« 2009年10月11日 - 2009年10月17日 | トップページ | 2009年10月25日 - 2009年10月31日 »

2009/10/24

支援と指導の違いである

10/23-3

支援と指導の違いである。
これについては、私は以下のような考え方を持っている。

http://homepage.mac.com/ikedaosamu/kouseishugi.html

これは、いまから七年前(にもなるのね)に、大学院に派遣されていたときに、教育工学の授業を受けているときに思いついたものである。(HPにあげたのは2005年)

現職派遣で大学院に行くということは、現場を離れて現場を俯瞰する機会を得るということでもあるが、そこで構成主義の理論に出会ってこの表を思いつくことが出来た。

「ですから、たぶんですね〜」
と言いながら授業のときにホワイトボードに向かって歩いて行って、このマトリックスを書いて説明し始めたのをしっかりと覚えている。その時の、指導の先生も、とても興奮して
「そうそう!」
と話されていたのを覚えている。

つまり、何が言いたいかと言うと、指導も支援も両方とも大事なのだということである。

情報化社会に辿り着くまでの世界では、価値観や情報、つまり何が正しいのか、何が答えなのかが分かりやすかった。だから、教え込むということが出来たのである。しかし、情報化社会を越えて、グローバル化した超情報化社会に突入した今、正しい物だけを教え込もうとした時、正しいものが確定しにくく、提示しにくいという事態が発生していると考えられるのだ。

誤解のないように書けば、基礎基本的なことは子どもたちに教え込むことは必要である。簡単に言えば読み書きそろばんである。ただ、それだけでは教育は成立しなくなってきているのである。

子どもが自ら問いを立ててその問いを解決する。知りたいことを知り、出来るようになりたいことを出来るようになり、つまらないことを面白くするような学び、またはチームとしての協同の学びが必要になってきているのだと言うことである。

このことを学校教育の中で目指そうとしている(た?)のが、「総合的な学習の時間」であり、その時の教師の立ち位置が「支援」であると私は理解している。自らが問いを立て、その問いを解決して行くために調べてまとめて発表するという学びである。

11/3の明日の教室にお越しいただく北川達夫さんは、『対話流』(三省堂)のあとがきで次のように述べている。

引用開始 ーーーーーーーーーー

みんなで突き詰めて「なぜ?」を問う。そして、信念を持って指導する。そうすれば、国際社会がどのように変化したとしても、日本の教育が揺らぐことはなくなるのではないか。

引用終了 ーーーーーーーーーー

と。
さすがである。
しかし、なかなか厳しいとも言える。この「みんな」が誰を示しているのかである。

教師が信念を持ったとしても、その信念が教育行政とそりが合わないとき、教師はとても辛いところに置かれる。これが現状の日本の学校教育にはあるのではないだろうか。

教育行政サイドが一斉に「こっちを向け!」と示すわけである。そして、そちらに向かう。つまり、支援と言えば支援だけなのである。ところがその指示である支援が上手くいかなくても、その責任は取らないと野中先生も指摘されている。

やってらねないというのが実感であった。

ちなみに、私はこう言う性格なので
あれこれ降ってくる行政サイドからの指示は片目で見つつも、
(だから何?)
ということで、片目では子どもの実態を見ようとしていた。

(んなこと言ったって、目の前の子どもの実態と違うじゃないか)
とやっていた。
ま、わがままなやつだと思われてもいたであろうし、そのためあれこれ言われることも無かったとは言わないが、
(だから何?)
とやって行くしか無いと思っていた。

現場にいるということは、
(うーん、これ違うんじゃないか。こっちが正しいんじゃないか)
ということの連続である。ただ、なんでこれが正しいのかがなかなか言葉にできない。

