさんから、お手紙。
ああ、嬉しいなあこういうの。お返事書きますよ。ちょっと、待っていてね。

授業は、「教科教育法 国語」を二つ。同じ内容をやる。クラスを二つに分けているわけですね。
例え話が微妙に違ってしまうが、これは仕方がない。大筋では同じになるが、その時のクラスの反応によってコネタは変わる。
良いコネタを先生から引き出すのが、学習者の力量である。

今日は、授業開きの仕方の理論と実際。私が中学生にやっていた方法を見せながら、あれこれ説明し、考えさせる。
要は、
(この授業楽しみだな。早く続きを受けたいな)
と思わせるように行うのだ。
もちろん、何事もなく進めて、いつの間にか授業スタイルを確立して、うまくいくと言う先生もいると思うが、
私は、授業開きでいろいろなことを入れる必要があると思っている。

で、早速
「毎度ありがとうございます。お会計は別々でしょうか」
のネタを授業で活用。

さて、学生諸君はどんな答えを出すのでしょうか。

授業後、とある教育委員会から相談を持ちかけられ、研究室で打ち合わせ。
授業の前に、授業の準備をしていたら
「先生、今日の夕方は空いていませんか?」
との電話があったのだ。切迫している感じがありありだったので、お引き受けする。

二時間弱、あれこれと。
お役に立っていれば嬉しい。

(さあ、授業の準備だ!)

と、やっと自分のことに取りかかり始め、調子が乗ってきたときに電話。
むむむ。
仕方なしに、出る。
すると

「池田先生でいらっしゃいますか?」
『はい』
「こちら、XXX~で税金対策で、」
『結構です』

マンション売りである。以前にも直通電話で掛けてきたな、この業者。どこから電話番号が漏れるのだろうか。
まったくもう、こんな電話に出て浮かんできたアイディアが消えてしまったらどうしてくれるのだ。

とまあ、怒濤の一日。
だけど、マンション以外は良いことだらけだったかな。

明日も忙しいぞ。

2009/04/13

一年間での成長を期待する

Benishidare
本日から、私の授業は開始。
学内の紅しだれ桜は満開である。
最初は専門ゼミである。

自己紹介、学んでみたいこと、春休みの様子などを一人一人に語らせて、私が質問をする。
意欲のある学生たちが集まっているようなので、楽しみである。ゼミは、なんといっても学生たちが主体になってやらなければならない。
私は方向を示すことが仕事であり、具体的なことは学生同士で作り上げて行くものだと考えている。

このゼミの進め方を確認し、前半で読んで行くテキストを指定しとしていたら、あっという間に90分が過ぎてしまった。
慌てて学内の一番美しい場所に移動する。学内はソメイヨシノが散り、八重桜が満開である。京都の桜の時期は長いのである。
この八重桜をバックにして、ゼミ生の集合写真を撮影する。

09ikedaseminar2

しみじみ私は教員なんだなあと思うことがあった。
彼ら彼女らの姿をキャンパスで見ていたら、切なさをこの時は忘れ、寝違えた首の痛みもこの時は消えていた。
まったくなんてこったf(^^;。

一年間での成長を期待する。

2009/04/12

晩春の光を浴びて、琵琶湖はあくまでも美しい

いかんなあ。
切なさが抜けきらない。
明日から本格的な授業が始まるというのに。

寝違えてしまったからかな。
ユーミンなんかを聞いてしまったからか。「Yuming Compositions:FACE」

ユーミンなんて久しぶりだな。
この声や、この編曲の癖を聞いていると、
高校時代や、奥さんと出会った頃のことなどをなんとなく思い出す。

晩春の光を浴びて、琵琶湖はあくまでも美しい。

Rimg1058

昼前の散歩として、ガーデンに出かける。
寝違えた首が痛く、抱っこを求められてしまうと辛いので今日は車で行く。

刈り取った芝生の上に裸足で降り立ち、新緑が作る陰の中で寝転がる。
寝返りを打とうとすると、激痛。
相当まずい。

娘は、
「あっち、あっち」
と自分が行きたいところを指差す。折角寝転がったのにと思いつつも、そちらに向かう。
この繰り返し。

今日はいつも見たことがないくらいの人の多さ。
といっても、見渡す限りに5、6組ぐらいというところか。

昼ご飯の時間になったので帰ろうとしていたら、後ろから
「池田さん!!」
という声。しかも聞き覚えがある。
(誰?)
と振り返ると、なんと糸井先生。

「いやあ、池田さんのお気に入りのガーデンだから、いるかなと思ったら本当にいたね」
と。奥さんと一緒にガーデン横のレストランで食事をした後に散歩ということであった。

縁のある方というのはいるものだと、しみじみ思う。

園内を我が庭のごとく、説明して歩く。
娘は、恥ずかしそうに私に抱っこされたまま。
あああ、首が痛い。

自宅に戻ってお昼ご飯を食べてから、首の痛さに負けて昼寝。
娘は元気にベッドで遊んでいる。
おい、お昼寝しようよ。

3時間ほど寝た。
娘は寝ず。
そこで、仕方なしに遊びに付き合う。
仕方なしでも、嬉しさを感じる私ではあるが。

ボールでお手玉をしてあげたら異様に喜ぶ。
本人もやりたいのだが、結局同時に投げておしまい。そりゃあそうだ。まだ前にもしっかりと投げられないのだから。それでも楽しそうに何回も二つのボールを投げて遊ぶ。

それがあってか、結局その後、娘は爆睡。

夜、もう一度今週から始まる授業のおさらい。
首の痛み、明日にはもう少し良くなっていることを願う。

反省文の書き方

自由に使える読書感想文〜センセイが書き方を教えてくれない読書感想文、さっさと片付けて、夏休みをエンジョイしよう!!〜

というサイトがある。
結構物議を醸し出している。

あれこれ文句を言う人たちは、こんなものをコピーペーストしたって何の力も育たないし、頭を使わないので馬鹿になるというような主張である。

そして、このサイトには姉妹サイトがある。

反省文の書き方教室〜学校提出目的に限り著作権フリー、自由に使える「反省文」です〜

である。
これなど、反省させるために書かせているのに、反省どころか書き写しである。お茶の子さいさいである。

私は笑ってしまったし、考えてしまった。

1)そもそも読書感想文というものは、必要なのか。
2)必要だとしても、国語科の教員は、読書感想文の書かせ方を指導しているのか。
3)反省文の書き方は、授業で指導しているのか?

