« 2009年11月22日 - 2009年11月28日 | トップページ | 2009年12月6日 - 2009年12月12日 »

2009/12/03

さ、授業の日だ

12/3

昨日の打ち合わせの疲れが少し抜けないまま起床。
いつもより1度高い温度に設定して朝風呂に入る。
1度違うと、窓を開けて入ってもなかなか気持ちが良い。

さ、授業の日だ。

国語科教育法2は、スピーチのテストというよりは、スピーチのテストを採点する授業。これは結構難しい。一発勝負で行われるスピーチを
、一発勝負で採点する。

採点する側に、採点のための規準と基準がしっかりとないと、ブレた評価になってしまう。しかし、ここから逃げるわけにはいかない。音楽の先生はこれを毎回やっているのだ。国語科だってやるのである。

学生諸君のスピーチを聴いていてちょっと驚いたことがある。それは15人のスピーチのうち、7人までもが親、兄弟、祖父母などの親族に関する内容であったことだ。感動する話、笑える話、泣ける話をしてくださいと指示を出したところ、このようになった。

ちょっと考えものである。
確かに、話の内容はそれなりにあるのであるが、聞いている側からすれば、どれもこれも同じように感じてしまうのである。親族について「ありがとう」のような話なのである。

これがもし採用試験であったら、試験官は飽きてしまうだろう。(あ、また親族ネタか)
と。
さらに
(また親族にありがとうで終わるか)
と。

他の人が話さないネタで話そう。同じ親族であったら、他の人が思いつかない切り口で話そうと言う発想がない。ここを指摘した。中学生ならいざ知らず、仮にも二十歳を超えているのである。考えねばならない。

ただ、こう言うのもどうかと思った。それは話の最後が説教や教訓で終わる終わり方である。二十歳そこそこの学生に自分の人生から教訓を垂れられてもなあと思うのである。

何のネタを使ってどのように調理するのか。スピーチはなかなか難しいのである。

二回生の児童総合演習は、フィールドワークの纏めと、句会。

フィールドワーク関連ではなかなかシビアな内容も。ちょっと書けないなあ。ただ、学生たちがボランティアで学校現場に入るとき、または、新人として学校教育現場に入るとき避けては通れない事例なので、授業ではあれこれ裏技まで伝授する。頑張れ。

句会は、短時間で行った。

    1)    季語を提示して、作品を作らせる。
    2)    できたら、携帯電話からメールで私のPCに送らせる。
    3)    それを私がコピペで表計算ファイルに貼付ける。
    4)    乱数関数でランダムに並べ替える。
    5)    印刷して配って句会。

という流れであった。句会なんて始めての学生ばかりである。ではあるが、終わったら
「もう一回やりたい!」
との声がすぐに出る。まるで私の娘がビデオを見ている時のようである。
「もう一回(^^)」
と娘はすぐにおねだりをするのである。

もちろん時間の関係で、できなかったがまたやりたいねえ。

教職総合演習は、「ケータイの依存症」についての発表である。友人の藤川大祐先生の著作を参考にして、なかなか力作のハンドアウトを作成しての発表である。

途中、高校生の作ったケータイのHPやプロフ。さらには、実際にHPを作ってみると言う実習の時間も設定してのプレゼンであった。

このケータイとケータイ依存症の問題は実に根が深い。その根の深さを説明し、どう解決するのかという話まで持っていこうとしていた発表はなかなか良かった。学生たちが成長してきているなあと感じられる嬉しい時間であった。

その後、GPの外部評価委員会に出席する。2時間ほど、あれこれと説明をして質疑を受ける。比較的良い評価を得られた。こういう機会に出席するのはなかなかないことであって、勉強になる。

今日は、明日の100キロのロングドライブ、そしてその後の研修に備えて、断酒。休肝日である。明日も働くぞ。

一年間、走り続けましょう

12/2

「トイレのビリビリ!!」
と言いながら娘が目を開けた。そして、すっくと立ち上がってベッドから降りた。

(トイレのビリビリ?)
お腹を壊したのであろうか?
トイレットペーパーをどうにかしたいのであろうか?
分からないまま、一緒にトイレに向かう。

ドアを開けると手を上に伸ばす。
ああ、そうか。トイレに掛かっているカレンダーがまだ11月のままだったので、破るというのである。

奥さんに話すと、昨晩寝る前に、「明日破ろうね」と話して寝たそうである。娘の中ではキチンと繋がっていたのである。

人間がなぜ寝るのかは、実のところよく分かっていないのだそうだ。体を休ませるためというのはあるだろうが、養老先生によると、日中の整合的な脳の使い方から出る塵を取り除くための時間が睡眠だというのだ。

