« 2010年5月2日 - 2010年5月8日 | トップページ | 2010年5月16日 - 2010年5月22日 »

2010/05/13

終了予定時間を5分延長して行う

5/13

四回生ゼミ。卒論指導を続ける。追いかけようとするテーマについて、あれこれ議論を重ねる。

本学の児童教育学科は、教育学者を育てようと言う学科ではない。教育者を育てたいと考えている学科である。だから、厳密に学問を追いかけるような卒論を求める必要も無いのかもしれない。

しかし、私はその考えには首肯しない。折角の卒論だ。論文を書けるのだ。文章と格闘する機会というか、権利というか、そういうものを手にしているのだ。没入するべきだと考えている。

その後、事務仕事。このところ、一週間に10冊程度本を買い続けている。その事務処理が大変なのである。

恩師には、

「自分の一生をかけた研究テーマを、そろそろきちんと決めよ」

と言われるのだが、そこはへそ曲がりの私。まだ、これ!というところにいない。だから、手当り次第に本を買い続け、読み続ける。

私は、私の人生は子どもたちが連れて行ってくれる世界について歩いてきたという感じを強く持っている。。ディベートの指導にしてもそうだ。私がディベートの指導をしたいからやってきたのでは、ない。生徒たちが議論の授業が面白いというので、あれこれ探していたらディベートにたどり着いたというのが事実。

牛に引かれて善光寺という諺があるが、私はまさに、生徒に引かれて大学教員という感じである。いつのまにか今に至るという思いを持っている。だから、いまでも学生たちの研究テーマについて行って、一緒にあれこれ勉強している感じの部分もある。そして、これが楽しいんだなあ。

理科系の研究室だと、教授の研究テーマに従って学生たちはそのテーマの一部分を貰ってあれこれやるということが多いと思うが、私のところは全然違う。どうぞ、やってごらんである。

やりたいことをやらないでなんの学問だ。そして、その結果の責任を自分でとらないで何の人生だと思うわけだ。

(学生たちにだらだらとついて行くのが、自分のテーマなのかもしれないなあ)

と思うこのごろである。

午後は、一昨日と同じように教育委員会の新採研の講師。一昨日と同じ話をしていただきたいということなので、きっちり一昨日と同じように、終了予定時間を5分延長して行うf(^^;。

講座後に感想を貰う。

引用開始 ーーーーーーーーーー

実践の中から大変分かりやすく、また、楽しい講義を聞かせていただき、より教師としての魅力を感じました。

学ぶことの楽しさを、改めて実感しました。もっともっと勉強したい。成長したい。そう思うばかりです。先生の講義そのもの(話術、提示の仕方)が、勉強になります。ふりかかる試練もちがう視点で乗り越えて行きたいと思います。

もっと聞きたいと思うのですが、今日学んだことが今後に生きるようにして行きたいと思います。ありがとうございました。

引用終了 ーーーーーーーーーー

引用開始 ーーーーーーーーーー

今までの眠かった研修がウソのような時間でした。本当に楽しくて、そして学べる、そんな講義でした。

自分にもこんな授業が出来るようになりたいと思いました。明日から距離を考えて倒れない程度にがんばります。

ありがとうございました。

引用終了 ーーーーーーーーーー

引用開始 ーーーーーーーーーー

はやく子どもたちにで会いたくなりました! さっそくこの後、子どもたちに今日会ったことを話したいと思います。先生の話を聴いて、体の疲れが抜けた感じがします。

ありがとうございました。

引用終了 ーーーーーーーーーー

どれもこれも、ありがたいことである。

大学に寄らずに家に戻ったので、少し早く帰ることができた。娘と遊び、風呂に入り、夕ご飯の一品を作り、あれこれ考えながらだらだらと時間を過ごす。

ああ、今週も前半は終わった。
週末は、東京だ。

「伝える極意」第3回、放送のお知らせです

忘れていました。
私、今日テレビに出ていましたf(^^;。

引用開始 ーーーーーーーーーー

「伝える極意」第3回、放送のお知らせです。
「おどろきのハンドパワー〜スピーチ〜」
本放送:平成20年5月13日(木)10:45〜11:00 NHK教育テレビ
再放送:平成20年5月20日(火)10:45〜11:00 NHK教育テレビ

○内容
スピーチをする時、手の動きを加えるだけで、
自分の思いをもっとわかりやすく伝えることができます。
いつ、どんな風に手を動かしたらいいのか、
その極意を教えてくれるのは京都橘大学准教授の池田修さん。
毎朝、順番に1分間スピーチを行っている小学4年生が初めて、
手を動かしながら話すことに挑戦しました。
極意を教わることで効果的な手の動かし方ができるようになったでしょうか?