だから、
(そうかなあ、ちがうんじゃないかなあ)
と思いながら、流されて行くことがある。

これを経験してきているので、私の今の仕事のベースには、その(そうかなあ、ちがうんじゃないかなあ)を言語化することにあると思っている。

あまりに話が飛びまくったので簡単にまとめる。

1)指導と支援は、教育の両輪である。どちらか片方だけということではない。

2)最新の情報や指示について無視することはいかがなものかと思うが、妄信し猛進するのもいかがなものかと思う。現場を見て、自分の頭で違和感を整理することも大事である。

3)わがままもそんなに悪いことではないf(^^;。

ネーミング考

10/24

野中先生が、「味噌汁・ご飯」の授業について三たび論を展開されている。ご本人は「ネーミングが悪い。(笑)」と仰っているが、私には非常にイメージしやすいネーミングである。

では、イメージしやすいネーミングとは何か。そのものの本質がごそっと掴める名付けのことである。私は
(ああ、そうか。野中先生はこれが仰りたいのだろうなあ)
とすぐに理解できた。

だから、私が提示した「味噌汁・ご飯」の授業の要素の3つ、1)日常的で 2)飽きが無く 3)安定した栄養素が保障されているとうものも、じっくりと考えたというよりは、割とすっと出てきたものである。

だが、さらに考えてみる。なんでこの三要素が出てきたのか。

1)ネーミングの妙
2)料理に対する知見
3)授業に対する知見

この三つがあったからだろうと思われる。メタファは、それぞれの持っている要素についての基本的な理解が無ければ、メタファそのものを理解できない。逆に言えば、メタファが理解できているという言うことは、それぞれの要素を理解しているということである。

私は「味噌汁・ご飯」の授業のネーミングに含まれている内部構造を外側に出しただけである。共通項を比較検討して、示したと言っても良い。

ちなみに、こういう作業は、割と好きである。例えば、免許更新講習は無くなるが、自動車の運転免許講習は無くならない。(ちなみに、イギリスでは70歳まで運転免許更新講習は無い。そして、日本はこの免許更新講習で、毎年何百億とも何千億とも稼いでいるとも言われている。これも無くせば良いのに。が、これは別の機会として)

この免許更新講習や免許の比較をしながら、教員の免許の意味って何なんだろうか?と考えると、面白いのである。比較検討というのをあれこれ楽しむことは、頭をオンの状態にするには、いい方法だと思う。

それにしても、示範授業である。
野中先生は書く。

引用開始 ーーーーーーーーーー

 それがよく分かるのは、初任者や教育実習者にしてもらう示範授業である。
 してもらうからありがたいのだが、発問と指示と説明の区別をするという基本から一時に一事の指示などがほとんどできないベテランがいる。それも数多く。
 私は、示範授業の内容を言っているのではない。授業の基本を問題にしているのである。
 はっきり言っておきたいが、目を覆う惨状である。

引用終了 ーーーーーーーーーー

私もそんなに多くの回数を見ているわけではないが、ときどき
(え、これ示範授業?)
と言葉に詰まるようなものを拝見することがある。

この原因の一つを野中先生は、この20年間日本の教育行政があれこれ日本の教育を壊してきたことにあると言われる。

具体的には、支援と指導の違いである。

この項、たぶん。つづく。

2009/10/23

気持ちいいと言うか、気持ち悪いと言うか

10/23

今日は気持ちいいと言うか、気持ち悪いと言うか、変な一日であった。

支払いが多かった日なのだが、払おうとすると見事に端数まで財布にあって、ぴたっと払えるようになるのである。

で、払ってしまうと無くなるはずだが、鞄とかズボンのポケットから次の支払いのための小銭が見つかって、見事に端数が消えて行く。

誰かが、今日の私の総支払額を理解していて、用意してくれているかのようであった。

気持ちいいのだか、悪いのだか。
そんな一日もあるのね。

2009/10/22

授業の一日

10/22

授業の一日。
昨日と対照的である。

国語科教育法2は、いよいよ模擬授業に向かって準備を始める。この模擬授業がこの授業の大きな山である。私も事前指導からみっちりと行う。四週続けて行うことになる。

そのために、指導案の書き方の具体的なものを行う。指導案はローカルルールがあるので、これが正解と言い切れないところもあるが、一定の物は示せる。私の「わくわく授業」のDVDを元に、この授業の指導案を作ってみよという課題である。

