« 2010年10月10日 - 2010年10月16日 | トップページ | 2010年10月24日 - 2010年10月30日 »

2010/10/22

本日『街場のメディア論』(内田樹 光文社新書)を読み終える

10/22

本日は、オフ。風邪を治すことに専念したいが、読みたい本は山積み。研究室も片付けなければならない。そして、 「今日はお父さんが迎えに来てね」と幼稚園に行くときに娘が懇願する。今日は、オフではある。取り敢えず朝風呂に入りながら本を読むだけはした。今日はオフだ、が。

今頃であるが、本日『街場のメディア論』(内田樹 光文社新書)を読み終える。ゆっくりゆっくりと片手に鉛筆を持ちながら、内田樹先生と会話を楽しみながら読み進めたので、二ヶ月近く掛かっていることになる。

こういうじっくり楽しめる本は、じっくりと楽しむべきである。年間に相当の量を読んでいる私ではあるが、本によって随分読み進めるスピードが違うのだ。

で、『街場のメディア論』である。第一講の「キャリア論」なんて、私が中学校の教員をしているときに、こっそりと言っていたことを書いて下さっていて、びっくり。

いや、なんでこっそりと言っていたかと言うと、私は進路指導主任をしていて、その時の流れは「自分の個性や適性を考えて、将来の仕事を選びましょう」「自分の好きなことを仕事にしましょう」というものであったから、それと違う考えの私は、こそっと行っていたのである。

私は、自分の個性や適性で選べる仕事なんてのは、いまある仕事に適合させるようなものであり、これから生まれてくる仕事には対応できない。だいたいからして10年前に元気のあった仕事が凋落している例はいくらでもあるし、10年前になかった仕事が盛んになっている例も多い。

また、個性や適性は、子どもとしてのものであって、仕事人としてのものではないし、仕事をするにあたって、その人の個性や適性なんて考慮されることは新人の場合にはないってことだ。

個性や適性でなければできない仕事は、出来なければならない仕事が出来た上で、その上のクリエイティブな部分で必要になってくるものであって、就職の際には必要ない。そして、その個性や適性は仕事に取り組む中で生まれてくるというものだからである。

確かに『13歳のハローワーク』はインパクトのある良い本である。しかし、好きなことだけで仕事なんて出来ない。仕事は、1)収入を得る。2)自己実現。3)社会貢献。の三つから成り立っていると私は考えている。『13歳のハローワーク』は、このうち2)だけで仕事を考えて行けば良いような感覚を醸し出す。

好きなことを仕事にする。ということは、好きなことがないと仕事に就けないということである。しかし、これは本当であろうか。
東大の文一を卒業した人たちにアンケートをとったら、中学生のときに抱いていた自分の就きたい仕事に就くことの出来た人は、3割だったというものを読んだことがある。

好きなことを仕事にするって、そもそも無理ではないかと思うのだ。ところが進路指導をする教員は、基本的に「好きなことを仕事にしている」のである。教員は自分がなりたくてなった仕事なので、進路指導についてもこれを当てはめようとする。私は違うと思う。

好きなことを仕事にするのではなく、就いた仕事を好きになるのである。この方が幸せに近いと思う。そのためには、自分が何を好きで、何に適しているかを調べるのではなく、自分は何がキライで、何に適していないかを知っている方が良いはずである。なんとなれば、その方が仕事に対するストライクゾーンが広くなるからである。

ってなことを、こっそりと話していた。だが、真実だと思っていた。それとほとんど同じようなことを更に分かりやすく、さらに論理的に内田樹先生は書かれている。いやあ、嬉しかったなあ。楽しかったなあ。

で、結局お迎えは私。迎えに行ったら、
「お母さんは?」
と。
『え?』
「三人で帰りたかったの」
と。
そりゃあ困る。お母さんは買い物に出かけてしまっているのだ。
そこで、
『じゃあ、公園に行こうか?』
ということで、近くの公園に行くことになった。

公園は小学生の遠足で大にぎわい。
娘はその小学生の中に入って、黙々と遊具を渡り歩く。

この遊具を全て渡り切った娘。こっちは下でハラハラ。本人は、大満足。そして、早速二回目に挑戦。君は何を目指しているのかね(^^)。

X2_31afb5d

最後まで渡り切って満足した様子だったので、娘にお願いをした。

『ハンモックをやっても良いですか?』
「うーん。いいよ」
『やった!』

X2_31b2f80

公園で車に積んであるハンモックを取り出して設置。仰向けになって色の変わり始めた銀杏、椛などを愛でる。

公園の清掃をしにきている中学生が、
「あ、いいなあ。ハンモックだ。乗りたいなあ」
と次々に言いながら過ぎて行く。さすがに、100人にどうぞとは言えないf(^^;。

こうやって公園に、普通に設置されていればいいのになあ。ハンモック。小中学校の校庭にもあるといいのになあ。ハンモック。幸せが増えると思うのだが。

そんなことを思い描いていたら、そこにダッシュしてきた娘が飛び込んでくる。腹筋を鍛えることになる。今日はオフなのである。研究室の片付けは、明日の朝にしようf(^^;。