○池田流 極意
・ナンバリング(話がいくつあるか 何番目かを示す)
・心の動きや変化も手で表せる
・手はホームポジションに置く

○感想やご意見をお聞かせ下さい。送り先は2つあります。
1)番組ホームページ
 http://www.nhk.or.jp/gokui/のご意見・お問い合わせへ
2)NHKのホムページへ
 http://www.nhk.or.jp/css/goiken/index.html にアクセスし、
「メールでのご意見・お問い合わせ」の「メールフォームはこちらへ」から書き込んで下さい。
頂いた感想やご意見は、番組の作りにどんどん活かしていきたいと思っています。
周りの方にも宣伝して下さい。
よろしくお願いします。

引用終了 ーーーーーーーーーー

再放送:平成20年5月20日(火)10:45〜11:00 NHK教育テレビ

というとですので、こちらでご覧頂ければ幸いです。

授業は図書館の検索の仕方

5/12

朝ご飯を抜いて大学に向かう。今日は年に一回の健康診断の日である。当然バリュームを飲む。そのために朝ご飯を抜く。

いつから大人になるのか、というのは私の重要な研究テーマの一つである。それなりに答えは出してあるが、一つ象徴的なものとしては、バリュームを飲むようになったら大人というのがあるかもしれない。

それにしても、ずいぶんとバリュームは飲みやすくなったものだ。飲む量、味などが改善されたと思う。ちなみに、バリュームを飲んだ後に、突然
(このあと、イカスミスパゲティを食べたらどうなるのだろう?)
と思って実験したことのある私であった。

結果は、ここには書かない。是非、大人になったときにはその証としてバリュームを飲み、実験していただければと思う。人体の神秘を感じるであろう。

うちの大学が大きくなったため、健康診断の日程が二日間になった。去年までは、受付開始30分前に行っても結構並んでいる人が多かったが、今年はなんと受付番号1番であった。1限が始まる前には、すべて終了していた。なんとなくうれしい。

ただ、順調に体の一部は成長期にありf(^^;、ここは何とかせねばならないなあと思っている。

授業は図書館の検索の仕方。検索カードをめくっていた時代と違い、図書館は殆どオンラインで検索ができる。また、大学の図書館同士のつながりで、日本中のどの図書館の本でも借りられるようになるのが、大学生である。その使い方を一回生のうちに覚えさせるのが今日の授業。

使い方を教え、その後、図書館で実際にこれこれの本を探せと指示を出す。こんな感じである。

引用開始 ーーーーーーーーーー

課題は二つである。
どちらか一つできたら、二階のロビーにいる池田のところに持ってくること。
制限時間は、12:00までである。
健闘を祈る。

1)諸君のクラスアドヴァイザーである池田修が書いた本、論文、原稿、作品などを探して持ってくる。

2)学内に咲いている花に、chrysanthemum frutesceusという花がある。原産国はアフリカモロッコ沖のカナリヤ諸島とのことである。さて、カナリヤ諸島原産のこの花が、どうして日本にやってきたのであろうか。その原因を探りたい。それがわかる本を探して持ってくる。

引用終了 ーーーーーーーーーー

1)は、そんなに難しくない。ただし、池田修という同姓同名の学者は数人いるので、その方の著書を捜して持ってきては、アウトである。私はアラビア語は分からない。

2)は、結構難しい。しかし、きちんと捜してくる学生はいる。そういうことが書かれている本が、本学の図書館に、最低二冊はある。今回はタイムアップであった。捜せなかった学生たちの悔しそうな顔がなかなか良かった。

急いで昼ご飯を食べて、出張。
高校生に古典の授業をするのである。

実は、私は20歳ぐらいまで古典がよく分からなかった。分からないと言うのは、理解ではなくて納得の方である。理解はそれなりにするのだが、納得ができないでいた。

桜の美しさも、紅葉の美しさも
(んなもん、毎年咲くじゃん)
(んなもん、枯れているだけじゃん)
のように思っていた。

ところが、あることをきっかけにしてそれが、今まで見えていたものとは違って見えてきたのである。美しいのである。それはなぜなのか、そしてその先に何が分かったのかということを通して、古典の世界の入り口を話した。

その後、百人一首をして楽しみながら、さらにあれこれ語る。バリュームの波と戦いながら、なんとか授業を終えることができた。

ちょっと早く帰ることができたので、今日は少し台所に立って料理をする。

「蛸とトマトのマリネ」を作ってみた。
なかなか美味であった。
お客さんおもてなしの一品が増えたのを喜ぶ。娘もうまうまと食べていた。

Tooc

さ、明日も忙しいぞ。

2010/05/11

二コマ授業をして、大学を飛び出す

5/11

二コマ授業をして、大学を飛び出す。
教育委員会の新採研の講師をしに向かう。

京都東インターから大津インターまで一区間、250円ぶん乗る。自分では絶対にやらない使い方だf(^^;。
大学を出てから講座開始まで30分なので、1分でも惜しいので高速を使った。

