« 2009年6月14日 - 2009年6月20日 | トップページ | 2009年6月28日 - 2009年7月4日 »

2009/06/26

生きるって凄いな

午後から大学へ。
昼休みは研究室に。ゼミの学生たちには昼休みは研究室にいるぞと伝えておいたので、学生が来るやもしれんと思って待機していたが、こう言う日に限ってこないf(^^;。ま、それはそれでいいだろう。

ぎりぎりになったが、明日の関西青年塾の準備と、日曜日の授業づくりネットワークの学習会のための準備をする。

実は来年の「授業づくりネットワーク2010年夏」全国集会は、京都橘大学をメイン会場にして行うことが予定されているのである。そのための準備を始めるための会議が、行われるのだ。

一息ついたところで、何気なくニュースを見ていたら、マイケルジャクソンが亡くなったとのヘッドラインが目に留まった。50歳だと言う。早い。

マイケルジャクソンと言えばスリラーである。このダンスは、最初の学校で担任をしているときに、三年生を送る会で生徒が踊ったのを思い出す。群舞の面白さを教えてくれたのは、この曲だった。

あれから、20年近い歳月が過ぎたのか。

準備が一段落して、研究室を出た。
ふと前の教室を見ると、学生が私が出した板書の課題をやっている。
入門編が終わったので、いまは中級編の課題である。
ちなみに、今週の課題は   

引用開始 ーーーーーーーーーー

【板書課題 読み上げ書き取り】

今回の板書課題は、いつもと違います。授業中の生徒の意見を黒板に書き取るという課題です。

今までの板書は、読みやすさ優先で書く課題でした。今回の課題は、スピード優先です。たくさん書くことを優先してください。

【方法】

(A)(B)の二人一組になる。
黒板に書く人(A)は、チョークを持って次の指示を出します。
「今日は、教師の仕事、保育士の仕事についてみなさんから疑問を出してもらいます。では、廊下の一番前の人から順番に言って行ってください。ハイ、どうぞ」
読み上げる人(B)は、10分間にセットしておいたタイマーをスタートさせます。
(B)は、以下の内容を読み上げます。
(A)は、スピード優先で黒板に書きます。その際、
自分が後から読める程度の文字の読みやすさ
記号、省略は可能
聞き取れなかった場合は、聞き直しも可能。ですが、

途中でやり直しをしない
黒板消しを使わない
縦書きで行う。ただし、レイアウトは自由に工夫して。を守ってください。

10分間で書けた内容を写真に撮ってください。
10分以内に書き終わったら残り時間を、記入してください。

教師の仕事、保育士の仕事の疑問一覧

・保育士の仕事内容 
・休みはしっかりとれますか。
・ピアノのレベルは?弾けなくても良いのか。 
・どんな服でもいいのか。
・職場恋愛が発覚したらどうなるのか。
・髪型は自由か。
・エプロンはつけなければならないのか。
・私立と公立の給料の違い。
・教師になれなかった時、他にどんな職に就けるのか。
・一度にどれだけ教員採用試験を受けられるか。
・近くに住んだほうがいいのか。
・子どもに「食べてください」とどろだんご等をわたされたらどうしたらいいのか。
・子ども達とのアドレス交換は良いのですか。
・保育士の給食は足りるのか。 
・飼ってもいい、飼ってはいけない動物はあるか。
・おもしろい席替えは?
・食事する時間がなくなったりしないか。
・結婚してもやっていけるのか。
・アクセサリーはしていいのか。
・公立と私立の違い
・給食費は自分も払わなければならないのか。
・先生と生徒は学校外で遊んでいいのか。
・授業内容はどこまで決めてよいか。
・すごく腹が立ってなぐってしまったら?
・できちゃった婚はありか。
・遊ぶとき、どのくらいハンディをつけるか。
・小学校の朝の会で歌は何がいいのか。
・若い先生はでれぐらいいるのか。
・幼稚園は何でお弁当を温めてあげるのか。
・親と気が合わない場合は。
・保育園では先生も一緒に昼寝をしますか。
・採用されてすぐに産休をとってよいか。
・保育園以外で活躍できる職種、職場はありますか。
・会社の保育施設にはどうしたら入れる?
・校長と副校長はどちらが忙しいか。
・クラス担任になりたい時となりたくない時は。
・絵の技術はどのぐらいほしいか。
・校長先生や理事長は授業中に何をしているのか。
・教師、保育士の休暇はどのぐらい。
・自分が顧問につきたい部活につけますか。
・ベビーシッターも保育士の資格が必要か。
・男の先生と女の先生の給料のちがいは。
・教師と保育士の給料のちがいは。
・先生専用のカウンセリングはあるのか。
・見た目は重要か。
・遠足の場所はどのように決めてよいか。
・クラス分けの仕方は。
・ストレスがたまり髪は薄くなるのか。
・保健の先生の出張の場合は。
・採用と不採用の決めては。
・虐待している親に出会った時、どう対応すればいいのか。
・給食の時に嫌いなものを残している子がいたら、無理矢理食べさせた方がよいのか。残させてよいのか。
・叱り方とあやし方は。
・学級崩壊になったとき、どう行動をとればよいのか。
・校長先生はなぜ職員室にいないのですか。

