« 「元の位置に返そう運動」を提唱したい | トップページ | 教師は、頑張らなければダメだが、頑張れないときに守られるシステムがほしい »

2010/12/23

その側で伴走者でいられる教師という仕事の喜び

12/23

Img_0285

昨日で大学の年内の授業は終わった。昨日の授業は学級担任論であった。遅刻指導と私語指導について。なぜ遅刻がこんなに日本では重視されるのかの歴史的背景を講じる。

私語指導については、私語の原因のほとんどは、教師にあることを講じる。面白くて、分かって、出来る授業なら私語は発生しようがない。

(まったく、何言っているの? 聞こえない)
(読みにくい字だなあ。なに、汚い字)
(え、締め切りはいつ?)

この(    )の中の言葉は授業を受けている子どもの心の中の言葉だ。これが外に出ると「私語」になる。しかし、これは私語なのだろうか?

ここはある意味教師を敵に回すところだが、事実だと思う。これから教師を目指す学生たちには、私語の問題を子どもの問題にすり替えないで、自分の問題として考えてほしいと思っている。

ま、実際教師として教壇に立つと、自分が児童生徒のときにあれだけ教師に対して不満だったことを忘れてしまうものだ。その時、
(あ、いかん。私語は私に原因があるのだ)
となる教師に育ってほしいのだ。

会議を二つ行って、その後合唱コンクールであった。
正確には、「京都橘大学人間発達学部児童教育学科、第一回合唱コンクール」である。

一年半位前に、当時の二回生にちょっと呟いた。
『うちの学科には、演劇、運動会、遠足はあるんだけど、あと歌がないんだよなあ。歌。歌があるといいんだけどなあ。教育には歌が欲しいよな』
と。

これを受けて、彼らは水面下で動き始めてくれていた。学生たちだけで、合唱コンクールを開いたのだ。しかも、教育実習や採用試験、卒業論文もあった、3、4回生まで参加して。

1、2回生はまさにコンクール。3、4回生はフェスティバルのようになっていた。

私たちが学生を育てたと言い切ることは出来ない。恐らく彼らが育ったのだろう。だが、学科の開設の一年前から大学に異動し準備して来た私としては、感慨深いものがあった。

アドヴァイスはちょこっとだけしたぐらいで、あとは彼らだけで全部やってのけた。

(をを、こいつら育ったなあ)

って、思った。
若者が成長する。その側で伴走者でいられる教師という仕事の喜びを感じる瞬間だった。

Img_0386

片付けが終わってから、実行委員長と副委員長が、報告とお礼を述べに研究室に来た。もう21:00を回っていた。私の仕事は自主的なカメラマン。それだけなんだけどね。

『出来ればその日のうちに、来年度の計画を立ててしまうのが良いぞ』

と話す。改善点が思いつくのは終わった直後なのだ。だから、その場であれこれと話す。

「一発目の全体合唱でとにかく震えました。やって良かったと思いました」

と学生。

『実は、合唱コンクールで一番大事なのは、リハーサルなんだな。当日は何が起きるか分からない。だからいい。リハーサルのときにきちんと歌えればいいんだ』

『子どもたちは、合唱コンクールの優勝が目的。それでいい。だけど、教師は違う。合唱コンクールを通して子どもたちの人間的な成長を導くことが目的だ』

『そりゃあ、一緒に歌いたいさ。でもな、当日は先生は一緒に歌えないんだよ。だから、信じて任せるんだな。特に中学校3年生は、任せないとな。結構教師って、孤独だぜ』

『合唱コンクール当日は、学年合唱、全体合唱が一番良かったと言われるような合唱コンクールを作って行くんだな』

と私。

そのまま実行委員たちと打ち上げに突入するの予定であったが、流石は年末。そして、休日前。どこも予約なしでは無理だった。ははは。それもまた良い。

あれこれある毎日ではあるが、充実した幸せな時間を過ごせているなあ。
ありがたや、ありがたや。

« 「元の位置に返そう運動」を提唱したい | トップページ | 教師は、頑張らなければダメだが、頑張れないときに守られるシステムがほしい »

コメント

いいですねぇ。こんな学びを経てきた若い先生たちと一緒に働いてみたいものです。

もし、同じ職場に採用されましたら、厳しくご指導ください(^^)。

お待ち申し上げております!

お久しぶりです。
歌はやっぱり良いですね♪
私は大学の卒業式、有志で『手紙』を歌いました。
時間を見つけてパート練をしたり、中学の合唱練習を思い出しました。
すでに二十歳を超えた面々。
十五の心ではなくとも、社会へと踏み出す前の心にひびく歌でした。

前例の無いことでしたが、許可して下さった先生方に感謝しています。

をを、久しぶりだな。そっちは寒いか? 雪は多いか?
そうか、もう卒業したか。
いま、何をしている?

今回の合唱でも『手紙』を歌うグループがあったよ。
10代だったらじーんと来るだろうなあ。

私はこうして卒業生からコメントやメールをもらえるのだから、リアル「手紙」を体験できているんだろうなあと思う。ありがたいことだ。

ま、メールください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「元の位置に返そう運動」を提唱したい | トップページ | 教師は、頑張らなければダメだが、頑張れないときに守られるシステムがほしい »