« 2010年2月21日 - 2010年2月27日 | トップページ | 2010年3月7日 - 2010年3月13日 »

2010/03/05

次元が高まったギブ&テイク

3/5

午前中は、年度末に出る予定の三巻本の第三巻の初稿のチェック。
なになに、締め切りは? げげ。
うーん、もう一つの原稿と重なっているぞ。
これは、日曜日はないな。
ま、いつものことだが、ないな。

昼過ぎから大学へ。事務処理すべきことをあれこれ行う。しかし、事務処理というのは、やってもやっても終わらないなあ。

そんなところに、2011年の2月の講座依頼が入ったりする。うーん、ここまではまだ公務が確定していないので、お答えできない。凄い先きのようにも感じるが、ま、スケジュールを立てる側からするとそうでもないんだろうなあ。

一方で11月に研修会を行ったところから、冊子にまとめるのでコメントの確認をしてほしいと言うメールが飛び込む。これも、まあ、現場が忙しいのは分かるが、そういうことを考えているのであれば、一週間とは言いませんが、一ヶ月以内ぐらいにはまとめたものを頂かないと、きちんと対応できませんけどねえ、と思いながらハンドアウトを見ながら確認し、返信する。

で、広島から出版社の方が来研。二時間弱、ご相談に乗る。言語力育成に関してあれこれ持論をお話しする。ま、使えるかどうかは分からないのですが、思ったことは話す。

私は
『私が話したことが採用されていないじゃないか!! けしからん』
とは、あまり思わないタイプである。

なんというか、価値や役割は文脈で決まることが多いので、私が(これは絶対だな)と思うようなことであっても、相手にとって使い勝手が悪かったり、被っていたり、使いこなせるだけのマンパワーが無かったり、タイミングがあわなかったりすることで採用されないことは、珍しくないことだと考えている。(このあたり、非常に人事に似ているなあとも思っている)

そう思っている私だからなのか、相談にいらっしゃる方も多い。このままだと本務に支障を来すなあという思いはあるが、ま、できるだけなんとかしようとは思っている。

私は、大事だと思うこと、大切だと思うことを丁寧に話す。それがどのように活用されるかは、別の問題だと考えている。私は話しながらあれこれアイディアを別に生み出すことの機会を貰っているし、さらにこれが別のところで花開くことも珍しいことだとは思っていない。

今やっているテレビの仕事だって、私が個人的に10年前に取り組んでいたことが大いに関わっている。10年前に勝手に仕込んだ花の種が、いま花を咲かせようとしている感じだ。どんどん相談に答えることで、答えは勝手に大海を回遊し始め、やがて成長して遡上してくることを私は経験的に理解している。

ギブ&テイクではなく、ギブ&ギブというのが大事だと言う言い方がある。その通りである。ただし、ギブ&ギブというのは、結果的にギブ&テイクになっているのだと私は感じている。仲間にも喜びを与えつつ、自分にも大きな喜びの返ってくる、次元が高まったギブ&テイクになると感じている。

さ、明日は、新設される付属中学校での保護者会で、「子どもの思春期を過ごすために、保護者のありかた、中学生のこと」という演題でお話しすることになっている。

その後、さらにあれこれ。
ここを乗り越えれば、あとは原稿だけだ。

よし。

2010/03/04

本日は桃の節句

3/3

久しぶりに起きられない。疲れがたまっているのがわかる。しかし、来週の月曜日まであれこれあるので、ここは一つ倒れないように仕事を進めるしかない。

本日は桃の節句である。娘を授かってからずっと、この日は下鴨神社に行っている。今日も行く。下鴨神社の流し雛である。

午前中からあれこれ行事があるのだが、そこはものすごく込んでいるので、お昼前ぎりぎりに向かう。このあたりの時間はそんなに込んでいない。さらに、流されたひな人形が水面に多く浮かんでいるので風情もある。

到着後、流し雛を手に入れる。あられがついて500円。ひなあられは関東ではお米のポン菓子に色をつけて甘くしてあるものが、主流だが、関西では本当のあられ菓子。私はこちらの方が好きだなあ。