2010/10/21

「引用なき所に印象はびこる」

10/21

相変わらず、食事の後と夜になると熱が出てくる。んなことで、昨晩は、久しぶりにお酒を抜いて食事。餃子にも関わらずビールを飲まないなんて相当、お利口さんである。

私は体調が悪くても、ぎりぎり食欲のあるタイプである。食べて直すタイプなのでありがたい。また、お酒は気分の悪い時、嫌なことが合ったときには口にしないタイプである。美味しく、気持ちよく聞こし召したいタイプである。だから、飲まなかった。

食事後、さっと汗を流してそのままダウン。夜中にはMacBookAirの新型が発表されるであろうということは分かっていたが、そこまでつき合えない。

しかしながら朝起きて、早速確認。

(をを、11インチが出たか。そして、8万円台か。うーん、いいなあ。ただ、11インチはSDスロットがないのか。うーん。うーん。

え、何? Face Time がマックでもできるようになったのか?よーし、じゃあ早速設定だ)

ということで、アップルのHPに行ってβ版をダウンロードして、家中のマックに設定。iPhoneだけはうまくいかないなのだが、そのうちなんとかなるだろう。家にある二台のマックはいとも簡単にFace Timeを認識して、使えるようになった。

これで世界の中にまた幸せが少し増えたなあと思う。

娘の風邪も長引いている。病院に行くと、次の風邪を引いたようですねということで、次から次へと風邪を引いているようだ。幸いにして、娘も食欲があるので良かったが、奥さんも風邪を引いてしまった。なかなか大変だ。

娘はいつも楽しみにしているプレ幼稚園を休んで、家にいたいと言い出す。初めてのこと。確かにいつも以上にボーットしていて、熱もある。初めてのお休みだ。

大学では、卒論ゼミと二回生ゼミの授業。

卒論ゼミでは、目次案とはじめにあたりの検討を、今日も三人。勉強不足を指摘。参考文献を指定した冊数を示していない。対外機関で行う予定にも関わらず連絡が取れていない。用語がぶれていることなどについて。

まだ勉強の域を脱していない者が多くいる。
「ということで、私の主張は、○○先生と同じです」
ということを言う。これはレポートである。その先生の意見を比較検討して、批判して、自分の考えを提出しなければ論文にならない。

また、中間発表会の日程の調整を指示する。

二回生ゼミでは、二つ目のグループの発表。ハンドアウトを元に実践記録を読み進める。

ここで気になったことは二つ。一つ目は、用語のぶれである。ハンドアウトには「障害」とあるのに、説明のときには「病気」と言う。こういうようなミスがあるのだ。これは用語にセンシティブになっていないということが原因の一つと考えられる。

論文を書く時、用語の統一は基礎的な問題ではあるが、ここを間違えると根本的におかしなことになってしまう。「子ども、子供、こども、コドモ、kodomo」といくつもの表記ができるのが日本語。これは日本語の豊かさを支えているが、論文では用語の表記が違う場合は、基本的に違う概念を表しているということが、まだしっかりと意識できていない。鍛えねばならぬ所である。

また、実践記録を読む際に
「なんとなく、こう思う」
という感想を述べる学生が目立つ。これは、ダメである。「ここに、こう書いてあるから、こうなのだ」というように、引用しながら語ることができなければ、実践記録を読んだことにはならないし、論文にならない。まさに、宇佐美先生のおっしゃる「引用なき所に印象はびこる」になってしまうのである。

『それは、どこに書いてあることから考えたの?』

と投げかけると、学生たちは考え込む。そして、読み続ける。それでいいのだと思うし、そうでなければならないのだ。

クールダウンをするために研究室で寛ぐ。
研究室のFace Timeは繋がった。
熱も少し下がった。
さ、帰りましょう。

2010/10/19

面白いアプリ? ブラウザにドラッグ&ドロップで写真ページを作る

面白いソフト?です。

1)http://min.us/ をクリックする。

2)デスクトップに置いてある写真をドラッグ&ドロップする。

これだけでネット上に、写真ページが出来てしまいます。
なんて簡単なんだ。

http://min.us/mec0v8S#icCNnC

は、これで作った琵琶湖の風景の写真です。

子どもは親の似て欲しくないところが似るものだ

10/19

9時32分発の京王線順特急に乗り京都に向かう。新幹線通勤である。

もう少し早く出ることも考えたのだが、電車に詳しい義父義兄よると、この時間の京王線からが、昼間の通常ダイヤ通りの運転になり、この前までは朝のだらだら運転になるというので、これにした。運良く聖蹟桜ヶ丘から座ることができたので、寝て行けた。

品川駅で、新幹線を予約。一番早いN700系の電源のある席を取ることができた。慌てて昼ご飯を購入して乗り込む。

あるゼミ生が本日採用試験の最終面接である。席に座ってから試験会場のある方向をiPhone4のコンパスで確認して、しっかりやれのオーラを送る。科学的なのか非科学的なのかわからないが、使えるものは何でも使うのである。