会場に到着したのは、講義開始予定時間の2分前。地下駐車場を用意していただいていたのだが、それだと間に合わないので地上の駐車場に停める。

館内に入ったところにお迎えの先生が。そして、そのまま控え室に連れて行っていただき笠を置いて、ジャストタイミングで研修室に入る。

ちゃんとやれば4時間30分ぐらい掛かる内容を、90分でやる。与えられた時間が90分なので、ここに納める。実際は5分伸びてしまった。ああ、まだまだ力不足である。

本日のテーマは、「授業と学級をつくるために、若い教師が考えること」というもの。
講義をして、演習を入れて。
まあ、精一杯やった。
深めることは出来ない時間であったが、きっかけぐらいは与えることができたのではないかと思う。

ふう。

夜は、本当に久しぶりにミンククジラの刺身。
ちょこっとニンニクを乗せて醤油で頂く。
うまひ。

今週は激しいので、精力を付けておかねばなあと思うのである。
あ、もう眠たくなってきたf(^^;。

2010/05/10

でも、なんでこの時間なんだよおおおおおf(^^;

5/10

三回生ゼミ。『街場の教育論』の講読。
私がレポーターとなり、第一章を読む。問いを立てて読むと言うことの練習。なぜなのかと考えながら読むことは大事だと言われるのだが、実際にどうやってやるのかというのは、やはり少人数で指導者の下であれこれやらないとなかなか読めないものだ。これがゼミの良さである。

国語科教育法1では、一子相伝のチョークのあれこれ。スペシャルチョークを見せる。あまりにもスペシャルなのでブログには書かない。池田研究室におこしの際は、早い者勝ちでプレゼントします。

事務の仕事や課題の評価、さらには明日と来週の授業の準備をしながら、午後を過ごす。今週は明日から三連発の出張。そして、一日あけて週末は東京で打ち合わせなどなど。ここしか時間がない。

その、無いところを狙ってかかってくる電話が二本。一本は車の修理に関するものなので、まあこれはよし。

もう一本は、相談の電話。まあね、相談があれば丁寧に答えます。自分の知っていること、感じていることを相手がお望みのフォーマットに整えてお話しします。ディベートを学んだものは、そういうことが大事だと言うことを知っているのでね

でも、なんでこの時間なんだよおおおおおf(^^;。仕事は終わり切らなかったが、まあ、時間だ。帰る。

そのまま帰ればいいのだが、児優館の二階のスペースに四回生が数人残っていてあれこれしている。
『どうしたの?』
と話しかけて、しばらく彼ら彼女らの進路について、あれこれアドヴァイスをする。

本学の児童教育学科の学生特有のまじめさが、却って就職活動への大胆な取り組みを邪魔している感じがあったので、そこについてあれこれ話す。そう、進路の選択はもっと大胆に大きく構えないとね。

帰宅の途中で、病院に駆け込み薬を処方してもらう。毎日飲み続ける薬が、無くなってしまったので慌てて処方してもらい、薬屋に行く。ふう、間に合った。

家に帰ると、娘が昼間如何に「怪獣だったか」が分かるようなリビングの様子であった。でも、その怪獣は私に機嫌を取ってすりよってくる。

「お父さん。お父さま」

と。当然私は、娘の作戦を分かった上でデレデレになる。娘は機嫌が良くなる。キョンキョンの「なんてたってアイドル」をお気に入りになって、踊ったりしている。

だが、寝る前になってもの凄い叫び声で泣き始める。歯になにかが挟まってしまい、それがなかなか取れないで困っているのが原因。だけど、歯ブラシでとらせない。自分の泣き声に興奮してさらに大声でなく。

私はそれも可愛いが、一日中これを聞かされていた家人は大変だろうなあと思う。なんとかガスを抜くことができたので、娘は寝た。

さ、授業をしながら、さらに三連発の出張のために、もう寝よう。

エレベーターのボタン2

エレベーターのボタン問題については、以前考察したことがある。

http://ikedaosamu.cocolog-nifty.com/kokugogakkyuu/2008/10/post-2c8f.html

ま、たいした考察ではないのだが、考察したのである。

で、改めて考えるであるが、なんで私は最初に「閉」ボタンが押せないのかである。「閉」ボタンを押してから、「階数」ボタンを押した方が、明らかに時間の短縮になるのだが、相変わらず気がつくと階数ボタンを先に押している。

