« 1月の明日の教室のご案内です。 1/30 土作先生 | トップページ | これが私の考える丁寧な指導である »

2010/01/14

学生たちが成長してきたのを感じられる今日の発表

1/14

授業の日。昨晩のうちに授業の準備をあれこれ済ませておいたので、朝はゆっくり。サッシ越しに朝日を浴びて、床暖房の上にあるハンモックにごろり。朝食の後に、二度寝をしてしまった。

「お父さん。起きて!」

と娘に起こされる。
ああ、幸せ。

国語科教育法2。

テスト問題の採点、素点表づくり、エクセルでの評定確定という流れで講義。メディアセンターのPCで行う。成績集計のためのエクセルのマクロは、私が実際に使っていたものを使用。

学生たちは、採点ができるのを最初は楽しみにしていたが、実際にしてみるとその大変さに閉口している。生徒の時には、

(試験が終わってしかも土日を挟んでいるのに、なんで月曜日に答案が返ってこないのだ!)

と思っていたと思うが、実際に自分が採点する側に回るとその意味が分かる。だいたいからして土日は休みである。なんで家で採点しなければならないのだ。ここがおかしいことに気がついていない。

で、出てきた素点を元にして、成績を出す。そもそも採点が早くできない。正確にできない。さらに、テンキーがきちんと使えない。たかだか18枚の採点にひーひー言っているわけである。

エクセルが使えないと話にならないことを実感したようである。そして、先生が偉大なことも(^^)。

児童総合演習。

テキストの竹内本の読解。この章でもうこの授業も終わり。テキストを読みながら、テキストにある違和感をすくい取り、それを改名する作業をし続ける。実践記録に描かれている世界を、違和感をキーワードに読み開くことを続けてきた。

少し、引っかかることができるようになってきた。今日のキーワードの一つは「他者性」。他者と他者性はどう違うのかに引っかかって読み解いていこうと挑戦していたが、撃沈であった。少々助け舟を出す。

他にも、具体的、抽象的、象徴的の違い等に触れる。

教職総合演習。

本日のテーマは、食物アレルギー。アナフィラキシーショックの話なども出てきてなかなか勉強になる。実習コーナーはみたらし団子を作る。だから授業は調理実習室。こう言うところでやる授業も良いものだ。

みたらし団子のどこにアレルゲンがあるのか?
実は、みたらし団子に使われている醤油。これを造るときの大豆がアレルゲンなのだ。いやあ、なかなか難しい。

アレルギーを学校教育の中で考えるときに大切な観点を示しながら、レポーターは発表を進める。なかなか面白かった。

授業後、たまっている事務仕事を進める。
まだ、終わらない。日曜日にもやるようだな。
うーむ。

だが、学生たちが成長してきたのを感じられる今日の発表で、気分はいい。こういうことで気分が良くなるってのは、やっぱり教師だなあと思う。

さて、明日は安全運転で福井である。

« 1月の明日の教室のご案内です。 1/30 土作先生 | トップページ | これが私の考える丁寧な指導である »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 1月の明日の教室のご案内です。 1/30 土作先生 | トップページ | これが私の考える丁寧な指導である »