« 2010年9月19日 - 2010年9月25日 | トップページ | 2010年10月3日 - 2010年10月9日 »

2010/10/01

小豆たった煮え立った〜♪ の衝撃

10/1

わらべ歌の一つに、「小豆たった煮え立った。煮えたかどうだか食べてみよう。むしゃむしゃむしゃ。まだ煮えない/もう煮えた」というのがある。

小豆役の子どもの周りを他の子どもが周り、「むしゃむしゃむしゃ」のところで、小豆役の子どもの髪の毛をこねくり回すのである。

私が子どもの頃に育った東京の多摩地域では、こうやって歌っていた。少なくとも私たちはこうやって歌っていた。そして、人気のある子どもと人気のない子どもは、いつまでたっても小豆が煮えないのである。

人気のある子どもは、多くの子どもが触りたいから、いつまでたっても小豆だったし、人気のない子はいつまでも髪の毛をぐしゃぐしゃにされつつ軽いリンチを受けると言うもので、今思うと子どもの残酷性を表す遊びだったかもしれないなあと思うものであった。

ところが、この「小豆」。異論が出た。「小豆」ではなく「あぶく」だと言うのである。奥さんから出た。そんな馬鹿なはずはないという強い思いがあったが、twitterで呟いてみた。

すると一晩で、小豆vsあぶくは、(2)vs 10という結果になった。あぶくの圧勝であった。ちなみに、(2)というのはそうかもしれない、その可能性もあるということである。

私は眠れない夜を過ごしたのであった。

翌日、業務の合間を縫って図書館で調べる。こういうとき大学は便利だ(^^)。

わらべ歌に関する本を四冊ほど調べてみる。
そのうち、該当の歌と思われるものが載っていたのが三冊あった。そこには衝撃の事実が描かれていたのである。

載っていたのは、以下の三冊。

1)
『わらべうたと子ども』

木村はるみ.蔵田友子
2001.4.10初版
2004.4.10三刷
(有)古今社発行

2)

『にほんのわらべうた3
おてぶしてぶし』

近藤信子
柳生弦一郎
2001.4.10 初版
2004.9.15 4刷
福音館書店

3)

『たのしさいっぱい! うたあそびよくばり100選』

音楽教材研究会編
2000.4.10 1刷
2005.6.20 新装3刷
民衆社

これらの本は全て、「あぶくたった」であったのだ。
軽い衝撃である。

ではあるが、私はまだ「小豆たった」であると唱えたい。
それは、3)の本のイラストにその根拠の片鱗を見つけることができる。その歌にあるイラストの猫が

引用開始 ーーーーーーーーーー

「あずき豆役の子は、目をつむってね」

引用終了 ーーーーーーーーーー

と言っているのである。これは何を示すのであろうか。恐らく、イラストレーターは、「小豆たった」でこの歌を理解していたと思われる。だから、この台詞を入れたのである。または、イラストレーターのみならず、編集者もそう思っていたのだと言えるかもしれない。

更に言えば、だいたいからして「あぶくが立った。煮えたかどうか食べてみよう」として、あぶくが立たないと煮えたかどうだか分からない食材なんてそんなにはないだろう。

というか、あぶくが立った上で、さらに煮えたかどうかを確認しているのである。そのぐらい固い食べ物なのである。だから、小豆なのだ。

小豆が煮え立った、というのがこの遊びのルーツである。

で、衝撃だったのは、実はこれではない。なんとなれば、私は小豆なのであって、あぶくのはずはないと思ているからである。
私の衝撃は、以下の歌詞を読むと分かる。

上記1)より引用開始 ーーーーーーーーーー

あぶくたったにえたったにえたかどうだか食べてみよむしゃむしゃ まだにえない/もうにえた

とだなににしまって 鍵かけて
ガチャガチャガチャ

ごはんを食べて
ムシャムシャムシャ

お風呂に入って
ジャブジャブジャブ

歯みがきをして
シュシュシュ

おふとん敷いて 電気を消して さあ寝ましよ(しゃがんで両てのひを重ねて頬にあてる)

(オニ)
とんとんとん
(みんな)
何の音?
(オニ)
風の音
(みんな)
ああよかった

(オニ)
とんとんとん
(みんな)
何の音?
(オニ)
ブランコのゆれる音
(みんな)
ああよかった

(オニ)
(すきなことを入れる)

(オニ)
(最後に)おばけの音
(みんな)
キャー(逃げる)