引用終了 ーーーーーーーーーー

である。

10分間ぶっ続けて書き続けるということはなかなか厳しいものである。恐らく学生たちは最初の経験であろう。
学生たちは瞬発力の筋肉は育っているが、持久力の筋肉はまだまだである。そして、仕事をするにはこの持久力の筋肉が大事なのである。

腕を10分間持ち上げ続けてただただ板書する。このぐらいでも結構大変なのである。ただこのぐらいは良くあることで、学生たちがひーひー言うほどのものではない。だが、実習前にこれを経験しておくことは、大事である。

この学生が、私が顧問をしている軟式野球部の部長だったもので、この課題の後、クラブの今後のことをあれこれ話す。今週は学生たちとよく話す週だなあ。

Yakyuubu 写真は、おとといのナイターの試合のワンショット。自分たちであれこれやる部活動なので、まるで谷口キャプテン率いる「プレイボール」のような感じで、なかなか良い。

よく見てもらうと分かるのだが、女子プレーヤーもいるのが我が部の特徴である。結構上手いんだなこれが。

帰ろうと思ったのだが、マイケルジャクソンのニュースが気になったので、ちょっと調べてみることにした。

エルビスプレスリー(1977年 42歳)
ジョンレノン(1980年 40歳)
寺山修司(1983年 47歳)
河島英五(2001年 48歳)
中島らも(2004年 52歳)
マイケルジャクソン(2009年 50歳)
忌野清志郎(2009年 58歳)

エルビスプレスリーは、私が中学三年生のときだ。夏の講習会のときに食事をしていたら、仲間がびっくりして話しかけてきた。

「な、エルビスプレスリーが死んだんだって。知っている? 死因はドーナッツの食べ過ぎで、心臓に蒲団がかかったんだって」

と言ったのを思い出す。
『おい、蒲団じゃなくて、負担がかかったんだろ!』
と突っ込んでいたのも思い出す。

その頃は、42歳なんて遥か先のことで、実感等はなかった。が、ジョンレノンの時は、ちょっと驚いた。あれだけの偉業を成した人がまだ40歳ということに驚いた。ま、正岡子規があれだけの仕事をして35歳でなくなったとか、田中恭吉が23歳でとか思ったことはあったが、ジョンレノンには驚いた。

彼らは一つの時代を作り、その時代の中で生きていたということは、よくわかる。

生きるって凄いなあ。

ちょっと甘やかし過ぎかなあf(^^;。

6/25

今日は随分研究室にやってくる学生が多い日であった。
木曜日の午後は、来週の授業の準備に充てるようにしているのだが、今日はあっさりと諦めた。

だが、この諦めはいいもんだ。
その分、伸びようとしている学生たちとあれこれ話せるのだから。

なんていったらいいのかなあ、お習字から書道へと向こうとする学生、学習から学問に向かおうとする学生、自立から共立へと立ち上がろうとする学生とでもいうのだろうか、その羽化する過程に、立ち会っているというのだろうか。