授業を書き起こすことは、授業の修行のためには結構重要なレッスンである。これと指導案づくりの二つを兼ねての課題である。

児童教育総合演習は、学生がこの夏に行った運動会ボランティアの振り返りである。

A4一枚にまとめた資料を回覧し、1)みんなに教えたい良い実践 2)困っているので助けてほしい事例 3)先生の指導がよく分からなかった実践などを選び出し、議論を重ねる。

指導には裏も表もある。文脈の中で行われるので、一面だけを切り取っても分からないことも多い。だが、きちんとした知識と物事の見方を知っていると、随分違う。ここを講じる。

教職総合演習では、「大人とは何か」を引き続き講じている。先週までが、学生の行った大人の定義の検討。今週から、池田がこの問題をどのように考えてきたのか、そのプロセスの開陳である。

私はこの作業が大切だと考えている。ある人が(実践者が、研究者が)自分の考えをまとめてきたそのプロセスを若者に、学生に示すことである。

若者は、著書や論文や作品を通してその人の考えに触れることは出来る。それはそれで大事である。しかし、できれば、その作品がどのような思考のプロセスを経て出来ているのかを知らせることも大事ではないかと考えている。映画でも、メイキングムービーはとても面白い。

拡散思考であれこれ考えている姿。ちょこっと寄り道をしながら本筋に戻ってくる姿。そんな姿を提示することで、これから彼らが旅立つ思考の旅のイメージを膨らませる作業である。卒業論文を一年後に控えている学生たちへのプレゼントである。

今週の授業は、これでおしまい。
今週末は、大学祭。インフルエンザの影響も今のところ無いので大丈夫であろう。

良かったらお越し下さい。

会議の一日である

10/21

会議の一日である。

午前中は、GPの打ち合わせ。なんとか良い方向に進めたい。

2限は、学級担任論。学級担任が行う仕事の全体像の説明。さらに、学級開きやさまざまなところで行うレクリエーションについて。特にレクリエーションについては、担任が持つべき視点、簡単に言えば種も仕掛けも教える。

「先生は、そんなこと考えてレクリエーションをしているの!」
という感想が毎年出る。今年も出た。先生は遊んでいるのではない。遊ばせているのである。しかも、目的を持って遊ばせているのである。ここが学生諸君は、まだまだ理解が出来ない。

昼休み会議。
思ったより早く終えられたので、昼ご飯を食べる。
今日は昼ご飯抜きになるかなあと思っていたので、ちょっと安心。

その後、糸井先生の莵道第二小学校に向かう。距離にして12キロなのだが、細い道を通り都市に向かうのでそれなりに時間がかかる。

http://kokucheese.com/event/index/574/

の取り組みが始まっているので、そのプロセスを見ておきたいと思いでかけて行ったのだ。子どもたちの嬉しそうな顔がとても印象的であった。
「きちんと話を聞きなさい!」
なんて言葉はない。聞いた方が楽しいし、良いことになると理解しているので大丈夫。むしろ、あんなに早口で説明をしても大丈夫なのかなと思うぐらいのスピードでプロの劇団員さんは進めて行く。このスピード感が大事なんだろうなあとも思う。

この時期、糸井先生には実習生の指導もお願いしている。実習生は非常にラッキーである。授業の指導は大学でもできるが、学校行事、学年行事の中で子どもたちが変わって行く姿をすぐ側で見ることが出来る、またはそこに関われる実習なんて、そんなにあるものではない。

慌てて帰ってきて、教授会に参加。さらに、その後学科会議に参加。9時過ぎまで会議。

この学科会議は、非常に勉強になる。そりゃあそうだ。民間教育団体を引っ張ってきた先生方が、本学が目指す大学の理想に向けてあれこれ課題を解決しようと会議を行うのである。学科会議であり、研究会であるようなものである。

