« 2010年12月5日 - 2010年12月11日 | トップページ | 2010年12月19日 - 2010年12月25日 »

2010/12/17

論文の胆である、問いとは 〜論文の書き方小論〜

12/17

2_3

初めて卒業させる一期生。彼らの卒業論文提出締め切り3時間前となって、私が何かをするわけでもないのだが何かせねばという気持ちになり、書き表した文章である。論文の胆である問いとは何かについて書いてみた。

本当は事務仕事を進めれば良いのだろうが、そんな気持ちにもなれず、何か卒論に関わりのある文章をと思って書いていた。

論文を書いてみたい、書かねばならない。けどどこから始めて良いのかが分からない人へ、クリスマスプレゼントかな。

学生諸君にとって卒業論文は、初めての論文である。勿論、学術論文としては修士論文以上が論文であるが、折角論文を書くのだからそれなりの指導はしたい。

聞く所によると、東大、早稲田の法学部には卒業論文がないとか。たしか、EUでは卒業論文のない大学は、大学卒業の資格認定をしないという決まりがあったと思う。大丈夫か東大、早稲田?。うち、京都橘大学は大丈夫だ(^^)。

で、学生に論文とは何かを聞くと、よく答えられない。それでも聞いてみると、感想文と報告文であることが多い。簡単に言うと、思いを書くのが感想文。事実を書くのが報告文。考えを書くのが論文であるということが理解されていない。

では、考えを書く論文の柱は何か。簡単に言うと、問いがあって答えがある文章のことを言う。さらにもう一つ加えると、問いがあって論証があって答えがある文章である。この二つ、ないし三つのうちで何が一番大事かと言えば、問いである。

ところが、この問いというものが、さらに理解されていない。クリアな問いが立てられるかどうかが論文の殆どすべてなのだが、ここが理解されていない。だから、立たない。そこで、ここを説明することになる。

論文は問いである。クリアな問いをどう立てるかである。クリアな問いの条件は二つ。a.まだ誰も解明していない問いであること。b.自分に解明できる問いであること。この二つである。

a.世の中の森羅万象に疑問を持つことは可能である。しかし、問いに高めるのは割と難しい。いや、指導を受けていない学生たちを見ていると疑問を抱くことも難しいように見える。例えば、『乳児は大人があやしているときに舌を出すと、乳児も舌を出すね』「はい」『ここに疑問を持てる人?』

殆どの学生が変な顔をしている。何がおかしいのだという顔だ。『あのね、君たち舌を出せる?』当然学生たちは出せる。『じゃあなんで出せるの?』と聞いてみる。すると先ほどの私の質問について、変だということに気がつく学生が出てくる。

『そう。乳児は言語を持っていない。君たちには「舌を出せ」というとその言葉を聞いて理解して、舌を出すように命令が下る。じゃあ、言語を持っていない乳児はどうやってこの情報を手に入れて舌を出す行為につなげているんだ? 分かる人?』というと手は挙がらない。

『誰も分からないか? そう、このように誰も分からないことを問いにするのだ』学生たちは、なるほどという顔をしている。『だが、これは嘘。なにが嘘かというと、この問いはもう既に解明されているのだよ。知らないのは君たちの勉強不足ということなんだな』

となると、この疑問は解明されているのか? またはどこまで解明されていてどこから解明されていないのかを確認する作業が必要になる。これを先行研究という。ちなみに、私のゼミでは先行研究の結果、自分が立てた問いが既に解明されていると判明した場合、「振り出しに戻る」と言っている。

先行研究の結果解明されていない部分が見つかると、これを「盲点」と呼び、そこに隠れている問題を明らかにして問いを立てる。然し、これではb.が満たされていない事がある。先ほどの乳児の件で言えば、もしこの疑問が問いとして成立したとして、果たして私に解明できるのかということだ。

この問いは、脳科学の知見を学び、ニューロンの構造などを十分に理解したものが、やっとたどり着くことのできる答えに繋がっている。『a.宇宙に果てはあるのか? 誰も解明していない。b.ではあなたに解明できますか? 卒論じゃあ無理だね』このように自問自答を繰り返す。

そうして、自分が取り上げたいテーマについて、クリアな問いを一つ見つけ出す。これが手に入ったら、後は仮説を立て、論証のためにすべきことを考え、結論までの論の道筋を立てる。その道筋を目次案にロードマップとして示し、結論を論文のタイトルとする。

ここまでできたら、半分は出来たことになるだろう。定められた書式に則って、パラグラフライティングを活用して、一直線に論を通すように書き進める。完成となる。だから、論文はクリアな問いが必要不可欠なのである。