本学は学生数がそんなに多くない。私が担当している授業で関わっている学生たちも、そんなに多いわけではない。だから出来ることだと言われればそれまでであるが、出来る環境があればそれを生かすというのが仕事をする人の大前提である。

もちろん、出来ない環境であれば環境を変える、作るというのも仕事人としては大事であるが、まずはあるところから手をつけるのが大事だ。

で、何を話したかと言えば、相談に対する答えの他に、ラーメンズの話やMacの話などなどf(^^;。

コンピュータが苦手だと言う学生たちにMacを見せたら、唖然としていた。さらに、itunesを知らないというのはどういうことだと詰め寄っておいたf(^^;。Windowsでもあるのに。

でも、こういう時間がいいんだよな。

明日は研究日で、大学に行かない日なのだが、ちょっと学生たちが気になるから、念のため昼辺りに顔を出しておくか。

ちょっと甘やかし過ぎかなあf(^^;。
ま、ゼミ生だから良いか。しばらく独身だから良いか。

多くの場合、紆余曲折をしている

6/24

入門ゼミでは、コース分けガイダンスに関して説明。さらに、教職保育職の疑問ということで問題点を出して行った。

ガイダンスでは、私がどういう道のりで教師になったのか、なんで教師になったのかなどの話をした。私一人の事例で一般化するつもりはまったくないが、一つの身近な事例を聞くというのは意味のあることではないかと思って語る。

だいたいからして、学生たちは大学の先生というのは、何も失敗も挫折もなく、エリートコースを突き進んできたという思いを持ってる学生が多い。もちろん、そのような先生もいらっしゃるわけだが、ま、多くの場合、紆余曲折をしている方の方が多い。最近ではこの紆余曲折を、キャリアとも呼ぶわけだがf(^^;。

ストレートで大学に入ったり、第一希望で人生を突き進むことも、大事なことであろう。しかし、紆余曲折したって第二希望だって、人生は生き続けることには変わりないし、それもまた意味がある。いや、意味はあとから付加されるものかもしれない。というようなことをあれこれ話す。

折角、本学の児童教育学科で学ぼうとしているのだから、あれこれアドヴァイスをしてあげたいと思うわけである。

教職保育職の疑問は、これから教職保育職を学びつづけていくために、何が分からないのかを理解するためにも必要な素材である。

一人で考え、その後グループで考える。マンダラーとを駆使してあれこれ考える。すると、出るわ出るわ、数多くの疑問が。

その中から二つ選び、自分で調べてレポートにするのが課題。さて、どうまとめてくるかな。

その後、会議会議会議f(^^;。

本日はお客さんがいらっしゃって

6/23

本日はお客さんがいらっしゃって、私の授業を参観。

授業の最初は、教育実習から生き残った学生の報告を10分。あまりの凄さに、学生たちは一瞬意識を失う。ま、いろいろあるのが実習である。それをぎりぎりの努力でやりきり、軽やかに語る先輩の姿を見て、打ちのめされていた。

さ、児童教育学科の三回生諸君、君たちはあと三ヶ月で実習だぜ。

作文指導の前半の授業を見ていただく。
学校教育に置ける作文指導のあれこれを話し、問題点を指摘して行く。国分一太郎などの偉人の紹介もしたいところではあるが、次の機会にする。

授業後、授業についてご意見を頂いたり、来月協力するイベントについての打ち合わせなどをしたりして、過ごす。

その後、お客さんたちと一緒に夕食を。
なかなか良い時間であった。

さ、来月しっかりとやらねば。

一度マイナスのスパイラルに落ち込んでみる

6/22

で、まあ、昨日の夜は桃ビールをやろうと思っていたわけですよ。
ところが、夕方クール宅急便が届いたのです。
山形の叔父さんから「さくらんぼ」様が届いたんです。

そこで急遽変更。さくらんぼのカクテルを楽しむことにしました。

やったのは二つ。

1)ボンベイサファイア  with さくらんぼ
2)プレミアムモルツ  with さくらんぼ

であります。
結果は、どちらも上手いです。桃様のように濃厚な味わいがアルコールに滲みだすと言うことはほとんどないのですが、それでも明らかにさくらんぼの味と香りが漂います。

