« 2010年2月14日 - 2010年2月20日 | トップページ | 2010年2月28日 - 2010年3月6日 »

2010/02/27

本日は、付属高校の卒業式です

本日は、付属高校の卒業式です。
卒業というとやっぱりこの詩ですね。

引用開始 ーーーーーーーーーー

校庭で  小野十三郎

わたしは 
未来という言葉が好きだ
よく考えると
あなたたちの一人一人に
それがどんな意味をもつのか
なかなかふくざつで
かんたんには使えないけど
あなたたちと別れる日が近づくと
なぜか、さからいがたく
未来という
そんな言葉が
心の中からとび出してくるのだ。
夢とか
倖せという言葉では
いいつくせないものが
その未来という言葉にあるからだろう。
いまうす陽がさす校庭には
だれもいない
わずかに光をあつめて
冬薔薇だけが
咲きのこっている。
いってみれば
未来とは
かすかに風にゆれる
この一輪の
白い花のようなものだ。
ゆく雲のかげさえそこにうつっていて
世界はかぎりなくしずかで
かぎりなく美しい。
しかしそこにあれば
この庭にみちあふれていた
あなたたちの
明るい笑い声が聞こえる。
わたしは
あなたたちのそばを
なんども通った
そんな日があったことを
忘れない。

引用終了 ーーーーーーーーーー

それぞれの学校で良い卒業式が行われますように。

2010/02/26

帰宅しました

今日までオフでした。
明日からまた、あれこれ始めます。
よろしくお願いいたします。

Sora

2010/02/21

新番組のお知らせ 「テストの花道」

新年度から関わる(というか、もうどっぷり関わっている)番組の紹介です。

引用開始 ーーーーーーーーーー

NEDの桑山です。(NED=NHKエデュケーショナル)

新番組「テストの花道」のパイロット版のお知らせです。
周りの方にも紹介して下さい。
よろしくお願いします。

「発想の扉を開く」
本放送:平成22年2月23日(火)19:25〜19:55 教育テレビ
再放送:平成22年2月27日(土)10:00〜10:30 教育テレビ
    平成22年3月13日(土)16:30〜17:00 教育テレビ
    平成22年3月19日(金)10:06〜10:36 総合テレビ
    平成22年3月28日(日)18:00〜18:30 教育テレビ

○内容
高校生を主なパートナーにすることを目指し、
誰もが嫌なテストを克服し、しかも大学受験を乗り切るための基礎体力となる
考える力“思考力”を身につけるための様々なノウハウを紹介する番組です。
舞台は、放課後のクラブ活動「勉強クラブ」略して「ベンブ」。
そこに集まるのは、やる気はあるけど、なかなか成果が上がらない、
勉強の仕方がわからないなどの悩みを抱えた現役高校生たち。
そんな彼らを顧問・所ジョージさんとリーダー・城島茂さんが応援!
高校生たちの成長ぶりは、必見です。
今回は、“思考力”を働かせるための「発想の扉を開く」カギを伝えます。

○新番組「テストの花道」第1回放送
本放送:平成22年3月29日(月)18:55〜19:25 教育テレビ
再放送:平成22年4月 3日(土) 9:25〜 9:55 教育テレビ

○感想やご意見をお聞かせ下さい。
NHKのホームページ
http://www.nhk.or.jp/css/goiken/index.html にアクセスし、
「メールでのご意見・お問い合わせ」の「メールフォームはこちらへ」から書き込んで下さい。
頂いた感想やご意見は、番組の作りにどんどん活かしていきたいと思っています。
よろしくお願いします。

引用終了 ーーーーーーーーーー

ということです。
よろしくお願いいたします。

司会は、21年ぶりのNHK司会者になる、所ジョージさんです。
http://www.daily.co.jp/gossip/article/2010/02/09/0002699131.shtml

アンプラグドの生活になります

2/21-4

午前中は娘と遊んで、年賀状を書いてf(^^;、過ごす。
年賀状はやっと半分ぐらい書き終えた。

自分で書きながら、律儀なのかいい加減なのか分からないやつだなあと思っている。たぶん、どちらもであり、やや後者の占める割合が多いのであろう。

夕方から研究室に。
事務手続やら、文章やらを研究室でなければできないものがあったので、出かける。こう言うとき、自宅と職場が近いのは非常に助かる。

ま、なんとかなるという甘えた心を引き起こすことにもなるのだが。

明日からしばらく、私はほぼ、アンプラグドの生活になります。緊急の用事の方は、私の携帯電話へどうぞ。

次の接続は、2/26になると思います。
よろしくお願いいたします。

ネット句会

2/21-3

いま、ネット句会をしている。
句会は、面白い。

ただ、なんとなく敷居が高い感じがするし、古くさい感じもする。しかし、そんなことはない。やってみれば、小学生から大学生まで、いや国語の先生も、みんな楽しめる。

http://blog.goo.ne.jp/sak_kura/e/0e26226a427ec23b640bda7e644f341a?st=0#comment-form

