« 『教師になるということ』が二刷りになりました | トップページ | 忙しくも楽しい一日だった »

2010/01/22

幸せな時間は続く

1/22

久しぶりにオフ。
オフということは子守り。

娘は最近滑り台に凝っている。我が家の周りには、子どもの足で歩いていける滑り台のある公園は、ま、ないこともないのだが、325iに乗っけて滑り台公園巡りとなる。

浜大津の方に、大きな公園があり、大きな滑り台と小さな滑り台と遊具が揃っている。ここに連れて行く。途中

「あ、滑り台!」

と、道ばたにある小さな公園にある滑り台を何台も発見する娘。発見されても車を停める場所が無いので、通過。でも、いずれ行くことになるんだろうなあと思いながら、通過。

公園では、滑り台の他にターザンロープやタイヤのブランコなどで遊ぶ。

「お父さんも一緒!」

と言われると、ま、嬉しいのと大丈夫なのかという思いが半分半分。で、挑戦。を、まだできるじゃないか。だけど、鉄棒の前周りはちょっと今回はパス。

で、思った。こうして娘と遊びながら、私はエクササイズをすれば良いのだなと。鉄棒にぶら下がったり、腕立て伏せをしながら、一緒に遊ぶことにした。

昼ご飯は、うどん屋。結構お気に入りの「丸亀製麺」。みんなででかける。ここの社長の経営哲学が結構気に入っている。アルバイト社員を丁寧に育てている。良いビジネスモデルになっているなあと思う。

さらにまた滑り台。琵琶湖に面したちょっと穴場の公園。寒い中、寒さ関係なく娘は滑りまくる。
お父さんも、寒さに負けないように鉄棒で腕立て伏せである。

で、帰宅してダウン。学生から貰った目を温めるグッズを使ってハンモックの上でゆらゆら。「いつも学生たちを見守ってくださっていて、Macを見続けていて、目が疲れていらっしゃるでしょうから」とくれたもの。素直に嬉しい。私は教え子たちに恵まれている。いつの間にか夢の中であった。

風呂から出たら、娘が何やら紙袋に自分の持ち物を詰めて、娘専用の小さな椅子に乗っけて私のところに運んできた。ん?

「宅急便でーす」

とのこと。なんだ、そうだったのか。内田樹先生の「交換」を思い出す。中身を確認してまた娘に返す。すると、

「また持ってくるね」

と言い、自分の机の場所に戻る。そして、新しいあれこれを詰め込んで持ってくる。私はこれを確認して、

『を、これは新しい本だな。すごいな。ありがとう』

と繰り返すこと5回ほど。
そこに、二週間ぶりの冬の花火が琵琶湖で上がる。娘を抱っこして、ベランダに出る。
ああ、冬である。そして、春である。

食事のとき、ヱビスの超長期熟成ビールを楽しむ。娘がグラスに注いでくれる。すると

「お茶!」

という。確かに、琥珀色をしている。娘が飲むお茶はほうじ茶なので似ていると言えば似ている。

『ん? これはビールだよ』

というと、

「下がお茶!」

とのこと。泡の下はお茶に見える。
はい、その通りです。

さ、明日は関西青年塾。そして、17年前の教え子の結婚式である。
幸せな時間は続く。

« 『教師になるということ』が二刷りになりました | トップページ | 忙しくも楽しい一日だった »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『教師になるということ』が二刷りになりました | トップページ | 忙しくも楽しい一日だった »