塵を取り除いてスッキリさせるのが睡眠のしごとだというのだ。だから、寝させない覚醒剤の乱用は塵がたまっておかしくなるのだと言う。

娘はぐっすり寝て、すっきりと塵をdelateして
「トイレのビリビリ!!」
だったわけである。面白いものだ。

今日は久しぶりに電車とバスで通勤。
夜に打ち合わせがあるからである。
車の倍の時間が掛かるが、乗り継ぎが良ければ40分ぐらいで到着である。

午前の授業は学級担任論。今日は学級の一日をカテゴリーに分けてグループごとに寸劇で発表。実際にやってみることでいろいろと分かることはある。自分で分かっていても指導できなければ意味がない。

「それじゃ子どもは動かないぞ」
とあれこれ。褒めることのできない先生、正論だけで説明しようとする先生、体がグニャグニャ曲がりつつ話す先生。これじゃあ、ダメだ

指示を出すタイミング、伝える内容の順番、原理原則の説明など学生たちが身につけなければならない内容は膨大である。ディフェンスをきちんと身につけてから、オフェンスをさせたいと考えている。

午後から会議3発。水曜日である。
会議の後は、全学の忘年会であったが私は別の打ち合わせがあったので、失礼してそちらに出かける。

22時過ぎまであれこれ。
うーん、いいのか俺? こんな仕事を引き受けてしまって。
というか、いつのまにか私がこの仕事をやることになっていたのであるがf(^^;。

だが、必要としてくれる人がいるようで、それはそれで幸せなことなのだから頑張らねばと思い直して、やりましょう。一年間、走り続けましょう。

満月も奇麗なことだし、がんばれ、俺。

2009/12/01

さ、師走だ

12/1

さあ、先生が走り回る師走が始まった。今月、忙しいぞ。来年度のシラバス作成等もある。だが、学期の締めくくりをする小中高の先生に比べれば、そのための業務はない。その分、あれこれやろう。

ということで、午前中は研究の仕事。研究にはじっくりと考える時間が必要。もっというと、ボーッと中空を見つめているような時間が必要。実験を繰り返す自然科学と違うのはそういうところであろうか。

ただ、この中空を見つめるような時間というのは、

1)中空を見つめることが主
2)作業が主でその合間に、中空を見つめる

の二種類がある。忙しいとどうしても2)ばかりになるのであるが、1)も必要である。今日は2)と1)の間のような感じで作業を進める。

頑張れ、俺。

昼からはGPの打ち合わせ。
12/3の発表のためのもの。ほぼオッケーとなる。

さらに、教職総合演習の発表の相談を受ける。嬉しいことに学生たちが頑張っているので、発表ごとにハードルが上がる。

だから後半に発表する学生たちは、なかなか大変なことになる。ではあるが、この大変さは大事な大変さである。大学入試を目指してきた勉強は正解がある。そこに向けて頑張れば良い。

しかし、いま学生諸君がやっている発表のための準備というのは、正解はない。正解がない割には失敗はある。現状を分析し、問題点を明らかにし、解決策を提案する。これが客観的な資料とともに論理的に示されなければならない。

ではあるが、実はこの発表の形式はディベートを学んでいればそんなに難しいものではない。だから、ディベートぐらいは一回生のうちにきちんと学んでおけば良かったのにねえ、と今日来た学生たちに言う。

覚えばなんとかなった学習とは違うのである。考えなければならないのである。テーマと格闘して、良い発表になるように。期待している。

で、ディベートの授業もあった。
今日は、優先席廃止論題の団体戦での最終戦。なかなか試合になってきた。良い感じだ。

だんだん、頭の中に議論の構築の仕方のフォーマットが出来上がってきているようである。このフォーマットを持っているかもっていないかというのは、結構大きなことだと私は考えている。

このフォーマットを持って、使っていけるようになると、安定した議論を生み出せるからである。それが身に付けば、この授業をとった意味は充分に達成しているはずである。

来週は、私の指導した中学生が全国大会で戦った時のビデオを見せる。さて、学生諸君はどのぐらいフローシートが取れるかな?

