« 帰宅すると、娘が玄関まで走ってきてお迎え | トップページ | 素直に、彼ら彼女らの成長を喜ぶ »

2010/01/17

いつまでこんなふうに

1/17

昼までは、昨日までの余韻にぼーっとしながら過ごす。

昼ご飯はパスタ。あまりにも琵琶湖からの日差しが気持ちよいので、昼ワインを一緒に飲みたいところではあるが、午後からの仕事と運転に差し支えるので我慢。アップルタイザーで凌ぐ。

午後からは、お仕事。
2009年の業績リストのまとめである。

改めて8月が山場で、やばかったなあと思う次第である。
講座と原稿の締め切りが飛び交い、
(倒れないように、倒れないように)
と思いながら過ごしていたのをリアルに思い出せる。

思い出せるだけではなく、その時の疲労感までもが蘇る。
参った。

早く仕上げてしまおう。

ネットにMacを繋いだまま仕事をしていると、メールやツイッターであれこれ情報が入る。この週末は、16日に横浜で野口塾があり、野口先生と横山先生もご登壇。明日の教室の仲間も京都から駆けつけて学んでいる。

早稲田では授業づくりネットワークの勉強会があり、春の集会夏の集会に向けての企画等を練っている。北海道から石川さん、福島からあべたかさんと駆けつけている。私は若狭の疲れを恢復させるのと、たまった仕事をなんとしても終わらせたいので、欠席。

それにしても、こういうエネルギーを持った仲間の中にいられるのは、ありがたいことだ。国はこう言うところに補助金を使うと言う発想はしないのかなあ。自腹を切って学ぶことが大事なのはその通りだが、交通費ぐらい補助をするってのは、ありだと思うのだけどね。

で、あれこれ断片的に入ってくる情報でも、それぞれかなりいい会だったことが分かる。

夕方から出かける。
娘があまりにも「滑り台滑り台!」というので、トイザラスまで滑り台を見に行くことにする。

というか、親は、
(ま、仕方が無いか買ってもいいか)
という勢いで行ったのだが、娘が興味を示したのは最初の3分だけ。その後は、三輪車に首ったけ。

ただ、三輪車の良いデザインのものが見つからず、今回はパス。ただ、雪車遊びの道具だけ購入。ま、与えられたもので遊ぶのではなく、あるもので遊べる娘に育てたいなと思う私たちには、納得の結果かもしれない。

いつまでこんなふうに娘と遊べるのかなあ。

« 帰宅すると、娘が玄関まで走ってきてお迎え | トップページ | 素直に、彼ら彼女らの成長を喜ぶ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 帰宅すると、娘が玄関まで走ってきてお迎え | トップページ | 素直に、彼ら彼女らの成長を喜ぶ »