なお、どうしても疑問が思い浮かばないという学生には、以下のサイトが有効です。全国子ども電話相談室。過去の優れた質問と回答を見ることが出来ます。http://bit.ly/aO4zaT 私はこのサイトを使って、子どもの質問に答えるという課題を学生たちに与えています。

以上、論文の胆の問いについてでした。











小沢征爾さん

小沢征爾さんが退院されて、音楽の現場に戻られたというニュースが昨日流れた。本当に嬉しい。私は3回、本物の小澤さんにお会いしたことがある。そのうち2回は直接で、さらに一回は話もしたことがある。

最初は、日比谷公会堂のコンサートである。小学校の時の音楽専科の先生であった増田先生に友人と二人で、連れて行って頂いた。小澤さんがボストンフィルの音楽監督を勤め始めたころのことだ。始めてのクラッシック音楽のコンサートが、小澤さんであった。魂を鷲掴みにされたのを覚えている

コンサートの後、銀座のレストランに連れて行って頂いた。感動と緊張のあまり声が出ない。喉が張り付いていた。そんなところに増田先生は、当たり前のようにワインを注文して飲ませて下さった。「最高の音楽にワインがないのは変でしょ」と。代金も「良いの、出世払いで」と言われたままだな。

『ボクの音楽武者修行』(新潮文庫、新潮社、 1980年)との出会いだ。青春ものの本を読むことにハマっていた頃に、出会った。衝撃だった。こんなにダイナミックに生きる青春ってのがあるんだ。上手くいえないが、今の若者が昔に人類は月に行ったことがあったと知ったのと同じか。

そして、3回目である。それは、私が大学生時。渋谷から井の頭線に乗った時のことだ。井の頭線の最後尾の車両に乗って明大前で乗り換えるのに備えていた時のことだ。何気なく車内を見回したら、最後尾の辺りが輝いて見えた。いや、本当にそうなんだ。で、何だろうと思ったらあの髪型。

ほぼ満員の車内で、あの髪型は日比谷公会堂で見た時と同じように動いていた。(え、まさか小沢征爾さん?)。誰も気がついていない。小澤さんらしき人は供の人と一緒に何か話している。(え〜、聞きたい。そばに行きたい。つーか、なんで誰も気がつかないんだ。人違いか?)

そんなはずはない。あの髪型である。急行渋谷行きは下北沢に停車した。見ていると小澤さんは下りる気配。私も慌てて下りた。確かに小澤さんだ。そこで思い出した。(あ、齋藤秀雄メモリアルコンサートだ! ということは、やっぱり本物だ!)。ホームで体が震え出した。

あの髪型で白のTシャツ一枚という小澤さんであった。もう何がなんだか分からないまま、近寄って行った。そして、『小沢征爾さんですよね』と前後を考えずに話しかけていた。何か話しかけないで入られない自分になっていた。すると「はい(^^)」とあの満面の笑顔で見ず知らずの大学生に。

『む、昔、日比谷公会堂で演奏を見ました。本も読みました』そんなことを話すのが精一杯だった。「そう。ありがとう」『久しぶりの日本での公演ですよね。頑張って下さい』「ありがとう」と言いながら書いて下さった。『頑張って下さい』なんて、今思うと赤面であるが、気持ちよく受けて下さった。

(ああ、世界を相手に仕事をしている人の懐の深さってこう言うことか。なんて心が開かれているんだろう)と思った。しばらくホームに立ち尽くしていた。

その小沢征爾さんが、復活された。嬉しい。それだけでも嬉しいのに、昨日の深夜にNHK BShi 00:00 BSベスト・オブ・ベスト ハイビジョンスペシャル「小澤征爾 終わりなき道」が放映されていた。届いたばかりの46インチTVにタイムドメインスピーカーで打ちのめされた。

「四谷のイグナチオ協会で初めてパイプオルガンを聞いたんだよね。音は俺たちの想像もつかない上と繋がっているんじゃないかと思ったんだよ」。(あ、私も浪人時代に良く行ったところだ。昔の方ね。ま、私は涼みにだったけど。へー、ここでも繋がっていたんだ)

「一つの音が鳴る前に、その音の予感をどれだけ感じられるかが大事なんだ」(一つのことが始まる前に、その予感をどれだけ感じられるかということだよな。繋がっていないものも、実は繋がっているんだよな。それをどう感じて、次に繋げるかだよな)

小澤さんに対して友人や聴衆から「彼は、理想の音楽に突き進む。ダメでも突き進む。それを諦めずにやり続けた。それが凄いのだよ」「作曲家の僕、音楽の僕になってほしいし、なっている」という声があった。俺は何をしているのだと背筋が伸びた。

 