この間に、『教師になるということ』の第二刷りのための校正や、監修本のあれこれも。

さ、師走だ。

朝日を愉しむ生活

11/30

Imgp0190 こんなにも朝日を愉しむ生活になろうとは思わなかったなぁ。

ま、だいたい仕事に就く時の私の最大の不安が、朝早く起きられるだろうかというものであった位の私でありますから、私の人生に早起きなんてことはないと思っていた訳です。

ところが、年齢というのはなかなか面白いもので、あんなに起きられなかった朝が、起きられるようになるのですから人生は面白い。もちろん、
(なんでこんなの必要なのだろう)
と思っていた昼寝をするようになるのも、これまた人生ではありますがf(^^;。Imgp0214

朝食後、奥琵琶湖のホテルから一気に大学に向かう。カーナビで見ると60キロぐらいはある。だが、それは湖西である。信号も渋滞もなく気持ちよく大学に到着であった。

大学は2限にゼミの授業。
本日のゼミは、卒業論文に向けての発表。実習時の研究授業リフレクション。実習終了報告。さらに、合宿の計画説明があって、私からの事務連絡。本当に盛りだくさんである。

今日の卒業論文テーマ検討は、「コミュニケーションティーチング」について。演劇を好む彼女が、平田オリザさんと蓮行さんの著書などを中心に発表。

いやあ、凄いことになるかもしれない。(というか、最近こればっかりだな。ならなかったら、オオカミ少年だねえf(^^;。)日本では先行研究、先行事例のほとんどないジャンルなので、海外の文献を読むことから始まるかもしれないと伝える。それはそれで楽しい。

自分が中学校のときからやってきた演劇が、ここにきて卒業論文としてこのタイミングで出会うわけである。人生何があるか分からないねえ。自分のやりたいことを簡単に捨ててしまわない方が良いということだなあ。

午後は、大阪市内の小学校に向かう。校内研修会の講師である。二年目の先生が小学校一年生を対象に国語の授業をする。「ことばであそぼう」というもの。折り句で遊ぶわけである。

言葉で遊べるというのは、言葉をかなり使いこなせることだと私は考えている。どんどん遊ばせてあげたい。

こういう校内研修会などがあるとき、実はなるべくお願いしていることがある。学生たちを参加させていただけないかということである。鞄持ちとして連れて行くのである。

今回は小学校一年生の授業だったので、教育実習で一年生を担当した学生を連れて行った。一緒に校内研修会に参加させていただいた。現場の先生方がどのようにして学んでいるのかを体験するのである。

私が指導助言する内容は、大学の授業やゼミでやっていることとあまり変わらない。相手が現場の先生だから変えるということはない。ま、言い方がやさしくなるぐらいはありますがf(^^;。しかし、ポイントは変わらない。それを学生たちは見て学ぶのである。昨日もそうであった。

そして、帰り道でさらに細かい解説をするのである。
「先生、私たち凄く恵まれているのですね。他の大学の学生たちと話しているとびっくりするぐらい恵まれているんだなって分かります」
と、昨日の学生。
『そうだよ。そして卒業するともっとそれを実感するはずだよ(^^)。』