以前の考察では、人間が「習慣」の動物であるからこうなるのだというようにまとめたのだが、あれから、本当にそうなのかと思い続けている。

今日も大学に向かうとき、マンションのエレベータのボタンを押したのだが、そのときに気がついたのは、階数ボタンは「目的」であり、閉ボタンは「手段」であるということである。

私は、目的の階数にたどり着きたいのであって、閉めることをしたいのではないということである。目的を達成しようとして行動するのが、私の行動の優先順位の一位を占めているのである。だから、これを先にする。そして、その目的を達成するための手段として、閉ボタンを押しているのである。

かっこ良く言えば、目的志向なのである。そっちの意識が強いので、この順番から変えられないのである。

では、なぜ変えられる人がいるのか? これはプラグマティックに物事を考えられるタイプの人なのではないかと思う。私も結構プラグマティックに物事を考える人間ではないかと思っているが、このエレベーターのボタン問題に接していると、そうでもないのかなあと思う。

ま、目的を重視しているのが私なのだということにしておく。

2010/05/09

「お母さん、いつも、ありがとう」

5/9

出かける寸前に荷物が届く。帰ってきてからの楽しみにして、京都市内に出向く。

久しぶりにスラックスを作る。というか、オーダーメードで作るのは初めてかもしれない。先日ブレザーを作ったテーラー。値段の割にはなかなか良いものを作ってくれたので、スラックスも作ってみることにした。

紺のブレザーが仕事着なので、スラックスはチャコールグレー系がほとんどの私である。

『チャコールグレイの、夏物のスラックスを作りたい』

と言ったところ、数種類の生地の見本を見せてくれる。そして、体のサイズを調べ、スラックスのポケットの形状やシェイプの調整など細かいあれこれを確認してくれる。

(へえ、こうやって頼むんだ)

と思いながらお願いする。
若いうちは、服装に自分を合わせようとして頑張ってきたが、もういい加減、自分に服を合わせても良いだろう。出来上がりが楽しみである。

家に帰ってきて、ベランダの掃除。風呂の残り湯を使ってデッキブラシでゴシゴシゴシ。

池田の名字が示すように、私は水生生物または両生類かもしれない。水の中にいると、水が傍にあると妙に嬉しい。だいたいからして、中学校のプール掃除も大好きであった。可能な限り自分のクラスでやったなあ。

で、その後は、ベランダに夏を迎えるためのグッズを設置。届いていた荷物を紐解く。ははは。本格的なハンモックを手に入れてしまったのであった。

今日は、暑くも寒くもなく、微風。さらに、虫もまだ出ていない。ライトアップされる琵琶湖の噴水を見ながら、ハンモックに包まれていた。うーん、幸せである。

「お母さん、いつも、ありがとう」
を娘に覚えさせ、言わせて今日の大事な一日は終える。
あ、もちろん、私も実家の母親には電話をしたのであった。



『赤ちゃんを爆笑させる方法』

『赤ちゃんを爆笑させる方法』(岡部 敬史/平井 寿信著 学習研究社)を読んだ。

赤ちゃんの時代における父親の役割と言うのは、なかなか難しい。というか、基本的に何をしていいのか分からない。私が小児科医に言われたのは、

「半年までの赤ちゃんには、お父さんは必要ありません。お母さんだけで大丈夫です。でも、お母さんにはお父さんは必要です」

ということ。なんというか、そういうものかと思ったものだ。ま、父親はミルク代とおむつ代を稼いでくるのが仕事というものかとも思った。

が、この本はその問題に違う角度からアプローチしている。父親の仕事は、子どもを笑わせることにあるというのである。

私は意識せずに我が子を笑わせていた。遊ぶのが楽しくて笑わせていた。そりゃあそうだ。子どもが笑う姿と言うのは、なんとも幸せを与えてくれる。その姿を見たいのは当然のことだ。

で、本書はそれを積極的にするにはどうしたらいいのかと考えている本である。また、子どもを見る目の変化、社会の見え方など、親になってから自分が如何に変わって行ったのかの、述懐もあり宜なるかなと思わせるものが多かった。

これが正解というものがないのが子育て。
ミュージカルの世界に生きている子どもに、ジャズのアドリブのようにその場で対応して、なおかつ命を守り、ルールを教え、笑いを共有する。

その時の一つの大きなヒントになる本だと思う。
うちの幼児教育コースの男子学生にも読ませたいなあとも思う。

« 2010年5月2日 - 2010年5月8日 | トップページ | 2010年5月16日 - 2010年5月22日 »