ま、娘と一緒にお風呂に入るためには、あと1時間早く終わると嬉しいのだがf(^^;、それは贅沢か。

会議の一日の夜は、オリオン座流星群を見ながら一日を振り返った。
今日も働いた。

2009/10/21

教育実習訪問で、朝からバビューンである

10/20

教育実習訪問で、朝からバビューンである。名神高速道路を北上して、実習校に向かう。

2校時、3校時の学生の授業を観察して指導。学生は、頭で理解していることと、実際に指導できていることの差に、苦しんでいる。よいよい。さらに努力すれば良い。期待している。

さらに給食まで一緒させていただいた。

学生が担当しているのは、小学校一年生。授業の時は、私はこわい先生のような顔をしながら教室にいたが、給食の時は普通に接する。するとさすがの一年生である。あれこれ近寄ってきては遊んでもらおうとする。そして、
「なんさい?」
と聞いてきた。

『なんさいだと思う?』
と聞くと、あれこれ答えるが、これが当たらない。
「28歳!」
と言った子どもがいたので、
『正解!!』
と言ったら、すぐ側にいた一年生の女子が、
「まじめにやってください!」
と冷静な一言。いやあ、女の子は、小学校一年生でもしっかりと女の子だわ。思わず
『すみません』
と答えた私でした。

楽しい時間でした。

その後、再びバビューンで、大学に戻る。東京からのお客人を3人。研究室で迎える。あれこれ打ち合わせ。新しい本の打ち合わせである。私にとって初めての監修本となる。

来年の早い時期には出版となるかな。

授業は、ディベート。シナリオ方式のディベートから、改良シナリオ方式のディベートへと進み、ここから学生たちは自分で準備をする部分が増えて行く。準備運動が終わって、本格的な運動を始める感じである。

この授業を客人も見学。
授業後、
「ディベートに参加したかった」
「こういう授業が社会では役に立つんですよね」
「その後の彼らの成長が見たいです」
なんて感想を貰う。

折角京都に来ていただいたので、京都の美味しいものを食べていただこうと思ったのだが、日帰りの新幹線の時間もあり、京都駅近辺で食事。

さらに、考えていた店がどこも満席。残念ながら、京都らしくはないイタリアンの店に入り、さらに打ち合わせを続けたのであった。

良い本になりますように、と乾杯を繰り返した。

岩下先生先生であった

10/21

土曜日は明日の教室であった。
岩下先生先生であった。

研究会の事務方は、私には似合っていない。というか、出来るかどうか、いまでも出来ているかどうかよく分かっていない。準備、運営、片付け、お金の管理などなど。こうして書いているだけで目が回りそうである。

だから、明日の教室の研究会を立ち上げるまで、私は事務方には関わらなかった。私が参加することで却って混乱するというのが目に見えているからである。

しかし、この研究会では、これを機会に多少の事務も覚えなければと思い引き受けている。

で、研究会の前に講師の方とお話をすることになる。この時間が結構嬉しい。これは事務方の役得。

今回岩下先生ともあれこれお話しできた。
私は先生の近著である 『教師と子どもの読解力を高める』のことを伺った。

岩下先生と言えば、私は、というかほとんどの方が、名著『AさせたいならBと言え』を思い浮かべるであろう。指導言の中の「指示」をこれほどクリアに実践に即して理論化した本はなかなか見当たらない。

で、今回の『教師と子どもの読解力を高める』は、その『AさせたいならBと言え』を実践の中で発展させたあれこれを書かれているのである。

岩下先生にお越しいただくことが決まってから、再び先生の御著書を読み直していたのだが、この辺りの部分がやっぱりすごいなあと思うのであった。自分の実践から逃れること無く、その上に実践を重ねてさらに理論化するという作業をされているのである。

自転車の前輪と後輪であり、どちらもバランス良く豊かになって行かないと、授業やクラス運営というものはうまくいかない。それを定年の最後との年まで高いレベルで続けられている岩下先生である。