30年。こうして魂を鷲掴みにする音楽を生み出し続け、生きる姿で脳みそを揺さぶり続けてくれる小沢征爾さん。復活、本当に、嬉しいです。

2010/12/15

本日の学級担任論は、忘れ物指導について

12/15
Img_9769

土曜日に香川に行ってきた。いやあ、香川は凄かった。香川大学での講演を依頼されて出かけて行ったのだが、なんというか、楽しみに行ったかのようであった。

饂飩の美味しさと、香川大学のスタッフの皆さんの温かさに包まれて、本当に気持ち良く講演をさせていただいた。本当に感謝しています。

Img_9835

家から2時間30分ということで、時間的には東京に行くのと変わらないのだが、新幹線で岡山まで行き、岡山から瀬戸大橋を渡ってということで、非常にスケールの大きな景色を楽しみながらなので、あっという間に到着と言う感じであった。たまには電車での移動もいいなあと思う私でした。

今回は「伝えるということ」というテーマを頂いた。講義の時間は2時間30分。ちょうど移動している時間と同じだ。この時間で、この大きなテーマに一定の答えを出さなければならない。

伝えることがテーマの講座で、私の伝え方がまずかったらブラックジョークにしかならない。うんうんうなって講座を作った。このテーマでの講座は初めてだったので。

本当にスタッフのみなさん、参加者のみなさんのお陰で、良い講座が出来たのではないかと思う。今後、このテーマの講座もお引き受けしますf(^^;。

大学は卒論提出の期間に入っている。明日が最終締め切りだ。
大学ではサービスで卒論の最終指導もしている。私は書式、目次での論理の流れ、タイトル、サブタイトル、サマリー、はじめにを注意深く読んで、論理の流れがおかしくないかを指導している。

私が読む前に、ゼミ生は仲間の卒論をお互いに読み合って、細かい誤字脱字や書式の不統一などを確認している。しかし、それでもおかしい所を私がドンドン指摘する。

また、ここはおかしいのではないかということも指摘する。代案を出す場合もあれば、出さない場合もある。そして、私の指摘を受け入れるか受け入れないかは、学生の判断に任せる。なんと言っても自分の論文だ。最終的な責任は自分でということだ。

んなことをしていたら、月曜日の夜に急に発熱。本当に急であった。家人と娘がおなか風邪にやられていたのだが、私もとうとう移ってしまったのだ。体が急に冷えて腹痛。しかし、ここで延々と寝込むわけにはいかない。20時前にアンカを足下において寝る。
汗をだーっと出させて寝る。

すると翌朝には、随分良くなる。
まあ、びっくりの回復力である。無理は出来ないが。

Img_9906 で、無理が出来ないのだがあれこれあって、翌日の火曜日は午後から神戸へ。帰りにルミナリエをちらっと見てこようと思ったら、前日で終了とのこと。ま、そういうこともあるさ。

Img_9944

本日は、学級担任論。今年の受講生は例年以上に聞くことのスキルが育っているので、こちらも気持ちよく話してしまい、丁寧に説明しているのでシラバスよりも進行が遅れ気味。ま、そういうこともあるだろう。

本日の学級担任論は、忘れ物指導について。忘れ物の指導は、「忘れ物をするな!」という「指導」だが、これでいいのか?これは指導ではなくて、命令、脅しではないか? 忘れ物をしたいと思ってする子どもはいないはず。では、どうやって少なくするのか。これがテーマ。

私がこの講義で学生たちに伝えたい根っこの部分は、「子どもは、忘れ物をしたくてしているわけではない」ということ。誰も、忘れ物なんてしたくない。にもかかわらず、多くの先生は「忘れ物をするな」という指導。そして忘れたら罰がある。

風邪を引きやすい子どもに、「風邪を引くな」という「指導」をして風邪を引きにくい子どもになるか? そもそもそんな指導をするか? しかし、忘れ物をする子どもに、「忘れ物をするな」という指導を受けた学生が今日の授業でも殆どであった。

忘れ物をし続けて困っている子ども。この子どもに、指導をしたら、忘れ物がしたくても出来ない体になっていた。ま、そこまで言うのは極論だが、そういう方向の指導をするのが担任の仕事だと考えている。計算の出来ない子どもに「計算できれ!」と言う指導がおかしいのに、忘れ物にはこれをする。

忘れ物の定義。忘れ物の実態把握。忘れ物発生のプロセス確認。忘れ物防止のための「個に応じた」取り組み。学級の取り組み。これでどうだ? これならどうだ?とあれこれ学級で取り組むことは多い。そのプロセスが豊かな学級を作る。子どもを成長させる。そんなことを考えて学級担任論をしている。

来週は、遅刻の指導についてだ。

ああ、どんどん月日が流れていく。

体調も戻っていない。
今日は忘年会をキャンセルした。
早く帰って、娘に癒されようf(^^;。

« 2010年12月5日 - 2010年12月11日 | トップページ | 2010年12月19日 - 2010年12月25日 »