写真をばしばし撮って、たっくさんお願いをして、無事流し雛は終了。

私はそのまま大学へ。
大学では、翌日のGPの会議のための打ち合わせ。1時間ほどやってから、さらにその準備のために研究室にこもる。籠っているのだが、私の研究室は大学の中で結構目立つところにある。大学院の入試がある四回生が挨拶に来た。頑張れとエールを送り、私もさらに仕事。

ひな祭りのお祝いをせねばと思いながら、あれこれやって遅い帰宅になってしまった。
娘よすまん。
でも、ちらし寿司に蛤お吸い物で、歌を歌ってお祝いができて良かったなあ。

GPの外部評価委員会に出席

3/4

午前中は、少しゆっくりできたかな。
昨日時間がなくてできなかった、娘のひな祭りの写真を撮影する。着物を着せて、おひな様の前に座らせて、撮影会。

今年は新暦の三月三日の一ヶ月前からお人形を出して、旧暦の三月三日まで飾る予定である。何せ一人娘、たくさん祝ってあげよう(^^)。

午後からは、大学に出かけて行って会議。GPの外部評価委員会に出席である。

私たちが目指している文学部、そして四月から発足する人間発達学部はどういうものなのかを説明し、それがGPとどのように関係しており、今年度はどこまで来たのか、そして、来年度はどこを目指すのかということについて、あれこれ。

私はそのGPの中の「文学部メディアの構築」を主に担当している。本学の今まで築き上げてきたメディアの財産を活用しつつ、少し手を加えてより使いやすいようにするプランをあれこれ考えて、実行に移すのが仕事である。

まー、うちの奥さんに言わせれば、私がコンピュータをやっていること自体が驚きなのであるが、まさか大学でその部署の責任者になっているなんてのは、驚きを超えて
(大ジョブなの?)
と思ってしまうだろうねえ。

もちろん、コンピュータやネットの専門的なものを私が知っているということではない。プロトコルやプログラムなんてのは分からない。ただ、どうやったら使いやすくなるのかなどのインターフェースについては、ある程度考えることができる。このあたりでの仕事である。

会議を終えて、一安心。
GPを通して学生が成長する仕組みは、ほぼ出来上がった。
新年度から本格的に運用である。
楽しみ楽しみ。

さ、明日も研究室にお客さんがいらっしゃる。
こちらも頑張って知恵を出そう。

2010/03/03

一泊二日なのに、一週間分ぐらい

3/2

二日間の予定の会議が、一日で終わったので、私は髪の毛を切りに馴染みの店に行こうとした。

会議がいつ終わるか分からなかったので、予約はしていなかったのだ。昼ご飯を食べてから、電話をする。すると、今日は定休日でたまたま確定申告のことがあるので、店にきていて電話を取れたとのこと。

あちゃー。そうだ、今日は火曜日だ。
うーん。仕方が無いと思って電話を切る。ところが数分後に電話が。なんと税務署に相談して、時間をずらしてくれると言う。ありがたい。もう私の頭を10年以上お願いしている美容師さんなので、私はとってもありがたいのだ。

慌てて、京王線に飛び乗り、昼ご飯を食べていた新宿から、店のある八王子まで行く。

髪の毛の質や癖、頭の形まで熟知しているので、私は注文をほとんど付けることはない。今回だって
『いつもの感じで。土曜日に収録があるので、その日に落ち着くような感じでお願いします』
と言うぐらいである。

電車の中では、さらに急に依頼された仕事。暖房の効いた京王線は非常に心地よく、睡魔が襲ってくる。これと戦いながらMacに向かう。

髪の毛を切る前と、切った後で頭の回転が変わったのかどうかは分からないが、終わってから新宿に戻る時の電車の中で仕事完了。早速メールで送る予定が、どうも届かない。うーむ、すっきり仕事が終わらない。

東京土産は高野フルーツパーラーで、季節のチョコをあれこれと仕入れる。思ったよりも時間が掛かって、結局品川駅で新幹線ホームにたどり着いたが、発車の3分前。なーんだ、いつもと同じだ。

で、帰りの新幹線でぐっすりと眠れるかと言えば、これがダメ。送れなかったメールの内容を電話で口頭で伝え、あれこれやりとりをする。電話を切ったあとで、
(あれ、ここはこうした方がいいんじゃないか)
と気づき、再修正。