教育は、贅沢に行われるべきである。

「忙しい一週間」の始まりであった。


今宵のお酒は「不老泉」

11/29

朝、出掛かける準備をしたいたら電話。二回でベルが鳴り止んだ。不審に思って着信履歴を見ると、かつての学年の先生から。ピーンと来た。

早速電話。

「もしもし、Aちゃんですか?」
「すみません、先生」
「やはりそうですか?」
「はい」

勿論、嘗ての先生にチャン付けで呼んでいるのではない。その先生の娘さんのことをチャン付けで呼んでいるのだ。

私の名前は五十音順では最初の方になる。携帯電話を悪戯し始めた赤ちゃんが携帯電話をいじって、私の番号を触ってかけてくれることがある。今朝がこれであった。

おかげで久しぶりに話が出来た。なかなか嬉しい偶然であった。

晩秋の近江の旅は、人影の少ないリゾートホテルを宿に選んだ。

琵琶湖の北のホテルである。湖岸の砂浜には誰もいない。いっしょに歩こうと思った娘にも振られたので、本当にひとり。Rimg0371

足下に琵琶湖の波の音が、ときどきぱちゃぱちゃ、ザーン。と言う感じである。

iPod touchに「サラの犯罪」を入れておいたので、それを聞きながら、コートを着たまま。雲の隙間から時々みえる月を見つつ、
(今年も後一ヶ月か)
と思う。

色々ありすぎて、年末に思い出すには、時間が足りないなと今から思う。12月も師走で忙しいしなあ。でも、いい時間を過ごしているなと自分でも思う。感謝だ。

しかし、私が目指している場所はここではないことも私は理解している。が、能天気な私はここにも上り続ける喜びを感じるが。Photo

ホテルで食事の前にベッドで身体を横たえる。一台で走るのと、二台で走るのは疲れ方が違う。信号を待つタイミングがずれるからだろう。

寝て体を休めようと思った。
お休みのときには、娘のチュである。
『お父さん寝るから、チュして』
というと、
「あとで~」
と冷たいお返事。

悲しくなりつつも、本当に眠たかったのでそのまま体を横たえることに。すると、3分ぐらい経ってからであろうか。
「チュ!」
と娘が、私が寝ているところに来てしてくれたのである。私がすねて寝ていると思ったのであろうか。ま、半分すねていたが。

しかし、まだ二歳なのに男を焦らすこのテクニックはどうだ?
誰が教えたんだf(^^;。 骨抜きになるお父さんであった。

Rimg0232 昼ご飯を沢山食べてしまった。景色の良いところで、のんびりとランチで食べてしまった。それで、夕ご飯が食べられるかどうかちょっと心配であったが、食べられた。

今宵のお酒は「不老泉」。
もちろん、いつまでも元気でいてほしいと言う願いである。

2009/11/29

大津の晩秋ツアー

11/28

東京から奥さんの両親が観光に来ているので、大津を御案内する。

娘は、おじいちゃまと一緒にミシガンに乗るのをとても楽しみにしていた*1。本当はわたしも一緒に乗船する予定であったが、急遽変更。ミシガンは、我が家の前を通るので、私が家に残りカメラマンになることにする。

携帯電話にいまどこに乗船しているのかの電話が入る。カメラのレンズを望遠に変えて構える。いたいた。

なかなか良い感じに撮影できる。みなさん、ミシガンに御乗船の際はご連絡ください。撮影いたしましょう(^^)。

Photo

昼ご飯は、琵琶湖湖畔のお店に行く。
パスタを食す。さすがに今日は寒いのでテラスでは食べなかったが、それでもいい景色の中で食事というのは、やっぱり気持ちが良いなあ。毎日家でもいい景色であるがf(^^;。Hiru

その後、びわ湖ホールのカフェに移動してデザート。ここのカフェは、噂に聞いていたが良い。気持ちが良い。高い天井、広い空間、白と青一色の世界である。Cafe

今日は、世界的なバレエの公演があるので、開演前のカフェは人で一杯であったが、時間になると一気に人がいなくなり貸し切りであった。うーん、贅沢。

で、ここのホール、大中小とあって、小ホールは300人程度。さらには研修室もある。場合によっては、ここで明日の教室を開催しても良いなあと思った。300人人が集まる明日の教室って、うーん、ありかもなあ。野中先生の京都の時は150人の席だったからね。

良い勉強と、すばらしい景色。終わってからの懇親会の場所さえ決まれば、ありかもしれない。

娘は、おじいちゃま、おばあちゃまが家にきてくれたので、興奮。あれこれ自分の宝物を見せて、やらせて、「もう一回」とおねだりしている。

良いもんだなあ。

夜は、「日本一のうなぎ」と日吉大社の紅葉のライトアップへ。日本一というのは野口雨情がそう言っているのである。逢坂の関にある。日本一かどうかは分からないが、なかなか美味しい。夜景もいい。Unagi

Hiyosi 日吉大社は、かつてあべたかさんをご招待したお社である。なぜか、夜のライトアップは、無料なのである。さらにお薦めは日吉大社の隣の旧竹林院。ここもライトアップの時は無料なのだ。Kyuutikurinin

ライトアップをやっている時間ぎりぎりだったが間に合った。紅葉自体はもう終盤であったが、良い時間であったな。

今日は大津の晩秋ツアーであった。

*1 「おじいちゃま」と娘が言うのを聞いて、なんとも可愛いなあと思った。小さな女の子が、「おじいちゃま」というのは可愛いのだと思う。やがて私もおじいちゃんになるのだが、「おじいちゃま」と言われてみたいなあと思ったf(^^;。

« 2009年11月22日 - 2009年11月28日 | トップページ | 2009年12月6日 - 2009年12月12日 »