« 2010年5月9日 - 2010年5月15日 | トップページ | 2010年5月23日 - 2010年5月29日 »

2010/05/22

黄砂と地下鉄サリン事件

5/22

昨日、晴れているのに琵琶湖の対岸が見えないというのとがあった。私は勝手に、霧だと言っていたのだが、どうやらこれは黄砂とのこと。

関東にいた時は、こんなに黄砂というものを感じなかったので、少し驚く。

あれは、八王子の中学校にいたとこのことである。私は夏休みの日直業務ををしていた。

職員室にいると、なにやら異様に臭いのである。職員室は、クーラーをかけて窓を閉めてあったので、匂いの元は、職員室にあると思ってあちこちを捜した。しかし、見つからない。

一瞬、私だけかと思ったのだが、一緒にいた教頭先生も、何か匂うねえと言う。やはり、臭いのだ。

職員室の外にでてみると、外も臭い。いや、学校中が臭いのである。教頭先生と私でその匂いの原因を捜すべく、学校中を歩き回った。しかし、原因は相変わらず分からずであった。

たかだか匂いじゃないかと思われるかもしれない。しかし、その時は、事情が事情であったのだ。地下鉄サリン事件があった頃なのである。

八王子は、サティアンのあった山梨県にも近い。私達が恐れたのは、それであった。自暴自棄に陥った彼等が、なにかをしでかしたのではないかと訝ったのだ。

原因が分からないことほど怖いものはないなあ、ということを実感した。

二日続けての日直で翌日も学校に行った。
そのときには原因は分かっていた。昨晩のニュースで大々的に報道していたのだ。

それは、新島の噴火であった。
噴火に伴う火山性のガスが東京湾を超えて、八王子まで届いていたのである。その匂いが充満していたのである。職員室から見える富士山を望み、

(あれが噴火したら、とんでもないことになるんだろうなあ)

と、リアリティを持ったものだった。

琵琶湖にかかる黄砂を見て、そんなことを思い出した。

体を休めるのには、ハンモックである

5/21

今日も体を休めて過ごす。

ただ、今日を逃すと時間がないので大阪のヨドバシカメラまで、修理に出していたデジカメをとりに行く。新快速を使って行くと、私の街の大津京駅から大阪駅まで約40分。早いものだ。

修理の終わったデジカメを引き取り、京都駅でラーメンを食べて、家に戻ってくる。結局3時間30分しか掛からなかった。早い。

しかし、今年の末には京都駅の元近鉄デパート跡地に、ヨドバシカメラ京都店がオープンする予定だ。となると、今日の案件であれば、1時間30分で済むであろう。実に便利である。早くオープンしてほしいものだ。

体を休めるのには、ハンモックである。
何回でも書くが、実にハンモックはいい。

私は床暖房や体にフィットするソファでも寝ているが、蒲団とベッドで寝ることがほとんどであろう日本人は、実に勿体ないと思う。ベッドの値段、羽毛布団の値段を考えると、ハンモックの値段なんて、信じられないくらいに安い。それでいてあの心地よさ。対費用効果抜群の寝具である。

Ha

近所の琵琶湖の畔に娘と散歩して、湖畔で寛いでみた。
なかなかいい。
問題は、こういう時間がこの夏にどれだけとれるかであるf(^^;。

さ、明日は、明日の教室だ。

2010/05/21

日本図書館協会選定図書に選定されました

5/21

41maq507ull_sl500_aa300_

http://ikedaosamu.cocolog-nifty.com/kokugogakkyuu/2010/04/post-d621.html

で紹介いたしました、『クイズ にほん語の大冒険〈1〉文字』(池田修監修 教育画劇)が、この度目出度く、日本図書館協会選定図書に選定されました。ありがとうございます。

関係者によると、学校図書館協議会選定図書は選ばれることもあるのだそうですが、日本図書館協会選定図書というのは、なかなかハードルが高いとのことでした。

自分たちのやってきた仕事が、こうして人様に良い評価を受けるのは、本を作ってきたチームとして、とても嬉しいものだなあと改めて思いました。ありがとうございます。

学校図書館などに是非、三冊セットでお求めください(^^)。

鬼の霍乱である

5/20

鬼の霍乱である。

久し振りに、体のあちこちが悲鳴をあげている。風邪だけではない。歯が浮いている。歯が浮くというのは、歯が丈夫な人にはわからない感覚であろうが、いまこの感覚である。さらに、何かの花粉による症状や、あれやこれやである。あと一日で、何とかせねばなあと思うばかりである。

鬼の霍乱。

大辞林 第三版から引用開始 ーーーーーーーーーー

鬼の霍乱かくらん
〔「霍乱」は暑気あたりの意〕
いつも非常に健康な人が,珍しく病気にかかることのたとえ。

引用終了 ーーーーーーーーーー

とある。他の辞書では、日射病からの下痢ともある。まあ、鬼の腹下しなのかもしれないなあなんて事を思うのである。

大学のエレベータの中で、学生に声を掛けられる。

「先生、風邪ですか?」
『うむ。鬼の霍乱である』
「そうなんですか」
『そうなんですかではない。だいたいからして、君は、鬼の霍乱という言い方を理解しているのかね?』

