« 帰ってきました | トップページ | やっとこれを言えるようになった »

2010/09/12

四回生ゼミ合宿

四回生ゼミ合宿で湖西の白浜荘に来た。新入生キャンプ、立志式と御世話になっている宿舎だ。
目の前は綺麗な砂浜。松林も見事だ。

1FE6F6E0-0978-48C5-A32C-D83DDA45E576

今回の合宿は、卒業論文の目次案指導である。12人のゼミ生のうち、参加できた11人の 卒業論文について全体の論旨の確認、もっと言えば本当にこの論文は成立するのかの確認を行ったということである。

目次が決まれば、卒論や修論は半分ぐらい書けたことになるのではないかと思う。私は修士論文のときには10回以上、目次案を修正した。目次だけで論旨が通っているかどうかをチェックすることができる。ここで論旨が通っていなければ、いくら執筆を進めてもダメである。

だから、目次案指導なのである。

結果として、一回目にしてはまあまあのものになったのではないかと思う。卒論提出は、12月の半ば。ここに向けて学生達が書き続ける。それを指導し続ける日々が本格的に始まったということであろうか。

ゼミ合宿は、半分勉強、半分遊びなのである。遊びでは宿舎にある体育館で運動会などをやった。結構スポーツの能力の高い学生達が集まっていると改めて感じた。バスケットも様になっている。

2B5D3F33-4C9D-4E56-A8C8-A68C6CAB2A8D

夜は、BBQをしながら宴会。
今回は、恵比寿ビールをフルセット揃えて見た。
もちろん、飛鳥Ⅱ船内限定の青い缶のものもある。

BBQというと、肉と野菜。さらには焼きそばということなのだが、私は魚も捨てがたいと思っている。
学生達が準備をしている間に、近くのスーパーに車を走らせ、秋刀魚、ハタハタ、ブラックタイガー、酢橘などを購入してプレゼントする。

これがうまいんだな。

四回生昼過ぎに宿を後にした。
私は、引き続き児童教育学科の三回生の自主合宿、
立志式に参加する為に同じ宿に残る。
たまたま同じ宿にになったわけだ。

ゼミの学生達を見送る。

(そうだな。あと半年後には、本当に大学から彼らの巣立ちを見送るのだな)

と思いながら、見送る。

« 帰ってきました | トップページ | やっとこれを言えるようになった »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四回生ゼミ合宿:

« 帰ってきました | トップページ | やっとこれを言えるようになった »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30