引用終了 ーーーーーーーーーー

この歌は、「あぶくたったにえたったにえたかどうだか食べてみよむしゃむしゃ まだにえない/もうにえた」で終わりではなく、そのあとがあるということである。そして、その最後の部分は

引用開始 ーーーーーーーーーー

とんとんとん
(みんな)
何の音?
(オニ)
風の音
(みんな)
ああよかった

引用終了 ーーーーーーーーーー

であるというのだ。私はこの部分は全く別のわらべ歌だと思っていたのだが、一つの歌だったというのだ。実はこれは「鬼ごっこ」のための歌だったのだ。1)の本でも、鬼ごっこの部分に分類されている。これが私の受けた衝撃である。ちなみに、このわらべ歌のルーツは、1)によれば東京の歌だとか。

調べてみるものである。

2010/09/28

今日はメインテナンスの日

9/28

今日はメインテナンスの日。
MacBook Proのキーボードと筐体の裏のゴムの交換を頼む。

体のメインテナンスはなかなか出来ないのだが、コンピュータはきちんとメインテナンスせねばならない。体は自分で治す機能が備わっているが、さすがのMacでも自動的に治す機能はない。面倒を見なければならない。

途中、瀬田川を超える。
青空が奇麗だった。
こんなに広い空を楽しめるのである。

Img_5063

終わってからまた同じところで空を見る。
夕焼けになっている。

Img_5112

こころはメインテナンスされたな。

今日は、三回生ゼミを二回行う。いや、三回か。

9/27

三回生ゼミと国教法2の授業。今日は、三回生ゼミを二回行う。いや、三回か。

国教法2は、国語の授業の作り方に付いて講じる。エピソードを入れすぎてしまい、予定のところまで終わらず。来週に残りを回す。この授業、後期が楽しい。学生たちがどんどん追い込まれて行き、ぐんぐん伸びて行くのを実感することができる。ここが楽しい。その最初を行う。

三回生ゼミは、一人持ち時間30分の模擬授業。15分行い、5分ゼミでの検討、10分が私からのコメントということで全員が行う。全員が行うために、今日は特別に2限と5限の二回行うことに。

学生たちはいよいよ教育実習に向かう。
その前に、レッスンということである。

学生たちの模擬授業は、私が指導したことを活かそうとする姿は見て取れた。ただ、当たり前だがまだまだである。行おうとする授業の方向はいいと思うのだが、教材研究の不足、指導力量の不足が如実に出ているものとなった。

実習までの残りの時間で、少しでも向上していけ。

で、一回家に帰って車を置く。それで大雨の中をもう一度山科に戻る。三回生ゼミの諸君と「教育実習頑張れの会」を行ったのである。

実習中に気をつけなければならないことを、話す。
授業で話すこととは違う、もっとあれこれディープなことを話す。倒れないように、子どもたちに力をつけつつ、自分を磨いてこい。

明日の教室で、今年も9月は琵琶湖のカヌーを楽しんだ

9/25

明日の教室で、今年も9月は琵琶湖のカヌーを楽しんだ。今年は、風が強くて例年行っている「浮御堂」までの片道4キロのツーリングは出来なかったが、その風のお陰で空は青く、大きな青空を堪能することができた。

滋賀に移ってからカヌーを楽しむようになったのが、さすがにご年も経つとあれこれ出来るようになる。

頭で理解していても体が反応しないものだったが、今年はかなり思った通りに動かすことができた。

パドルの握り、返し、ボックスに構える、体をねじって漕ぐ、艇の前の水を掴む、表面の水を掴む。一定したリズムで漕ぎ続ける。これらは最初から言われているのだが、なかなか出来ないでいた。それができるようになって随分楽に安定して漕ぐことができた。

気持ちの良い風をたくさん受けたのであった。

Img_4956

カヌーの後は、ジャグジーに入るのだが、
なぜか今回は、私は入らなかった。
水棲生物のような私は、水の中が心地よい。
だから、大概は入るのだが、今回はなんか入る気にならなかった。そんな自分が面白く感じたので、入らないでいた。

そういうのも面白いものだ。

終わってからは、京都駅近辺で打ち上げ。
今回は、いつも参加することの出来ない先生も参加され、それはそれでまた良い感じの打ち上げだった。

さあ、今年度も残り半分だ。

« 2010年9月19日 - 2010年9月25日 | トップページ | 2010年10月3日 - 2010年10月9日 »