1)について、私はいわゆる読書感想文というものを、自分の意思で宿題として出したことはない。書かせる場合は、感想ではなく意見を求めた。
2)その方法として書き抜きエッセイのやりかたを指導してきた。
3)であるが、この反省文の書き方は指導してこなかったと気がついた。

正確に言うと、3)は全体には指導してこなかったということである。指導せざるを得ない生徒には指導してきたが、その指導せざるを得ない生徒は、私のクラスで該当する行為をしたため、書き方を教えたのだが、それは長い目で見ればラッキーなのかもしれない。

人生において反省文を書く機会は、あれこれあるだろう。しかし、書かざるを得ない案件に遭遇した時、指導を受けていない諸君は、どうかくのだろうか?と考え込んでしまうのではないだろうか。

私は国語の力があったので、そのような案件に遭遇した生徒時代にもきちんと反省文を自前で書くことができたが、書けない仲間は「反省がなってない!」と二重に怒られることになっていた。

(指導していないことでできていなくて、それでいて怒るのはいかがなものか?)

という根源的な思いはこの辺りから醸成されたのかもしれないf(^^;。

今の時代は、
(え〜、反省文? どうしよう)
ということで悩んだら、
「反省文 書き方」
でグーグルで検索すれば、

http://www.google.co.jp/search?q=%E5%8F%8D%E7%9C%81%E6%96%87%E3%80%80%E6%9B%B8%E3%81%8D%E6%96%B9&sourceid=navclient-ff&ie=UTF-8&rlz=1B3GGGL_ja___JP231

のように出てくる。

私なら、この中からいくつかのサンプルを出して、
『さて、どの反省文が一番反省しているように思える? そして、それはなぜ?』
という授業をすることだろう。そして、架空の事例を出して、その事例に対しての句会方式の反省文コンテストをするだろう。

てなことを考え続けていても仕方がない。明日からの大学の授業の方をもう少し考えなければならない私である。

輪郭のきりっとした一日

北白川の桜吹雪を通り抜けて、立命館大学に向かう。
今日は立命館大学での授業があるのだ。
立命館大学の教職課程の最初の授業で、外部講師として授業をお願いされたのだ。

去年からお願いされていたのだが、去年は日程が合わなかった。今年もお願いされて、そこまで言われるのであればとお引き受けしたのである。

桜吹雪の中をくぐり抜けて行くのは、実に切ない。
人生の儚さをしみじみと感じる。

いかん。
授業に向けてテンションをあげなければならないのに、しみじみしてしまっている。昨日の名残もあるんだろうなあ。

Rimg0391

 

さて、400人を相手にする授業というのは、なかなか大変である。京都橘大学では考えられない。だが、やることは同じだ。声の大きさとか目の動かし方は変わるが、やることは同じ。

教職の導入であれば、彼らの意識の改革や、真剣に学ばなければならないと思う姿勢を作ることが肝要になる。これを90分でというのが、ミッションであろう。

最初の10分ぐらいは、いつもと違う授業の進め方に戸惑っているようであった。いきなり、
『帽子を脱ぐように。飲み物は机上からしまうように』
と始めたことだし。だが、その後はいつもの私の授業のペースで進めることができた。

最後は、拍手を貰ってしまった。
ちょっと嬉しい。

終わってから急いで駐車場に向かった。
子守りが待っているのだ。

奥さんの友人が東京からやってきて、午前中は娘と一緒に回るのだが、夕方から娘の面倒を私が見るのだ。

なもんで、タッタカと衣笠キャンパスを歩いていたのだが、後ろから声をかけられた。産業社会学部の先生方である。竹内常一先生のお知り合いの先生であったり、本学の先生方のお知り合いの先生たちであったりであった。

立命館大学とはあれこれ交流のある京都橘大学であるが、嬉しいことであった。

寺町まで車を走らせる。
娘は奥さんに抱っこされて登場。もう、寝ていた。
気温と疲れで参ったのだろう。
車に乗せて、家に帰る。

娘は、自宅の駐車場に着いたとたん目が開く。
お母さんがいないことは不思議に思っていないようで、一安心。

エントランスの向こうに広がる中庭に行きたがっていたので、歩かせた。中庭に続く扉は結構重たいのでなかなか開かない。すると娘は何を思ったのか、私の持っている鍵の束を渡せとせがむ。

渡すと、鍵を握りしめて扉の鍵穴に入れてまわそうとする。もちろん、ここの鍵は管理人しか持っていないので、私の鍵では入らない。

だが、びっくりしたのは鍵と鍵穴の因果関係を理解しているということだ。脳みそのどこいら辺りをどのように使って考えているのだろうか。その時、言葉は使っているのだろうか。面白いなあ。

その後、遊んで、風呂に入れて、ご飯を食べさせて、歯を磨いて、お休みである。寝かせつけるときに寝違えてしまったのはご愛嬌。

輪郭のきりっとした一日であった。

« 2009年4月5日 - 2009年4月11日 | トップページ | 2009年4月19日 - 2009年4月25日 »