« 2009年9月20日 - 2009年9月26日 | トップページ | 2009年10月4日 - 2009年10月10日 »

2009/10/03

でも、何があるか分からないよ

10/3

今年度の採用試験の結果が発表されてきている。
児童教育学科はまだ採用試験を受けていないが、他の学科の学生や卒業生から連絡が入ってくる。

もちろん、全員合格してほしいがこれだけはいかんともしがたい。合格した諸君、おめでとう。君は採用試験に合格することが目標ではなかったはずだ。それは通過点でしかないはずだ。現場に出るまでに、いまできることは何かを考えて、やりきっておこう。

残念だった諸君、来年に向けてスタートを切ろう。何かあったらメールで相談していらっしゃい。京都橘大学は、在校生に厳しい愛を。卒業生には優しい愛を、なのである。池田先生が優しい愛というのは、気持ち悪いかもしれんがな(^^)。

採用試験は、もちろん、現役で合格することを目指すのである。始めから浪人で良いやとか、非常勤講師で良いという人は、ま、いないであろう。

だが、結果としてそうなってしまった人は、この経験を生かせばいいのである。

私も浪人しているし、留年もしているから気持ちは分かる。自分が置いてけぼりになり、社会から不必要な人間であるという烙印を押されたかのような感覚。そして、次の結果が出るまでに一年間掛かるという呆然たる思い。さらに、一年後にしっかりとした結果が出るかどうか分からない不安。分かる。分かるがここをじっくりと乗り切ることで、あなたに人間的な力量や魅力が出てくるのだと私は考えている。

人生は不条理で、思い通りにはならない。それは社会に出る前に体の芯で理解しておくのが良い。もちろん、その最中にいるときには
(ふざけるな!)
(なんであたしだけ!!)
という思いになる。私もそうであった。また、いまでももちろん不条理に苛まれるばかりである。

しかし、ここをくぐり抜けた先生とそうでない先生では、現場に出てからの構えが違うだろうなあと思う。もちろん、現役で合格した先生だって違うところで不条理を経験していることもあるから一概には言えないが、生徒の進路選択の指導の際に、一度自分が進路選択でうまくいかなかった経験を持っている先生はやっぱり強いと思う。

失敗した。だからダメになった。
失敗した。だからウマくいった。

同じ出来事から、人は別の道を歩くことができる。
私は多くの生徒、学生を指導しながら思う。

合格した諸君、おめでとう。でも、何があるか分からないよ。
不合格の諸君、ざんねんだ。でも、何があるか分からないよ。

目の前にある、やるべきことをやりながら、次に襲ってくる不条理に立ち向かい、人生を豊かに作って行こうとあれこれしていってほしい。期待しています。応援しています。

逸題  井伏鱒二

さて、今宵の月は顔を出してくれるでしょうか。

以下の詩は、私が中学生に必ず教えてきた詩です。
彼ら彼女らが中学を卒業し、社会で活躍する時ふと、空を見上げて呟くことがあればなあと思い、教えてきました。

引用開始 ーーーーーーーーーー

逸題  井伏鱒二

けふは仲秋明月
初恋を偲ぶ夜
われら万障くりあはせ
よしの屋で独り酒をのむ

春さん 蛸のぶつ切りをくれえ
それも塩でくれえ
酒はあついのがよい
それから枝豆を一皿

ああ 蛸のぶつ切りは臍みたいだ
われら先ず腰かけに坐りなほし
静かに酒をつぐ
枝豆から湯気が立つ

けふは仲秋明月
初恋を偲ぶ夜
われら万障くりあはせ
よしの屋で独り酒をのむ

引用終了 ーーーーーーーーーー

美しい月に出会えますように。

写真は、一ヶ月前の満月です。

Moon

大発見をした

10/2

本来は研究日で、あれこれする日なのであるが、大学へ。高校生がやってきて一日大学の授業を経験するという行事である。私は児童教育学科の教員として、模擬授業である。

無事に任務を終了。
折角なので、大学でなければできない仕事を始める。ま、簡単に言うと研究室の片付けである。相当資料が散乱してしまっている。散乱というよりは、産卵である。次から次へと産まれてきているの感がある。

ただ、授業に関するものについての片付けは、結構良い。大発見をしたのである。

もともと学期の始めは、いろいろな資料が多い。大学側からの配布物も多い。滞り無くするために、授業ごとに書類ケース棚を作っているのだが、中に入れっぱなしで忘れることもある。うーむ。私らしい。