大学院に通っていたときに同期だった坂本先生のブログから、ひょんなことで、
『じゃやりませんか?』
と始めた句会である。

今年は、句会をあちこちで楽しみたいなあ。

長浜盆梅展

2/21-2

で、昨日は思い立って滋賀県の長浜まで向かう。

長浜は、いまはだからなんなの?というぐらいのイメージしか無いが、信長の時代から明治にかけてはそうとう栄えた街である。

日本で鉄道が最初に出来たのは、新橋からのものという記憶はある方が多いが、実は同時期に出来た場所は、北海道の札幌から手宮、新橋から横浜、神戸から大津、仙台の大橋から釜石と四つあったのであった。

長浜は、福井県の敦賀と鉄道で結ばれ、日本海の物資を京都に運ぶ拠点となっていたのでした。そうなんです。敦賀から長浜まで鉄路で運び、琵琶湖の水路で運び、大津からまた鉄路となるわけです。

なんか凄いことをやっていたんだなあと、感心。
地元を知るって良いなあと。これは、長浜鉄道スクエアで得た知識。

で、目的は長浜盆梅展を見るためでした。
長浜鉄道スクエアの道向の、慶雲館というところで開催です。

http://www.nagahamashi.org/bonbai/

いま、仲間たちとネットで句会をやっていまして、季語が「梅」です。それもあって見に行こうと思い立ったわけです。

まあ、凄かったですね。
400年前の梅が、盆栽になっていて、それでいて満開なのですから。

Furou

400年前と言えば、江戸幕府が出来たばかりの頃ですよ。そのころに生を受けた梅が、まだ満開の花を咲かせるわけです。すごい。

東京にいたら、見ないでしょうね。
わざわざ、ここまで来ることはないでしょうが、大津にいれば新快速でも1時間。高速道路を使って90キロぐらいで来れますから、そりゃあ行きます。

本当は黒壁スクエアやあれこれ回りたかったのですが、時間切れ。夏には一泊か二泊してゆっくりと回ってみたいなあと思える街でした。

三条から宝ケ池まで

2/21

明日は、平成22年2月22日である。
だからなんだということもないが、そうである。

おとといは、思い立って京都市内を歩いた。運動不足を解消するために、歩いた。三条から宝ケ池までである。

Walk

いやあ、疲れた。こんなに歩いていないかと思うほどであった。距離にして6キロちょっとだが、足の甲の親指の付け根が痛くなった。もう少し歩かなければなあと思う。

私の父方の祖父は、60歳を過ぎてから1日に30キロ近くを、便利屋の仕事をしながら歩いていたとのことである。昔のことなので、駅まで荷物を持って行かなければ荷物は送られない。集落の荷物を集めて、駅までリヤカーに乗せて歩いて届ける仕事をしていたとのことである。

いきなりは無理だが、そういう体を目指さなければと思う。祖父は90歳まで長生きした。

エネルギーを放出して、これでまあ少しダイエットになったはずなのだが、補充したくなるのが常。

で、帰りは公共交通機関を使ってしないに戻る。で、気になっていた店に行く。お魚が美味しかったなあ。
飲んでいると、突然店の人全員に小さなワイングラスが配られる。何だろうと思っていたら、女将が
「すみません、少し時間を下さい」
と言って、恐らく常連さんであろう
「この人、元気ないんです。明日から入院なんです」
と言って、
「元気づけてやって下さい」
と。みんなで乾杯をして元気づけたのであった。

いいねえ。昭和の良いところが残っている店だなあ。
美味しいお魚は奇麗に食べ尽くした。
すると
「いやあ、ここまで奇麗に食べて下さる方は、久しぶりやわ。嬉しいなあ」
と言われた。
『美味しいものだし、命だし、食べ尽くしました(^^)』
と答えたら、
「嬉しいわあ」
とのこと。また行きたくなってしまいました。

写真は、宝ケ池の夕暮れ。
なかなか奇麗でした。

Takaragap

プレゼンの演習。

http://portal.nifty.com/2010/02/21/b/

プレゼンの演習。
面白すぎる。
中学校の教師の時だったら、すぐに授業にするだろうなあ。

ディベートの授業のあと、アフターディベートでやってもいいだろうなあ。

【2年1組は、自由席にすべきである。是か非か】
【東京都教育委員会は、高校を義務教育にすべきである。是か非か】
【日本は、教職課程を六年制度にすべきである。是か非か】

これで、アフターディベートとしてやってもいいなあ。

« 2010年2月14日 - 2010年2月20日 | トップページ | 2010年2月28日 - 2010年3月6日 »