という事で説明を始めてしまう。
(こんな体調が良くない時に何をやっているんだ)
と自分でも思うのだが、指導はその場でという事が染み付いているのだから仕方がない。

鬼の霍乱の意味と、この言葉の使い方も講じた。枯れ木も山の賑わいは、相手に言ったところで、褒め言葉にはならずむしろ貶し言葉になる。鬼の霍乱も同じようなもので、自分で言う分にはいいのだが、相手に言うと貶し言葉になると言うことを理解しなければならない。

なんてことを指導する。ああ、こんな体調の時ぐらいやめればいいのにと、改めて思う。

午後は授業も会議も無かったので、それ以外のものは全部後回しにして帰宅。まずは、体を横にする。

その後、喉など痛みが激しいため、重い腰を浮かべて病院に向かう。薬をどっちゃりと出されて、めげる。

家族にうつさないように、一人自主的に自分を隔離して寝る。
ああ、早く治らないかなあ。

では、なぜ、女子児童は隠そうとしたのであろうか?

5/19

うーん、知的興奮に体がついていかなかったのであろうか、東京から帰ってきた私は風邪をこじらしてしまっている。熱が出ているのが分かる。計るとめげてしまうので、計っていないが熱だ。咳も出る。

昨日は、仕事を途中で投げ出して研究室を後にした。冷蔵庫にあるあれこれをだだだっと食べて、水分をたっぷりととって18:00には寝た。そして、今朝起きたのは6:00。久しぶりの12時間睡眠。少し良くなったと思ったので、今日の授業の資料を作っていたのだが、これでまた発熱f(^^;。

でけるぎりぎりまでもう一度寝直す。

だが、大学についてしまえばそれはそれ。一気に進む。

研究入門ゼミでは、月曜日に見せていただいた聖学院小学校の池内先生のクラスのことを話す。池内先生とはもう15年ものおつきあい。ディベートを普及し始めた頃、池田池内ということで、イケイケコンビという名前をいただいていた仲である。

その池内先生がライティングワークショップの授業を小学校一年生でやっているところを見せてくださるというので伺う。授業は、玄人好みの細かいところに配慮の届いた、味のある授業だった。

で、その後の検討会で、一人の児童のことが話題になった。自分の書いている作文を周りから見られないように筆箱で覆いを作って書いている女子児童のことである。

「見ないで!」
というのである。これについて検討会であれこれ意見を交換した。

今日の研究入門ゼミでは、このことを取り上げた。

『さて、諸君。あなたのクラスで同じことが起きたとしよう。こういうことだ。「先生、となりの池田君が私の作文を見てまねしようとして困っているんです。怒って下さい」と言ってきたとする。そのとき、君はなんて指導するのかである』

ペアになり、先生と児童役になってやり取りを経験してみた。池田君にみないようにと、指導する先生役の学生が多いかと思いきや、
「いいものだから見たいんだね。見せてあげてね」
という言い方をする学生が多いことに、驚き喜ぶ。そういうものの見方ができるのはとても大事である。

そこで、さらに質問する。

『では、なぜ、女子児童は隠そうとしたのであろうか?』

というものである。学生たちの答えは、「自分で考えたものを横取りされたくない」「独り占めにしたい」というようなものであった。

『うむ、そうだろうなあ。自分のものにしておきたいよねえ
。では、さらに問題だ。いいものだから見せてあげてね、といわれた女子児童が、気持ちよく「はい、どうぞ」と見せてあげるようにするには、何が必要なのであろうか?』

『折角自分で考えたアイディアを、簡単に人にハイどうぞと渡すことを子どもたちに求めるなんてのは、難しいであろう。でも、いいものなのだから、人がまねするのだし、見てもらえば良いということは、間違っていない。どうしたらいい?』

となる。

ここを繋ぐのが出典なのである。

『「この作文は、○○さんの作文を参考にして書きました。○○さん、ありがとう」という一言があるとないとでは全然違うよね。この一言がないから、勝手に使われるのを嫌がってしまうんだな。ま、実際は良い文章を書いている○○さんの文をみんなの前で読み上げるとかするんだろうねえ。

で、君たちの場合。君たちの場合は学問を進めるにあたって、先行研究の論文を引用することになる。その際大事なのが、出典を明示することである。良いものは後世に伝えられていく。その際、このアイディアは誰のものなのかを示すことが、決定的に重要である。それをしないものは、剽窃と言って学問の世界では最もやってはいけないことなのである。

ということで、今日の授業のレッスンは文章の書き方だったね。資料を見て下さい。引用した文章には、出典がきちんと明示されているでしょ』

とまあ、池内さんのクラスのライティングワークショップと私の授業と本質的な部分では変わらないなあと思いながら、一回生の学生たちに授業をしていた。

風邪の熱で頭が朦朧としていたので、うまいこと伝えられたかどうかやや不安ではあるが、ま、そこは熱心に聞く学生たちが受け止めてくれたことであろう。

2010/05/18

戻ってきました

東京に三泊四日。いやあ、充実した時間でした。髪の毛も切れたしf(^^;。

本日は一限から授業。
疲れたなんて言っていられない。
それに、授業は楽しいし。

ためてしまった仕事を片付けましょう。

« 2010年5月9日 - 2010年5月15日 | トップページ | 2010年5月23日 - 2010年5月29日 »