そこで一計を案じた。極めて簡単である。超整理法よりも簡単であろう。何をしたかと言えば、床に敷いてあるゴザの上に並べるのである。もちろん単純に並べるだけではない。ゴザの上を時間割のように区切り、そこに置くのである。

例えば、月曜の2限は教育演習2である。ゴザを時間割のように区切ってあるので、その月曜の2限のスペースに、そこで使う資料や書類を置くのである。これが実に快適である。一覧性はあるし、取り扱いも非常に簡単である。そこにあるものをがさっと掴み、風呂敷に包んで授業に行けばまず問題はない。ああ、なんでこんなことに気がつかなかったのだろう。

さ、問題は過去の授業のものや、資料の整理である。これはまだ大発見に至っていない。

しかし、某ブログでマンション勧誘の電話で盛り上がっているがf(^^;、今日も研究室にその手の電話があった。

「わたくし、○○の××と申します。池田先生でいらっしゃいますか」

ま、この辺りで怪しいわけである。後ろで何やら音もしているし。ただ、ここで電話を切るわけにも行かない。本当に仕事関係の電話の場合もあるので。

「私どもの会社では、京都市内に、まるで二条城のような・・・」
がちゃ、である。今日は忙しいのである。学生も研究室にいたし。

しかし、切ったあとにちょっと後悔。二条城のようなマンションってどんなマンションだと思った。我が家だってある意味「信長の野望」だしなあf(^^;。

研究室の片付けを進めていたら、夏休みにやった研修会の感想用紙の束が出てきた。恐ろしい、あれからもう二ヶ月も経っている。何気なく読み返す。その時その時の研修のことが思い出される。

ありがたいことだ。私が関わった研修や免許更新講習で、何らかを手に入れた先生方の文章である。「二学期が楽しみになりました」と書かれている先生方、いまはどうされているかなあと思うのである。

夕食後寛いでいたら、
「あら、花火かも」
と奥さん。
気がつけば夜景はとても奇麗になっていた。

Yakei

外を見てみると、ミシガンがいつもの場所に向かっている。いつもの場所とは、夜の花火が上がる場所だ。結婚式の二次会などのパーティをミシガンでやる人たちは、フィナーレに花火をあげることがある。その打ち上げポイントにミシガンが移動しているのだ。

そして、花火であった。
いやあ、久しぶりの花火。
良いもんだ。
おこぼれちょうだいいたします。

Imgp7087

2009/10/01

学生はいいなあ 京都の施設無料で

http://www.kknews.co.jp/wb/archives/2009/10/studentdays.html

という記事を発見。
秋の京都をちょっと楽しめますね。
学生はいいなあ。

神無月は始まるのであった

10/1

神無月に入った。今年も残り1/4である。確か10/3は中秋の名月だったか。今朝方はまるで雪でも降っているかのような景色の琵琶湖であったが、家を出る頃にはどんどん晴れて来て、秋の空が広がった。

後期は木曜日がキツい。
2、3、4限と連続で授業。昼休みにゆっくりと食べることは、まずできない。確かに中学校の頃は1校時から6校時まで連続で授業なんてこともあったが、50分を6本と、90分を3本というのは、また違う大変さがある。もちろん、内容も質も違うしね。

ではあるが、授業はいい。
こっちがヒーヒー言うのではなく、言わせる側に回って頑張ろう(^^)。

今日の授業の導入では、季節のことを話し続けた。

『今日は衣替えの日である。私が中学生の頃は明確に衣装が変わった。それがいつの間にか、前後二週間はどちらでもいいとかなっていき、いまでは衣替えなんてことも無くなってしまったかのようである。

君たちはどう思っているか分からないが、日本という国は極めて珍しい国なのである。四つの季節を持ち、さらにその季節は、初旬、中旬、下旬と三つある。つまり、12の季節を持っているわけである。

世界には、夏夏夏夏夏夏夏夏夏夏夏夏夏夏夏雨雨夏夏夏夏夏夏夏夏夏夏夏夏夏夏夏。とか、冬冬冬冬冬冬冬冬冬冬冬冬冬冬冬冬冬冬春夏秋冬冬冬冬冬冬冬冬冬冬冬冬冬冬冬冬冬冬。とかの季節の国は珍しくない。その中で私たちの住む国は春夏秋冬なのである。