実際は、さくらんぼを肴にこれらのアルコールを頂いてもいいかもしれません。まさか、さくらんぼが酒の肴になるとは思いもよりませんでした。

非常に贅沢なおつまみでした。

で、今日のゼミは『街場の教育論』の「国語教育」に関する考察でありました。丁寧に調べているのが伝わる発表でした。文章中の語句の説明、専門用語の確認、you tubeを活用しての過去の楽曲の調査などでこれらが分かりました。

しかし、次の二点に課題が残りました。

1)まとめるという方向での発表のあり方
2)授業で具体化するとしたら、どのように行うのかというイメージのあり方

これは学び続ける学生が陥りやすい罠の一つな訳です。発表のために調べ続けると、自分が知らないことが次から次へと出てくるわけです。
そして、まじめで勉強を中心にやってきた学生たちは、
(分からないんだから調べよう)
ということを進めて、さらに分からないことに出会ってしまうのである。そして、マイナスのスパイラルに落ち込むのです(^^)。

いや、笑っているのは過去の私に対してです。私もそうなてってしまい、大学を5年もやったのです。その時、塾の先輩講師であるみなさんは、
「池ちゃん、卒業論文なんてちゃっちゃとやって、早く修士課程においでよ」
と言ってくれました。でも、私は拘り続けていました。そして、結局大きな違いのない卒業論文を五年で提出して卒業したわけです。

わがままは、その人の関わる条件で許される範囲が随分と変わるので一概には言えないですが、違和感を感じる時は無理して前に行く必要はないというのが、その時の私の考えでした。この考えは動物の本能かもしれませんし、私のわがままかもしれません。

もちろん、違和感を感じたときに先に進むということも、他の場合にはありました。ですが、あの時はそうだったんです。

そう、こうして一度マイナスのスパイラルに落ち込んでみることも、長い人生では大事なことなのではないかと、今は思うわけです。目指した方向に行こうと努力を重ねること。これは、大事なことです。しかし、その通りに行くとは限らないのが、生きているということですからね。

発表ご苦労さん。
まとめを丁寧にやってください。

「天」のほうがしっくり来る

6/22

学生たちと面談を始める。児童教育学科は、入学の時点では、児童教育コースと幼児教育コースに分かれて合否を出していない。入学後半年経って、大学に馴れた段階で決定することにしている。

そのために、授業の中でガイダンスや、授業アドヴァイザー(ま、ホームルームの先生)が、面談をして進路を決定して行く。大学って入ってみたら、
(あれ、違う?)
と思うこともたくさんある。だから、本学では入ってから選べるようにカリキュラムを設計してある。

自分の人生を自分で決めることができるのは、幸せなんだと思う。が、実は、本当に決めているのかと思う。

私も嘗て、自分で決めていると思っていた時期がある。しかし、自分で決められる範囲ってのは、実に狭く浅いものだと思うようになっている。

何かが自分の人生をコントロールしている。そう言う感覚を持つことが不思議ではなくなってきている。ああ、おっさんだ。で、このコントロールする主体を神と呼んだりするのであろうが、私はどちらかというと「天」のほうがしっくり来る。

その天の言う部分を理解して、自分の命を生きるものが天命なんだろうなあと思う。

夏の夜空を見て、その悠久さを感じるとき、自分の人生のちっぽけさに打ちのめされつつ、生きていることの幸せも感じるわけである。

2009/06/22

アマゾンで一位、二位 『明日の教室』 巻1、巻2

http://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/books/500322/ref=pd_ts_b_nav

アマゾンの学級運営部門で、 『明日の教室』 巻1、巻2が、一位と二位を独占しています。
ありがとうございます。このまま、巻5まで出たらベストテンの中にすべてがある瞬間が来てくれないかなあと望みを抱きます。

大型の本屋には並んでいます。
お手に取ってご確認ください。
売れている理由が分かっていただけると思います。

娘からの父の日のプレゼント

6/21

一週間の疲れが出たのだと思う。
今日は体と心が辛かった。
ゆっくり寝ていようと思ったら、娘が起こしにきて起きた。だが、食事をしてからまた寝てしまった。昼過ぎまで寝る。