そんなことをしていたら、名古屋に到着。
ははは。

京都までは寝るぞ!と決めて、タイマーをセットして寝る。
10分ぐらいは寝られたかな。

体の疲れはあるものの、気持ちが高ぶっていて家に帰ってから寝る感じにならなかった。お酒は、控えて麦茶を飲んで、この一泊二日を振り返る。

一泊二日なのに、一週間分ぐらいの仕事をした感じだ。
今週は、ひな祭り、打ち合わせ、委員会、ご相談承り、講演会、収録、琵琶湖毎日マラソンの応援と続く。その合間に、原稿書きである。そして、今年度最後の入試が月曜日だ。

そこまで駆け抜けたら、一日寝ているか一日風呂に入っていることにしよう。



着替える体力も残っていなかったとさ

3/1

二月はあっという間に逃げ、三月である。
三月もあっという間に過ぎ去りそうな予感がしている。恐ろしい。

いくつかの原稿を仕上げ、9時32分発の新幹線に間に合うように京都駅に向かう。同行する者と京都駅で合流し、無事発車。番組づくりの会議に向かう。

前回の会議は12時間やっていた。それで四つの番組を作った。今回は8つを作る予定である。いつ終わるのか分からないなあという思いを抱きながら、乗る。

せめてもの慰めは、天気が晴れているので、富士山が楽しみであるということだ。

「せめて」なんて言葉を使うと、萩原朔太郎を思い出す。

引用開始 ーーーーーーーーーー

旅上

ふらんすへ行きたしと思へども
ふらんすはあまりに遠し
せめてはあたらしき背広をきて
きままなる旅にいでてみん。
汽車が山道をゆくとき
みづいろの窓によりかかりて
われひとりうれしきことをおもはむ
五月の朝のしののめ
うら若草のもえいづる心まかせに。

『純情小曲集』より

引用終了 ーーーーーーーーーー

ま、似ている気分でもあるか。

名古屋駅で、待ち合わせの人と会う。
正確に言うと、名古屋駅で乗り込んできた人と新幹線の中で落ち合う。何かと言えば、別の番組のディレクターさんとの新幹線の中での打ち合わせである。

番組の相談を受けていたのだが、急遽出演して下さいませんかということになり、出ることになった。で、打ち合わせをする時間がないということを話していたら、東京に向かう新幹線の中ではどうでしょうかということになったのだ。

新幹線は2時間。この時間は仕事の準備や休憩に結構重要な時間なのだが、うーむ仕方が無いということで行った。

渋谷に到着して、腹ごしらえ。いつも行っているラーメン屋で食す。ああ、学生時代も渋谷が根城の一つではあったが、こうやってまた渋谷の街と出会い直すとは思っていなかったなあ。

打ち合わせは午後1時から。前回は午前1時まで掛かったので、多少気合いを入れて行ったのだが、今回は午後10時には終わった。しかも、前回の倍の数の番組を作ることができた。10本である。

前回は、番組の方構成を慎重に確認しながらということもあったので、時間が掛かったが、今回は新たにとびきりのブレーンをお願いしたりして、ガシャガシャと会議が進んだのでありました。

予定していた8本を超えて、10本。それをその日のうちに作れたので、翌日の会議はキャンセル。うーん、気持ちが良い。

番組を作ると言う目的に向かって、違う価値観、知識、方法を持ったメンバーが集まってあれこれやる。違うということが最大に生かされることが、この会議ではとても重要。大人の会議は、こうでなくちゃあなあと思う。

会議後、仲間たちと打ち上げ。
心地よい夜を過ごし、ベッドの上で爆睡f(^^;。
着替える体力も残っていなかったとさ。

2010/02/28

二月も、あと二時間半

うーむ。ブログを書いている時間がない。
いつもなら、ブログを書いて文章を書く感覚を温めてから、あれこれするのだが、その時間がない。

先週はオフを取ったのでそのことも書きたいのだが、これも書く時間が無いなあ。

気がついたら7つの原稿を抱えていて、それ以外にもあれこれ。久しぶりに追い込まれているなあ。

取り敢えず、今日中に大学のGP関連の原稿を仕上げてしまわないと、まずい。明日、明後日は東京で打ち合わせだ。

二月も、あと二時間半。
頑張りましょう。

« 2010年2月21日 - 2010年2月27日 | トップページ | 2010年3月7日 - 2010年3月13日 »