これがあるから、私たちは季節の食べ物を味わえるし、おしゃれも楽しめる。そして、日本の文学に彩りを与えたりもするのである』

なんてことを話しながら、中秋の名月、重陽の節句などの話を続けた。教師は、日本の文化を伝える役割も担う。そして、日本の文化はこの四季を基礎としているものが多いのだ。季節を味わおうではないか。そのために、教師は日本の季節にもっと敏感であらねばならないだろう。

本来はこれは家庭や地域が担うことであろう。しかし、それが厳しいのであれば、少しで良いから教師が朝の学活とか授業の導入等で話をして行くのが良いのではないかと私は考えている。

家に帰ってきたら、食卓には牡蠣のソテーが並んでいた。
いやあ、奥さんやるね。
10/1は牡蠣の解禁日である。
美味しく頂く。

娘は、ビールの注ぎ方が非常に上手くなる。ぎりぎりのところでぴたりと止める。そして、
「しゅわしゅわ きれいね」
と言っている。

生牡蠣に変えて、日本酒にする。すると一升瓶を持つ娘。一升瓶から日本酒を注ごうとする。さすがに、これは厳しい。
そこで
『パパと一緒ね』
というと
「いっしょ、いっしょ」
である。

『一升瓶を一緒に、一生(は無理かな)』

なんてことを言いながら、神無月は始まるのであった。

2009/09/30

こうして世代交代が進んで行く

9/30

久しぶりの雨である。
一雨ごとに、秋も深まって行くのであろう。
今年も、クレイジーな京都滋賀の紅葉がやってくるのである。

今日から、二年目の学級担任論の授業が始まる。
二回生の授業である。

前期は二回生の授業が一つもなかったので、ちょっと新鮮。もちろん、びしっと授業。

このごろ、大学のキャンパス内を歩くと、二回生の姿が良く目に付く。というのか、三回生の姿が見えない。そうである。三回生の児童教育コースの学生は、教育実習に行っているのである。

いつもなら児優館の二階のテラスには三回生が多いのだが、二回生が多くいる。良いことだ。こうして世代交代が進んで行くことのだと思う。三回生は、実習後はテラスで寛ぐのも良いが、新しくできた教職保育職支援室の学習スペースであれこれ励みなさい。

授業後、昼ご飯をとる暇もなく出張。高校での模擬授業である。
タクシーの中でおにぎりを頬張るのは、なかなか味わい深いものがある。

今日の高校は、事前に質問したい内容を準備し、高校生からの謝辞も用意してある。ま、謝辞については読み上げであり、模擬授業から学んだことなど具体的なものに触れてはいなかったが、それでも先生方のご指導の後が分かる。

高校によっては、業者に任せっきりでその高校の先生が誰も一度も顔を出さないというところもある。随分違いがあるものだ。

90分間たっぷりと模擬授業、そして質疑応答。教育と言う世界に自分の人生を賭けようとしている高校生に少し、参考になるものが届いたのなら嬉しいなあ。

2009/09/29

という感じを、私にプレゼントしてくれる娘

9/29

午後から打ち合わせがあったので、昼前に大学に向かう。昨日の夜、久しぶりに遅くまで頑張ってしまったので、食事の後もう一度寝る。

嘗ては、こういうのはなんか罪悪感があったが、いまはそうして健康状態を保つことの方が大事という考えになりつつある。今いる環境を十分に生かすことが大事という考え方である。

もう少し遅く家を出て良いのだが、後期の始まりでもあり、やることがたくさんあるので、早めに家を出る。

マンションの中庭を歩いていると、
「ばいばーい!」
と声が聞こえる。振り返ると家の前の廊下から娘が手を振っている。
嬉しくなって応える。すると、さらに
「ばいばーい!」
である。
いつまでしてくれるかなあと思いながら大学に向かう。

大学に着いたら奥さんからメール。
「もっとパパにバイバイしたかった」
と家で話していたそうだ。
うう。なんて可愛いんだ。

GPに関する打ち合わせを終え、学生のリクエストに応え、授業。

今日は一回目なので、授業の受け方、ルール等を丁寧に話す。ただ、さすがに大学に移って四年目。私がどんな授業をするのかは先輩から伝え聞いている学生が多くなっているようで、特段厳しい言い方をしなくても、いや、するまえにもう学ぶ姿勢になっていることが多い。よし、である。

さて、来週は何人残っているかな(^^)。

家に帰ると、泣いていたらしい娘が笑顔で
「ぱぱ〜、おかえり!!」
と走りながら叫びながら迎えてくれる。

今日も一日終わったという感じを、私にプレゼントしてくれる娘である。

2009/09/28

「MacBook touch」

http://www.excite.co.jp/News/column/20090928/Gizmodo_200909_macbook_touch.htmlから

引用開始 ーーーーーーーーーー

2009年9月28日 16時00分

お待たせしました! 噂の「MacBook touch」が年内に完成と判明
Gizmodo_200909_macbook_touch_s

iPhoneに次ぐ大発表となる予感も...