昼ご飯は、お気に入りのタイ料理屋さんに行く。料理は良かったのだが、なぜか素人に近いタイ人の歌うたいが歌っていて、ちょっとげんなり。ギターの2弦のチューニングはずれているし。ギターで2弦のチューニングがずれているのは致命的であるからなあ。

Ukimidou その後、浮御堂に行く。
ここは風が心地よい。体をゆったりとしながら、疲れを取る。ああ、今日は父の日である。

琵琶湖の向こう側には、入道雲が出ていて風は北から南へと吹き抜けて行く。冷たいビール、または、熱い紅茶が欲しくなる。Imgp8955

浮御堂の周りには小砂利が敷かれた場所がある。
「あっち」
と娘が指差すので、そこに向かう。

松の木の根元に腰掛けて、読書をしていたら、
「て!」
と娘がいう。
なんだか分からないが掌を娘に向けて差し出すと、その小砂利を拾って私の掌にどんどん入れて行く。五回もやると、私の掌に一杯の小砂利となる。

全部を地面に捨ててまた掌を向けていると、さらにそこに小砂利を貯め始める。
(おしまいにしないと、この敷地中の小砂利を私の掌に乗せないと終わらないなあ)
と、苦笑。

だが、ふと気がつく。
(ああ、これが娘からの父の日のプレゼントなんだな)
と。

(向田邦子さんの名著『父の詫び状』では、「此の度は格別の御働き・・・」という朱筆で棒線の引かれたこの言葉が、父の詫び状だが、私は小砂利が娘のプレゼントか)
と、私は嬉しくなる。

小一時間も浮御堂にいて、その後、浮御堂の近くを散歩する。松尾芭蕉や一休さんにゆかりのお寺や神社がたくさんある。そして、これが見事に手入れされているのだ。

穴場発見である。
ちょっと元気になる。

帰りにスーパーに寄る。
今日はちょっと奮発したお酒の肴を購入。岩ガキがもう店先に並んでいたので、手に入れる。Kaki

しかし、安い。東京の値段の1/4〜1/5である。4つも買ってしまった。これと桃ビールと日本酒で、もう少し元気なろう。


2009/06/21

野口芳宏先生が、千葉県教育委員に

http://mainichi.jp/area/chiba/news/20090619ddlk12010250000c.htmlから引用開始 ーーーーーーーーーー

 森田健作知事は、伊藤潔委員の辞職で欠員になっている県教育委員会委員に、植草学園大教授で、日本教育再生機構代表委員の野口芳宏氏(73)を起用する方針を固めた。6月県議会最終日の7月8日に提案する見通し。

 野口氏は58年、千葉大教育学部卒。木更津市内の小学校で教頭や校長を歴任した。96年4月から北海道教育大教授、08年4月から植草学園大教授を務めている。06年10月以降、日本教育再生機構の代表委員。

 また、次期副知事に、厚生労働省大臣官房審議官の坂本森男氏(54)を起用する人事を固めた。近く辞任するとみられる植田浩副知事の後任。石川県 総務部長や消防庁予防課長、総務省行政課長を務めた。1人欠員の県公安委員会委員には、千葉銀行顧問の石川次郎氏(66)を起用する方針。【森有正】

引用終了 ーーーーーーーーーー

先生、これ以上忙しくなられるのですか。でも、千葉は良くなるだろうなあ。

本は、すでにテキストが入っているノートなんですよ

6/20

昼前に研究室に向かう。あれこれの事務仕事等を行う。
そこに、携帯電話が鳴る。
(ん、あ?)
中学校の時の卒業生からの電話である。
出てみると、切れている。
こちらから掛け直すと、
「すみませ〜〜〜〜〜〜〜ん」
と本人。

ははっは。
お子さんの悪戯ね。
『いやあ、良くあるんだよ。うちは。ほら、あいうえお順だと最初の方だろ。だから、赤ちゃんが掛けやすいんだよね。で、どう、元気?』
彼はいま東京で小学校の先生をやっている。幸いなことに、仕事も家庭も順調のようだ。