やっぱりすごいとしか言いようが無い。

もう一度来ていただけることにもなった。
今回残念だった方は、次回、是非。

2009/10/19

明日あたり、300000ヒットかな。

明日あたり、300000ヒットかな。

ヒットの方、前後の方、是非書き込みを(^^)。

今宵もオリオン座流星群を楽しめそうな夜空である

10/19

午前中は病院に行って、その後大型図書店に出向いて、書籍を大量購入。ネットで買うことは便利だが、やっぱり一覧できる大きな本屋は良い。紙袋二つ分ぐらい購入。授業の準備に必要な物、研究に必要な物、明日の教室に必要な物とあれこれ手を伸ばして行ったらそんな風になってしまった。

基本的に本は買ったその日に、本の目次は全て読むことにしている。が、今日はいろいろと忙しくてできなかった。

昼過ぎに大学に。

お引き受けした小学校の校内研修の講師の打ち合わせで小一時間。新しい若い先生がどんどん入ってきているので、なんとかせねばという切迫感を持たれているのを感じた。

免許更新制度廃止や教職課程6年制度の動きは大きく取り上げられるが、実際に若手の教員ばかりになっている現場をどうするのかは、学校に丸投げされている感じである。ここにも政策レベルでの支援が必要である。

その後、国語科教育法で模擬授業を行う学生の事前指導。第一グループの第二回目の指導である。一回目は、インターネットから集めてきた指導案を手直しして、私に提出していた。私はそれを見抜いて、きちんと出典を示していないことを指摘。それじゃダメだと伝える。

もちろん、「追試」は良いのだが出典を明らかにせずにやるのは、剽窃である。私は剽窃されたことがあるので、ここは丁寧に指導。

で、今日は新しい教材で、オリジナルの指導案を持って再挑戦しにきた。学生たちはオリジナルを作ったことにちょっと自慢げである。

しかし、一読してこれはある有名な作文指導であることが分かった。ではあるが、学生たちは自分たちが考えた新しい指導方法であると思い込んでいる。

指導案のあれこれを指導した後、
『これ、実はもう20年も前から行われている指導ですね。私もやったことがありますよ』
「え!」
とのこと。

研究室からその指導をまとめた書籍を二冊持ってきて学生たちに見せる。

「あ。まんま、ぱくってしまっている」

とのこと。

つまり、基礎文献を読んでいないので、自分がオリジナルだと思い込んでいるパターンである。簡単にいえば勉強不足である。しかし、逆の見方をすれば、有名な指導方法に近いものを考えたともいえる。

だから、その指導方法に学び、自分たちがやりたいところとの差異をきちんと示して、行うことができればそれは「修正追試」となるのである。

さて、来週もう一度指導案を見るが、どうなっているであろうか。

今宵もオリオン座流星群を楽しめそうな夜空である。

地球温暖化に貢献してしまいそうなのだが

地球温暖化に貢献してしまいそうなのだが、気になることがある。

京都東インターチェンジから、大津インターチェンジまでのドライブで下記のルートは可能なのであろうか?

1)
1

2)
2

隣同士のインターチェンジで、乗ってから降りるまで高速道路内にいることは確かである。3キロちょっとのこの間をETCで土日の昼に走ると200円。通常でも250円である。

ではあるが、このように大きく回っても同じ値段なのだろうか。地球温暖化に貢献しそうであるが、非常に興味がある。電車の一筆書き乗りはオッケーだし、

こんなことを考えている人もいるので、大丈夫かなあとは思うのだが。詳しい方いらっしゃいますか。
http://drive.yahoo.co.jp/map/RTXHkQRYHWOJOOhq9U_w--/detail
3

12月の明日の教室ご案内 書写/篆刻

12月の明日の教室のご案内です。12月は12日(土)に、書写と篆刻です。

年末年始は何かと筆を使う機会が増えます。または、筆が使えたら良いなあと思う瞬間が多くあります。今回はこのご要望に応えつつ、教室での書写指導に役立つようにと、書写と篆刻を行います。