出るぞ出るぞとの前評判のみで、先にマイクロソフトのほうがタブレットスタイルの新デバイス「Courier」を正式発表しそうな勢いでしたけど、アップルファンの皆さま、誠にお待たせいたしました! ついに噂の「MacBook touch」が、9.6インチのタッチスクリーン&3.5Gの「HSDPA」高速無線通信を装備して、年内にもアップル本社へと完成品が届けられますよ。アップルが買収したP.A. Semi製の低消費電力プロセッサの採用により、長時間のバッテリー駆動も保証されてますね。

台湾発の複数の業界情報筋から明らかにされたニュースによれば、新次元のMacBook touchのパーツ製造に関わるのは、Wintek、DynaPack International Technology、MAG. Layers Scientific-Technics、Wanshih Electronicの4社が確定しているとのことで、とりわけWintekは、すでにiPhone向けにタッチパネルを提供してますね。量産体制を整えて、来年2月に一斉発売というスケジュールで準備が進みつつあるようです。

ただし、iPhoneよりも一回り高い販売価格となる予定で、最小構成モデルは799ドルから発売されるんだとか。まぁ、スタンドにセットして、ワイヤレスキーボード&マウスとリンクするデスクトップスタイルで活用するなんて荒技も使えそうですけど、この設定価格でのリリースは微妙な反響にもなりそうですよね...

引用終了 ーーーーーーーーーー

うーん、どんな感じかな。
重さ、入力方法、大きさなど確認してみないと分からないなあ。iPod touchが結構使えるとなると、このセグメントは、ちょっと曖昧かもしれない。

でも、楽しみである。

教え子のHP

教え子のHP

大昔、私がまだが塾の先生をしていて、英語の講師をしていた頃の教え子です。その彼女が開いたHPです。いろいろあってイラストレータになりました。

http://www.motoko-umeda.com/

素朴な味わいの絵柄です。
ご用命を賜れば幸いです。

明日の教室 10/17 岩下修先生

明日の教室 10/17 岩下修先生のご案内です。

http://kokucheese.com/event/index/487/

糸井先生のブログから紹介します。

引用開始 ーーーーーーーーーー

10月の「明日の教室」は、岩下修先生に御登壇いただくことになっている。
「岩下先生に来ていただける」と、興奮気味に妻に話をしていたら・・・
「えっと、岩下先生って、知らないんですけど・・・」と、冷めた返事が返ってきた。

うーん・・・・である。
岩下先生の名を全国に知らしめたのは、1988年に刊行された名著、「AさせたいならBと言え」(岩下修著・明治図書)によってであろう。
この本は、今も、買うことができます。読んでいない方は、絶対に読むべき本である。お薦めなどという言葉は似合わない。読まなくちゃ駄目!である。

以来、日本教育の最前線で、教育界を引っ張って来られた方である。
現在は、立命館小学校に勤務されている。

私が、岩下先生から学び、そて、今も学びたいと思っていることは4つあります。

一つ目は、「子どもへの的確な指示の出し方」です。岩下先生を語る時、「AさせたいならBと言え」に代表される「指示」というキーワードは外せません。

二つ目は、「子ども達への自学自習のさせ方けです。岩下先生は、自学自習に関する本も何冊か出されています。岩下学級では、子ども達がすごい学習をノートに展開していくのです。その裏側の話を是非ともお聞きしたい。

三 つ目は、国語の授業です。岩下先生は、多くの国語の授業実践を書かれています。立命館小学校でも、国語の授業を公開されています。私も、立命館小学校の公 開研究会に参加し、岩下学級を見に行ったのですが、あまりの人の多さに子ども達の姿が見えない有り様でした。是非、じっくりと国語の授業について教えてい ただきたいものです。

そして、四つ目は、「表現教育」です。岩下学級の合唱、音読の素晴らしさは有名です。是非、その指導法について学びたいと思っているのです。

で、今回の御登壇です。
わがままいっぱいの依頼をしました。つまり、「岩下先生を丸ごと学びたい」のです。

まず、今回の講義は、DVDの第4弾として撮影を行います。御期待下さい。

内容ですが、模擬授業を行っていただけることになりました。
「詩」と「音読」の二本立てです。
つまり、岩下先生の「国語の授業」と「表現教育」を児童役になり、体験できるのです。