こういう悪戯からのコミュニケーションは、いいなあ。

今週読み終えた本を、ざっと再読する。『多読術』(松岡正剛 ちくまプリマー新書)が一番良かったかな。

私がどーんと持ってかれたフレーズは、これである。

p.86から引用開始 ーーーーーーーーーー

本は、すでにテキストが入っているノートなんですよ。

引用終了 ーーーーーーーーーー

そう。だから、いつも筆記用具を持って読むのである。だから、図書館ではなく、本は買うのである。本ではないのだ。テキストの書いてあるノートなのだ。分かりやすいなあ。

夕方から、人と会う。
あれこれ、あれこれ。

いろいろとあるよなあ。
ご迷惑をおかけします。

ありがとうございます。
これからもよろしくです。

茜さす紫野ゆき標野ゆき野守は見ずや君が袖ふる

6/19

万葉集というと、奈良のイメージが強い。成立したのが奈良時代ということがあるのだろうか。ところが、実際に滋賀に住んでみると、万葉集は滋賀、近江を詠んだ歌も結構ある。

 茜さす紫野ゆき標野ゆき野守は見ずや君が袖ふる 巻1−20 額田王

 紫のにほへる妹を憎くあらば人妻故に吾(あれ)恋ひめやも 巻1−21 大海人皇子

今日は、この歌が詠まれたであろう場所に行ってきた。

万葉集では旧暦の五月五日に大津宮から出かけたとある。大津宮というのは、私の住んでいる西大津のあたりこのことである。

高速道路を使って八日市インター経由で約1時間。船岡山という場所である。古人はここまでどうやってきたのかなあなんて思いながら運転した。

該当の場所は奇麗に公園として整備され、陶板壁面にはその当時のことを想定した絵も描かれていた。とても大きいものであった。

Hekiga

私は、草に寝転がり流れる雲を眺め、この歌の意味をあれこれ思たり、娘の走り回わる姿を目で追ったりしながら、
(うーん、俺はこの先どうなって行くのだろうかなあ)
と思うのであった。

大人になるってのは、物事がきちんと理解できて、判断が出来てという存在であろうと、子どもの頃は思っていた。確かにそうなのだが、そんな存在ではないこともいまは十分に分かっている。あれやこれやを抱えながら、とぼとぼと歩くのも大人なんだなあと思う。

嘗て、中野孝次先生の本を読んでいたら
「最近は、生きている人が書いている本を読まない。古人の本ばかりである。そして、その古人がとても親しく感じられるのである」
のようなことを書かれていた。
(そんなことってあるんかいな)
と思っていたが、なんだか、だんだんそうなってきている自分に、少し驚いている。

俺も、人生のなんたるかが少しずつ分かってきたのかなあ、と思う。

 

有料レポートサイト

夏休みの読書感想文のコピペサイトがあることは、以前書いたことがある。

http://www2k.biglobe.ne.jp/~onda/

である。

私は、これを活用する生徒が悪いというよりは、読書感想文の書き方、文章の書き方をしどうしていないで安易に課題を出す教員の方に問題があると私は思っているのだが、問題は小中学校のレベルではない。

http://www.happycampus.co.jp/

こちらは有料でレポートを買えるのである。ま、昔からコピーノート屋さんがあったりしているので、物事の本質はあまり変わっていないともいるが、やっぱり私にはよく分からない。

こういうところで買えば提出できるようなレポートの課題を出す方に、問題があるんじゃないかと思う。そんな課題を出して、学生たち何の力を付けるというのだろうか。

一応課題を設定しました。
一応課題を提出しました。

そんなんでいいのかなあ。
ま、確かにどうでもいいやと割り切ることがあるのは大事かもしれない。しかし、割り切ることだけ上手くなって、真剣に取り組むべきものも、割り切るようになるんじゃないかな。

人間は、一度楽をすると、楽な方に楽な方に行くもんだからね。私も人間だから、よーく分かる。

« 2009年6月14日 - 2009年6月20日 | トップページ | 2009年6月28日 - 2009年7月4日 »