« 帰宅してから4時間以内にあった出来事とは思いたくない | トップページ | 一日娘と過ごす。 »

2011/02/09

この母親が凄かった

2/9

3
(今朝はミルキーな琵琶湖でした)

半井さんのこともあって、今日のネット上は、お天気お姉さん関連の会話が多いように感じる。私もそうだがf(^^;。

お天気お姉さんの話として思い出すのが、田丸美寿々さんのエピソードだ。女子アナウンサーになったばかりの彼女は、天気予報のお姉さん、つまりお天気お姉さんである。

彼女は来る日も来る日もお天気を伝える仕事を続けた。そして、家で母親に愚痴を言ったのだ。

「私はこんな、お天気を伝える仕事をするために、アナウンサーになったんじゃない。政治とか経済を伝える仕事をしたい。一生こんな仕事だったらうんざりだ」

のようなことをである。
ま、確かに女性の職業としては、かなりなりにくい仕事であり、それなりの仕事ができることを期待して仕事に就いたのであれば、がっかりであったろう。

ところが、この母親が凄かった。

「あんた、何言っているの。天気予報を一生の仕事にしている人たちもいるんでしょ! 」

と一喝したと言うのだ。

この一言で田丸さんは目覚めたという。
(確かにそうだ。気象庁の人たちなどは、そこに一生を捧げている)
と。たかが天気予報と馬鹿にしながら仕事をしていた彼女は、そこから態度を変えた。天気の勉強をし始めた。書籍で、それから気象庁の専門家などに質問を重ねた。

すると、スタッフの対応も良くなり、天気についても面白くなり、天気のニュースも充実して来たというのだ。その後の彼女の活躍はご存知の通りである。

このエピソードから学べることは何だろうか。

簡単に言えば、「好きなことを仕事にするのではなく、就いた仕事を好きになる」ということであり、「仕事は自分でするのではなく、仲間とする」ということであり、「母親はありがたい」ということであろう(笑)。

さて、半井さんからは、何が学べるのであろうか(^^)。


« 帰宅してから4時間以内にあった出来事とは思いたくない | トップページ | 一日娘と過ごす。 »

コメント

田丸さんの天気予報の話を読んで別のアナウンサーの逸話を思い出しました。
たしかNHK時代の木村太郎さんのことだったと思いますが(記憶が確かでありません・・・)、天気予報担当はやはりアナウンサー界では閑職らしく、ふつうは嫌がるらしいです。しかし木村さん(だと思う)は、せっかく天気予報を担当したんだからと天気図の見方と書き方を覚え、自分でも予報できるレベルまで上達したとか。「仕事はどんなものでも楽しめる」というのが彼の主張だったと思います。
うーん、なんの本に書いてあったか思い出せない・・・。あやふやなコメントですみません。

そうですか、木村さんもでしたか。ということは、お天気キャスターは一種の登竜門でもあるのですね。天まで上れでしょうか(^^)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 帰宅してから4時間以内にあった出来事とは思いたくない | トップページ | 一日娘と過ごす。 »