« 「さて、私の草履はどこにいったかね?」 | トップページ | 雪の琵琶湖湖畔のオフであった »

2011/01/06

問いがあって、論証があって、答えがあるか

1/6

Imgp7192
(中央高速道路 双葉SAから望む)

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

本日から大学の授業が始まった。

この年末年始は、東京に帰っていた。二つの実家を巡り娘のいとこたちの成長を見、親の元気な姿を見、駅伝で母校がシード権を獲得するのを見、卒業生が成長しているのを見、恩師にご挨拶をし、富士山を見て終わった感じだ。

車での移動は一日がかり。往復で二日間、1000キロの道のりは、ま、それなりに大変である。が、こうして過ごせるのは幸せなことだと思うのであった。

東京には
(これ、絶対に読めないだろうなあ)
と思うぐらいの本を持って行った。その通りになった。

学生たちの卒論も持って行ったのだが、これもまったく読めなかった。たぶん、読めなかった本と卒論の重さを合計すると20キロぐらいにはなったんじゃないかなあf(^^;。

20キロ減らせば、燃費も良くなったのになあと思いながら、でも、持って行くのが大事だと言い聞かせていた。

Img_2011
(天使の階段のある琵琶湖の朝 1/6の撮影)

久し振りの学生諸君の顔色は、まあまあであった。
今日を含めてあと三回のゼミかと思うと、まだまだ指導してあげたいことがあることに気づくが、時間は過ぎて行く。

今日のゼミでは、学生たちに宿題にしていた「卒論の書き方」を回収し、卒論発表会のポスターセッションのポスターの書き方を指導し、私が添削した卒論を返却した。

来週のゼミで、デジタル卒論集を作る。そのために、誤字脱字の修正をこの一週間でさせる。だから、冬休み中に読み切らねばならなかったのだが、なんとか間に合った。

結論からすると、勉強した跡の見られる卒論、文章の書き方に気を配っている卒論が多くあり、良かったと思っている。採用試験が終わって9月から12月の間に集中して書いた卒論である。これを考えれば、まあまあかもしれない。しかし、読み手はそんなことはどうでもいい。

問いがあって、論証があって、答えがあるか。

これが論文である。
今少し、指導をすることが出来たのではないかと、私自身は反省する。

いや、彼らはまだ卒業していない。
まだ指導する機会はある。
反省しておしまいにはしないぞ。

とまれ、大きな山を越えたことは事実。
今週末は、少し体を休められそうだ。
娘と遊べるかな。

あ、年賀状もやっと読めますf(^^;。
卒論を読み終わるまでは、読まないと決めていたもので。
はい、お返事を書いて、それからあれこれ書きます。
年賀状は、旧暦で動いておりますので、よろしくお願いいたしますf(^^;。

« 「さて、私の草履はどこにいったかね?」 | トップページ | 雪の琵琶湖湖畔のオフであった »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「さて、私の草履はどこにいったかね?」 | トップページ | 雪の琵琶湖湖畔のオフであった »