更に、岩下学級の様子もビデオで見せていただけるとのこと。この内容は、個人情報に関わることですから、DVDに入れることはできません。

10月の「明日の教室」は、10月17日(土)です。
時間はいつもと同じ。13:30~17:00となっております。
場所は、京都橘大学 児優館です。

引用終了 ーーーーーーーーーー

お待ちしております。
お申し込みは、

http://kokucheese.com/event/index/487/

です。

2009/09/27

秋の空にシャボン玉

9/27

まあまあぐっすりと寝て5時には起きる。最近良く寝ているなあ。昨日はお酒を飲むことも無く寝た。休肝日である。

年を取ると睡眠が浅くなると言われている。アルコールが睡眠障害になることもあるらしいが、昨日は飲まなかったのにも関わらず何回か目覚めた。ということは、もう一つの理由、「加齢」かもしれない。メラトニンが不足してくるという奴だ。ま、自然の摂理である。

マックをベランダに持ち出して、朝日が昇ってくるのを見ながらメールのチェック。ベランダでは、今年は美味く育っているハイビスカスが、今朝また一つ咲いた。まだ三つ、四つと蕾が育っている。

涼しい朝の風を感じつつ、風呂が沸くのを待つ。琵琶湖にはブラックバスを狙う釣り船が少しずつ集まる。

風呂では読書。これもいつも通りだ。

いつも通りではないのが、今日の日程。
今日は大学の入試関係の仕事で出勤である。

気持ちをきりっとさせて、出勤である。

で、粛々と仕事を終わらせていつもより早く帰宅。
久しぶりに三人でガーデンに行く。
秋の花が咲き始めている。
10月に満開になる秋薔薇も少しずつ咲き始めている。

ガーデンの外ではシャボン玉を楽しむ。
唇をつぼめて息を吐くことができなかった娘だが、
このところは、奇麗なシャボン玉を飛ばすことができるようになった。

秋の空にシャボン玉。
いいねえ。

明日から本格的に後期の授業も始まる。

「個別支援と集団づくり」

9/26

昨日は岡山県津山市での研修会に伺った。「個別支援と集団づくり」というテーマである。放課後研修講座というものであった。

個別支援といえば、青山新吾先生である。しかも、岡山県である。津山は青山先生の初任の地。ということで、青山先生もご一緒していただくことになった。

津山の教育事務所には、明日の教室にも参加してくださるYさんがいらっしゃる。なんと本学大学院を修了されているのである。といういろいろなご縁で伺うことになる。

運動会の取り組みの前後だというのに、50人近くの方が参加された。青山先生が、最初にこの研修会の目的を説明される。さすが県の指導主事だなあと思う。必要にして最小限の言葉を使って簡潔に説明される。

私はそれを受けて1時間程度お話をする。
今回のテーマが設定された問題意識は、個別支援に光が当たると集団づくりが見えにくくなる。実際は、個別支援と集団づくりは車輪の両輪であり、どちらも必要なのではないかというところから設定されている。

集団づくりを意識するとき、集団とは何かをまず考える。そして、

『このクラスが居心地が良いと思う人は、ちょっと周りを見回してください。そして、居心地が悪いと思っている人がいないか考えてください。もしいたら、どうしたらその人も居心地が良くなるのかを考えて、行動してみてください。
また、居心地が悪いと感じている人。それを少し声に出してください。どうしたら良くなるのかを他のメンバーと一緒に考えて行きましょう』

のように話していた。基本的な考え方はこれである。ただ、そこに教師の支援があった方が集団づくりの一歩目を踏み出しやすい子どもがいるのも事実。そんな子どもについて事例をあげて話を進めた。

その後、懇親会。
いやあ、久しぶりに酔っぱらった。
教育事務所の先生方の熱い思いに、きちんと答えようとあれこれ話していたら、飲んでしまった。

たまたま近くにいた先生方が、みんな娘の父親で、
「いや〜、娘は良いよねえ」
という話でも盛り上がってしまったf(^^;。

本日は、津山を案内してもらい、温泉とお魚を堪能して帰宅。
ありがたいことだ。
ありがとうございました。

« 2009年9月20日 - 2009年9月26日 | トップページ | 2009年10月4日 - 2009年10月10日 »