« 「教員養成大学には、学級担任論を設置すべきである」 | トップページ | 西川純先生と藤川大祐先生の対話 »

2010/01/28

「鍋パーティ」

1/27-2

その後、学生の相談に乗り、教授会に参加し、さらに事務仕事を進め、いよいよ本日のメインイベントの「鍋パーティ」に参加するのであった。

鍋パーティは、一回生のゼミの打ち上げである。もちろん、18歳であるからしてノンアルコール。ノンアルコールで、鍋を突っつきながら大学生活の一年間を振り返るのである。

ゲーム、クイズなどをしたあと、ムービーを見る。もちろん、このムービーは学生が作ったものである。入学式から最近までの写真をもとにフォトストーリー3で作ったムービーである。

今年で三回目の鍋パーティである。ムービーも三本目である。12分ぐらいの作品であったが、学生たちはもちろん教員も感慨深い思いで見ていた。

児童教育学科の一回生は鍋パーティ。そして、そこにはフォトストーリーで作ったムービーというのが定番として定着している。そこに関わっている私としては、非常に嬉しいものがある。

集合写真を撮り、片付けをしてお開きとする。

急いで自宅に戻る。娘が寝ているかどうか分からないので、そっと玄関のドアを開ける。寝室を見ると蒲団を被っている。
(よしよし、寝たな)
と思っていたら、5分後になぜか娘がリビングにやってきた。

「かくれんぼ!」

というではないか。
奥さんと一緒に、私から隠れていたのである。で、見つけてくれないので自ら名乗ってきたという次第であった。そんなの分からないって(^^)。

授業最終日の夜、Appleの新製品を楽しみにしつつ、寝る。

« 「教員養成大学には、学級担任論を設置すべきである」 | トップページ | 西川純先生と藤川大祐先生の対話 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「教員養成大学には、学級担任論を設置すべきである」 | トップページ | 西川純先生と藤川大祐先生の対話 »