書写は、中国の古典を使いながら、中国の正統的な筆の学習方法の「摸書」の指導方法を中心にあれこれ。時間があれば、さらに詳しい指導方法も。小筆を中心に行います。

篆刻は、吉語(めでたい言葉)を石に彫ることをやってみようと思います。本格的に篆刻を行おうとすると、文字を鏡面に写ったように裏返して書くなどなかなか難しいのですが、今回は非常にちゃっかりの方法でやってみようと思います。

講師は、不肖池田が務めたいと思います。よろしくお願いいたします。

なお、筆や半紙、さらには篆刻用の石など用品は全て一括で購入しようかと思います。よって、参加費の他に材料費が1000円から1500円程度掛かりますので、よろしくお願いいたします。

日時:12月12日(土) 13:30〜17:00
場所:京都橘大学 児優館 C502(予定)
内容:書写指導、篆刻指導のいろは
会費:一般2000円、学生1500円、苦学生要相談
材料費:1000円から1500円程度
懇親会:4000円程度 (今回は忘年会ですねえ)

お待ちしております。
申し込みは、
http://kokucheese.com/event/index/608/
です。

天気もいいし

10/18

天気もいいし、どこかにドライブしたい日和。糸井先生のブログを見たら長島温泉のアウトレットが良さそうだというので、早速ETC1000円で出かけることに。

いやあ、第二名神は気持ちが良い。広軌の高速道路なのでゆったりと走れる。そこを新しい相棒は、気持ちよくとレースして行く。

湾岸長島のPAで取り合えず休憩する。なんと足湯があるではないか。入ることに。ちょっと熱めのお湯が気持ち良い。

そのままセントレア空港に足を伸ばすことにした。出張で盛岡に行くときに、一度この空港から飛び立ったのだが、なんとも良い感じの空港だったので、ドライブでもう一度いくことに。

長島温泉ではないが、この飛行場には風呂がある。タオルを貸してくれて1000円。30分ほどゆったり。さすがに露天風呂は無いが、外の風に当たることが出来る。

「いやあ、裸で飛び立って行く飛行機を見るなんて、人生にあるとは思いませんでしたな」

と横にいたご年配の方が話しかけてきた。

『本当に。でも、飛行機の乗客のみなさんも、裸の人間に見られているとは思っていないでしょうねえ』

と返事をして笑う。

そのまま帰るつもりだったが、思い立って電話をしてみる。ブログにコメントを書き込んでくれるフジサキくんの同級生の一世くんに。すると、電話に出た。彼も私の塾時代の教え子で、いろいろと縁のある人間である。

二人目のお子さんがそろそろ一歳になるころで、うちの娘もあったことが無いので会わせることに。そのまま名古屋市内にある彼の家に向かう。

そのまま「ひつまぶし」の有名店に連れて行ってもらう。5歳、2歳、1歳の女の子ばかり。私の奥さんと彼の奥さん。いやあ、女子率が高い(^^)。

最初は照れていた5歳と2歳の娘たちは、時間が経つに連れて仲良くなり、最後は手を繋いで歩いていた。いいもんだ。

近いうちに京都で再会することを約束してさよなら。
いいもんだ。

帰りはぐるっと名神高速道路を使って帰宅。一日で400km近く走ったかな。駆け抜ける喜び(こればっかf(^^;。)である。

家に帰って何気なくニュースをチェックする。
すると、なんと今宵からオリオン座流星群が出るとのこと。
慌てて確認する。
http://www.nao.ac.jp/phenomena/20091019/index.html

なんと我が家のベランダからでも見られるようだ。
眠たい目をこすりながらしばし、夜空を見る。
すると、流星が見えるではないか。

いやあ、これからしばらく流星群を楽めそうだ。

« 2009年10月11日 - 2009年10月17日 | トップページ | 2009年10月25日 - 2009年10月31日 »