« 試合を通して成長するチーム | トップページ | 全国教室ディベート連盟近畿支部の地区大会 »

2010/06/20

ノルマ

6/19

いくらでも寝られる。8時過ぎに起きてきて朝ご飯を食べる。部屋の片付けをして、食器を洗って、お茶を飲む。

さ、読書でもするかとベランダのハンモックに体を横たえる。ここで、アウト。寝てしまった。途中何回か意識が戻るが、気がついたら琵琶湖のお昼の噴水が上がっていた。

無為に過ごす午前中。
しかし、これも体が欲しているからであろう。
体が欲しているのか、ハンモックが促しているのか、そして両方なのか、いくらでも寝られる感じだ。

抱えていた大きな原稿や仕事が一段落したので、それまで辛い状況でありつつも頑張ってくれた私の体が、
(もういいでしょ。少し休ませてね)
と言っているのであろう。

ありがとうと思いながら、無為に午前中を過ごす。

昼ご飯を食べて、体の声を聞くとまだ無為に過ごしたいというf(^^;。

それならばと、さらに部屋の片付け等をしながら過ごす。頭の片隅には、来週東京で行われる「明日の教室東京分校」の開校式で行う講座のシラバス案を練っている。

http://kokucheese.com/event/index/2058/

「若手教師のための学級担任論」
である。今回は、いままで講座などでは話したことのないものもくわえる予定である。3時間30分をどのように構成しようかと、あれこれ頭の片隅では考えている。

基本的には無為なのだが。

三時の噴水が上がり、いくらなんでもこのまま無為に過ごすのもなんだよなあという声が、体から聞こえてきたので買い物に出かける。

タマネギ、ズッキーニ、パプリカ、トマト、ニンニク、唐辛子、茄子。他にも諸々買い込む。ちょうどいろいろなものが無くなってきたところだったので、ドカンと買い込む。

そして、調理を始める。カポナータを作るのである。私にとっては、聖蹟桜ヶ丘のお店で食べていた「ノルマ」という呼び方の方が身近ではある。

夏野菜をドカンと使ったこの料理は、野菜の水分だけで炒め煮をするのだが、その水分を飛ばして味付けをすると、本当に濃厚な野菜のうまみが味わえる。

ま、料理は手間だというが、ノルマを作っていると本当にそう思う。「切って、炒めて、煮て、オーブンで水分を飛ばして、調味料で味を整える」だけの料理である。単純だが確実に一つ一つをやらなければ美味しくならない。手間を惜しむのは、ダメだなあ。写真は、制作途中。

Photo

それにしても、こういうものを作っていると、少し元気が出てくる。夜のサッカー観戦に備えている感じもいい。

サッカー観戦をして、明日のディベート甲子園近畿大会に備えて寝る。

« 試合を通して成長するチーム | トップページ | 全国教室ディベート連盟近畿支部の地区大会 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 試合を通して成長するチーム | トップページ | 全国教室ディベート連盟近畿支部の地区大会 »