« よし、新型iPhoneにしよう | トップページ | 学問とは、要は »

2010/06/10

とびきり美味いウーロン茶

先日、大阪のとある店で飲んだ。ま、いわゆるカウンターがあって軽い食事が出来る店である。

カウンターの中には、細くて神経質そうで、眉毛も剃っていて、体中にタトゥーをしている若い男がドリンクを作っていた。街中で会ったら、ちょっと会話はしたいとは思わないかもしれないタイプである。

だが、彼の作るカクテルはなかなか良かった。切れがあった。ふーん、いいなあと思いながら飲んでいた。

ある程度飲んだので、一休みと言うことでウーロン茶を頼んだ。
彼は、グラスにアイスを入れ、ペットボトルからウーロン茶を注いだ。

私はそれを受け取ろうと手を出した。
すると、彼は、マドラーをグラスに挿して、軽くステアした。私が受け取るタイミングが一瞬ずれた。だけど、心地よいズレであった。

(ああ、そうなんだよな)

プロの仕事というのは、そう言うことなのだと思う。ほんのひと手間だが、その手間を惜しまずに掛けることができるかどうかである。時間にして3秒であろう。その手間である。

『ありがとう。ウーロン茶にもきちんとステアしてくれるなんて、嬉しいなあ』
と私はプロの仕事にお礼を言った。

するとその彼は嬉しそうに、軽く微笑んで
「どうぞ」
と渡してくれた。

とびきり美味いウーロン茶であった。

« よし、新型iPhoneにしよう | トップページ | 学問とは、要は »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« よし、新型iPhoneにしよう | トップページ | 学問とは、要は »