新幹線の中では、iPhone4のWi-Fi接続の設定を試みるが、今ひとつうまくいかない。ヨドバシカメラのワイヤレスゲートは解約したのだが、その設定が残っていてうまくいかないのかなあ。

諦めて昼ご飯を車内で食べたら、もう京都。
滋賀の自宅に戻ったのは、大学の授業開始70分前。

研究室には、授業開始15分前に到着。日本の公共交通機関の安定性に感謝である。

早速本日の4限の授業の最終確認をする。本日は、「国語科の授業をつくる」の第三回目。どうやって授業を開発して行くのか。これを私が作った学習ゲームを例にして講じる。この部分は、来週の関西青年塾で講じることのベースにする予定。

授業の始まりは、季節の話をすることが多いのだが、今日は娘の七五三の話から始める。そのうちに、子どもは親の似て欲しくないところが似るものだと言う話をする。

『で、私は自分の父親が暇があると食卓の上にあるポットを磨くのが気に入らなかったのです。なんというか、貧相に見えたのです。一家の主が、お湯を入れておくポットを台布巾で磨く。これがどうも貧相に見えたのです。

で、学生時代に一人暮らしをするようになって、ポットを私も買うことになります。ところが、ある日私は、気がついたら自分でポットを磨いている自分を発見するのです。愕然としました。

それから、私は娘のミルクを与えるために常にお湯が必要になるつい最近まで、ポットは持っていませんでした。親が似てほしくないところや、子どもが似たくないところが、似るものなのです。そう。君達もそろそろ自分の母親に顔が似て来たと思っていないかな?女性は20歳ぐらいから似始めるからなあ。それまでは父親にだったのに』

という話をすると、ほとんどの学生が嫌な顔をする。そして、更に話す。

『私も、「自分の親に似るのをいやだなあ」と思って、教師をしている大学の同級生の友人に話したことがある。ま、そんなに強い言い方でいったのではないが、話したわけだ。すると、こんなことをいわれたのだよ。「だから、池田は甘いんだ。そんなんでよく教師がやっていられるなあ」とね。

君達は、私の発言のどこに問題があるか分かるかね? 

その友人がいうには

「世の中には、自分の親がどんな顔をしているのかも分からないで生活している子どもたちは、たくさんいるわけだ。自分の顔が親に似て来て嫌だなあという言い方は、親のいない子どもにとっては、自慢話でしかないんだぞ」

というのである。私は、そうだなあと思ったのだよ。似ていることを確認できるのは、それは幸せなのだよ。

七五三のときにあれこれ変なことをしている娘を見て、私の母親が「お前の小さい頃にそっくりだねえ」という。それを聞いて、親の命長からんことを願い、私も娘のためにも長生きせねばなあと思ったのだよ』

その理由は言わなかった。その理由はもちろん、

「もう、嫌になっちゃう。私、お父さんの嫌なところばかり似ている」

って娘に言わせたいからである(^^)。

その後、研究室に籠って事務仕事を続ける。サーバーの不調や体温の上昇や学生の訪問、さらには原稿依頼の電話を乗り越えて仕事を続ける。

すると、来週の関西青年塾で行う「知的な国語の授業の作り方」の講座アイディアが降って来た。湧いて来た。慌てて新しいドキュメントを開いて、そこに書き込みながら一方で仕事をこなす。

気がついたらもう既に19時を回っている。体温の上昇が顕著になって来たので、20時には研究室を出ようと、その日のうちに終わらせておかなければならない仕事に絞って、あれこれ。

体は疲れているのだが、精神的に高揚しているのであろう。結局寝たのは日付が変わってからであった。

2010/10/18

娘の七五三であった。

10/16

娘の七五三であった。

お宮参りをした府中の大國魂神社で行った。あれからもう三年も経ち、娘はお宮参りに来ている赤ちゃんに興味を示し、話しかけていた。成長しているのだ。

想像していたイメージにある三才の七五三は、着慣れない着物と履き慣れない草履の娘が、お父さんの手を掴んで、ヨロヨロ歩くのを親族が微笑ましく見るというものであった。

ところが豈図らんや、である。
着物も草履もセットアップした髪も関係なしに、動き回るのである。走り回るのである。

お祓いを待つ間、ウロウロと歩き回りあちこちに笑顔を振りまいている娘であった。

神社の境内では、前から写真を撮ろうとしてダッシュして距離をとろうとする父親に、さらにダッシュして追いかけて来て飛び込んでくる娘であった。

お宮参りにしても、七五三にしても同じ年齢の子供達が集まる。つい、自分の子どもと他の子どもを比べたくなる自分に気づく。ま、実際のところ多少は比べていたりする。

だが、そんなことはまあどうでもいい。健やかに、ひょうきんに、愛らしく、ワガママに育ち、弱いものに優しく、お転婆で、おしゃまで、賢く、お間抜けな娘。

これ以上、いま何を望むというのだ。

想像していた七五三とは、全く違うものになったが、それはそれで良い。

娘よ、七五三、おめでとう。

« 2010年10月10日 - 2010年10月16日 | トップページ | 2010年10月24日 - 2010年10月30日 »